大きな夢を叶えるコツは日々の小さな実現にある【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだ「大きな夢を叶えるコツは日々の小さな実現にある」というお話をしたいと思います。

ひとりさんの教えに、『夢は小さく、努力は大きく』という言葉があるように、大きな夢を叶えるためには、小さな夢、そして小さな行動に目を向けることが大切になってきます。

これは、当たり前のことのようにも感じますが、ほとんどの人は、小さな成功体験よりも、「現状の苦労」をどうやってクリアしようかと、そっちの意識にとらわれがち。

また、夢を描いて努力を始めると、当然、自分の思うようにいかないことも出てくるので、その都度、新たな課題が浮き彫りになってきます。

そこで、すぐに次の行動に移れる人は、また次の失敗を経験するにしろ、一歩つずつ成功に近づくことができるんですね

しかし、行動する度に落ち込み、悩み、挫折し、動揺してしまうなど、その都度、立ち止まってしまう人の場合、なかなか、「自分が理想とする状態」に近づくことができません。

もちろん、誰だって行動すれば失敗はしますが、その失敗に対する解釈次第で、夢が叶うか叶わないかの明暗が分かれる!といっても過言ではないんですね。

つまり、失敗した時に、自分を支えてくれる重要な要素は、結局のところ「自分自身の考え方」にあるということ。
.
.
例えば、下記3つの事例のように、『失敗に対する解釈(考え方)』を工夫すると、次の行動をとりやすくなるので、ぜひ、実践してみてください。

例1、このやり方ではうまくいかないことがわかった。だから、今日は一歩前進。次はこのやり方を試してみよう。

例2、どれだけ頑張っても解決できなかった。でも、自分の弱点に気付けてよかった。この分野はあの人に任せよう。

例3、焦りやイライラを感じるようになった。今は結果を追うよりも「習慣」や「環境」を見直そう。気付けてよかった。

このように、自分自身と対話(内観)する時間を作ると、今の自分に必要な『小さな気付き』が出てくるので、その一つ一つの解釈を大切にしてみてください。

一番大事なポイントとしては、物事がうまくいく時は「いい気分」になり、物事がうまくいかない時は「悪い気分」になる!というシンプルな考え方。

つまり、本当に夢が叶うルートを歩んでいるのであれば、失敗を繰り返しながらも、心がワクワクしていて楽しいと感じるものです

逆に、次から次へとトラブルが起きたり、努力するたびに体調を崩してしまうような時は、「何か自分の考え方に間違いがある可能性」があるので、一度、自分自身の本心・本音と向き合う時間を作るようにしましょう。
.
.
「神様」も「因果」も「運の良し悪し」も、人間の目には見えません。

でも、目には見えないからといって、存在していないわけではないんですね

仕事でもスポーツでも、何でもそうですが、「いい流れ」「いい雰囲気」「いい気分」など、そういった無形の感覚って、実はものすごく大切なものなんです。

斎藤一人さんも、銀座まるかんの商品開発をする際は、最高の気分でワクワクしている時に、『一瞬のひらめきによって生み出される♪』とおっしゃっていましたが、これはどの分野にも応用することが可能

例えば、悩み苦しみながら開発した商品には、その悩みや苦しみが、商品の中に「波動」という無形のエネルギーが入ってしまうので、なぜか、他社と同じようなものでもなかなか売れません。

そして、結果が出ないと、「どこが悪かったんだろう・・」と、ノウハウやテクニックに目を向け、改善策を打ち出すわけですが、それでも思うような結果が出ない

こういった状態に陥りやすい人は、目に見える形だけが全てである!という固定概念を持っているケースが多いです。

要は、「人に喜んでもらいたい」「世の中の役に立ちたい」といった、無形の存在を軽視してしまうと、現実に右往左往し、目先の理論に振り回されることになるんですね

なので、今、自分が本当に実現したい「夢」や「目標」を持っているのであれば、そこに向かう過程で、自分自身がしっくりきているのか、それともモヤモヤしているのか、その感覚を大切にするようにしましょう。

もちろん、現実期には「行動」と「失敗」を繰り返しながら成功に近づくというのが、理論的には正しい答えですし、世間一般的には正論だと思います。

ただ、不快な気分を我慢した努力をするくらいなら、『いい気分』で心を落ち着かせる時間を増やした方が、「その波動でいい現象を引き寄せやすくなる!」というのが宇宙の原理なので、ぜひ、その辺を心がけてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*