斎藤一人|老後の不安は「安心の波動」で解消できる。

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日は「老後の備えを万全にする安心の波動」についてお話したいと思います

斎藤一人さんの教えの中に、頭のいい人には奇跡は起きないんだよ♪という教えがあります。

これはどういう意味かというと、神様が味方したくなる人は「賢さ」よりも「思い」を大切にしている人なんですね。

例えば、道を歩いている時に、雑草がアスファルトを突き破って芽を出していることってありますよね。これって普通に考えたら不可能だと思いませんか?

雑草は自分が持っている無限小の力で、焦らずにジワーッと無限大の時間をかけて、アスファルトがめくれ上がるまで圧をかけ続けてきたんです。

ではその時に、雑草は「あと何気圧でアスファルトから芽を出すだろう」といった計算をしていたでしょうか?

頭のいい人は、頭で計算してやる前から無理だとあきらめる傾向にあります。しかし、雑草はそんなことは知らないんです。教わったこともないんです。

でも、だからこそ、その一点集中の思いが奇跡のような現象につながってくるのです。

私も過去に、一生懸命頭で考えて細かい計算のもと将来設計をしていた時期がありました。それは最短最速で夢を叶えるためです。

しかし、なぜか頭で考えて悩んだ上で導き出した道をたどってもゴールにはたどり着かない。理論上はうまくいくはずなのに・・・といつもそう感じてもがいていました。

今だったらその答えがはっきりとわかります。頭の良し悪しではなく、一番大切なことは「選択と集中」だったんです。

雑草がアスファルトを突き破るように、例え弱くて小さな力であろうとも一点に絞り込むことで無限大の結果を生み出すことができる。

このことに気づいてからは、今自分がどんな「思い」を持っているのか、その感覚や直感を大切にするようになりました

もちろん、知識や知恵が一切必要ないと言っているわけではありませんよ。本やyoutubeでたくさん勉強してインプットすることも大事なことではあります。

ただ、最後の最後は選択と集中で一点に絞り込むことで、本当に叶えたい理想を現実にたぐり寄せることができるのです。

ああでもないこうでもないとよそ見ばかりしていたら、中途半端な行動しかできませんし、手を抜くことが当たり前のような状態になってしまいますからね。

老後の備えにおいても、頭で考えると健康面・金銭面・仕事面など、ありとあらゆる不安が襲ってくるものです

理論的に「現実的に将来はこうなるだろう」と、すでに未来の結果が決まっているかのような視点で、悲観視してしまう方も多いのかもしれません。

しかし、そんな時こそ思い出して頂きたいのが、斎藤一人さんの教え「雑草がアスファルトを突き破る」という奇跡の現象です。

雑草は将来のことで悩んだり、あと何気圧が必要という計算をしていたり、不信感から疑念を抱いたり、そんなことはしていませんよね?

これは引き寄せの法則という観点から見ても、全く同じことが言えます。

老後が不安で、今のままじゃ貯金が足りない、今のままじゃ健康が維持できない、今のままじゃ仕事ができなくなると思っていると、なぜかその不安通りの現実が引き寄せられることになるのです。

雑草の事例においても引き寄せの法則においても、大事なことは「今」というこの時間をどんな「思い」で過ごすのか、そこが全てなんです。

だってそうですよね。5年後のため10年後のためといっても、5年後にも「今」を迎えるわけですし、10年後にも「今」を迎えるわけですから。

未来の不安を解消するための努力をしている人が引き寄せることは、5年後10年後も「さらなる未来の不安を解消するための努力」でしかありません。

このことに気づくのは1分1秒でも早い方がいいと思います。今この瞬間から、未来のためではなく今のために生きること

今を幸せに生きることで、未来の自分も幸せに生きることができます。この宇宙の仕組みをちゃんと理解しておくようにしましょう。

斎藤一人さんは震災や伝染病などが起きても、常に「安心しな、安心しな」とみんなに声をかけて、安心の波動を出すことを推奨してきました

その理由は、今を地獄にしてしまったら、未来にもまた地獄を引き寄せることを知っていたからです。それを一人でも多くの方に伝えて助けたかったのです。

あなたは今日一日、自分自身の「思い」を大切にできていますか?未来のために今を犠牲にしていませんか?

神様は犠牲を嫌います。無理なく我慢なく、今の自分をたくさん愛してあげてくださいね。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

感謝してます。

<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です