日本経済を助けるためにも「一人勝ち戦略」をとってください【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。本日の斎藤一人さんの動画は「一人勝ち」についてのお話になります。一人勝ちといっても自分だけがうまくいけばいい!という話ではありません。とても興味深い内容となっておりますので、ぜひ参考にしてくてみてくださいね。

まず、ひとりさんがおっしゃっている一人勝ちとは、何か新しいことを始める時や現状を好転させたいと思った時に、最初は「自力」で取り組む必要があるということ。それで、自力ありきで「他力」が伴ってくるということなんです。

例えば、今住んでいるこの街を活性化させたいと思ったら、みんなで集まって何とかしましょう!と考えがちですが、まずは自力で自分自身に何ができるか。最初の最初は、自分のことだけを考えていいんです。

だから極端な話、ホテル経営をしている方であれば、他のホテルが全部潰れたとしても自分のとこだけは流行っていて、お客さんがバンバン来ているような状況を作ること!!

実はそれによって、自分が助かるだけでなく関連業者みんなが助かることになるんです。そのホテルが納めている魚屋から八百屋から何から何まで、たった1軒のホテルが人気になるだけでみんなが元気になっちゃうんです。

しかも、ホテル1軒が繁盛すれば「あのホテルは何でうまくいってるんだろう」って、他のホテルも真似するようになります。これがまさに斎藤一人さん流の『一人勝ち理論』なんです。

一人勝ちする人間がたった一人、または、たった一軒でも出てくれば、その周辺全体が助かる。これって当たり前のようで、なかなかできていないケースが多いのではないでしょうか。

特に日本人の気質としては、最初から「みんなで協力し合って頑張っていきましょう」という形で、意見調整を重ねながらバランスをとるのが正解だと考えがちですよね。Aさんの意見、Bさんの意見、 Çさんの意見をうまくまとめて調和を図る傾向にあります。

しかし、うちにはこんな事情があるんです!うちはこうでなきゃダメだよ!といった意見を調整しているうちに、せっかくのチャンスが逃げてしまうかもしれない。

だから、まずは「俺はこのやり方でやるんだ!!」と一人で立ち上がる人間が必要なんです。

ちなみにこの考え方は、斎藤一人さん独自の戦略というわけではありません。一人さんが時代の流れを読み解く中で、あくまで「今のこの時代に沿った思考」をお伝えしているものです。もちろん、賛否両論いろんな考え方はあると思います。

ただ、一つ言えることは、必ず商売で成功している人は初めから「他力」に頼ることはしないということ。例え、居酒屋にお客さんが一日3人しか来ないとしても、まずは自力で「その3人を喜ばせること」に全力を注がなければならないのです。

確かに新規顧客の開拓も必要ですよ。ただ、一人勝ち理論としては、その3人のお客さんを全力を喜ばせることで、今度は友達を連れてくるかもしれないし、ネットで口コミ評判が広まって人が集まってくるかもしれません。

それを目の前にお客さんがいるのに、「このままで大丈夫かな」「今のままだとヤバいよ」と、いろんな人に協力を仰いでいると、その3人さえ来なくなってしまいますよね。だから、お金をかける戦略をとる前に、1銭もかからないでできることをやるんです。

これは商売に限らず、いろんなところに応用が利くのでぜひ試しに実践してみてくださいね。

斎藤一人さんには、10人のお弟子さんがいるのですが、一人さんは、いつもその10人のお弟子さんが幸せになることを考えているんだそうです。これがもし、新規のお弟子さんを獲得することに目がいっていたら、今目の前のお弟子さんがあっという間に離れてしまっていたかもしれません。

だから、サラリーマンが副業をやる時でも、転売やネットショップなどで1件数百円の利益が出たとしたら、もっともっと利益を増やしたい!という気持ちになるものですが、商品を買ってくれたたった一人のお客さんを大事にすることも忘れてはいけないんです。

今目の前のお客さんに喜んでもらうことができれば、新規のお客さんを集客した時も喜ばせることが可能です。

一人さんが創業した銀座まるかんでは、商品を売るための説明だけでなく、お客さんの手相を見たり相談に乗ったりと、ありとあらゆる方法でお客さんが喜ぶことに焦点を当てています。

そうやってタダでできることを一生懸命やっていると、お客さんが喜んでくれれば必ず回りまわって売り上げが上がるようになってくるんです。

もちろん、どのお店でも同じことは考えていると思いますが、その一つ一つのサービスは、売り上げのためですか?お客さんのためですか?

第一にお客さんのことを考え、売り上げは後からついてくるものという見方をしているでしょうか。売り上げのための笑顔と、お客さんのための笑顔では、相手に伝わる印象が全く違うものになってきます。

また、「どうやったら儲かるんだろう」ってことばかりをじーっと考え込んでると、仕事が楽しくなくなってくるので、その暗くて重い波動がお客さんを遠ざけてしまうことになります。

だから、1円でも安ければ儲けが増える!と考えは正しいかもしれない。でも、例えばスーパーの実演販売でお客さんを喜ばせることは、自分も社員もお客さんも「楽しい」と感じるかもしれない。そういった発想が大事になってきます。

今回のお話で出てきた一人勝ち戦略は、自己中のワンマン経営のことではありませんよ。みんなで生き残りましょう♪ではみんなが潰れてしまう。「まずは自力で一人勝ちしよう!」。そうすれば自分だけでなくみんなも助かるから!!という深い内容になっています。

これからは、儲けようと思えば儲けが逃げていく時代です。斎藤一人さんのこの言葉、ぜひ参考にしてみてくださいね。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。感謝してます^^

<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。