斎藤一人さんならコロナの問題をどう解釈するのか。

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、「斎藤一人さんならコロナの問題をどう解釈するのか」というテーマでお話したいと思います。

よくある質問の中に、今回のコロナの問題に対して、斎藤一人さんはどうおっしゃっているんですか?というものがあります。

お弟子さんによると、「後からわかるよ♪」といったことはおっしゃっているようですが、おそらく、ひとりさんとしては、「これまで教えてきた話に全て答えはある」という気持ちだと思います。

というのも、この人生で起こる一つ一つの物事に対して、「これはどうなの?あれはどうなの?」と、右往左往する必要はないんですね。

結局は、これまで教わってきた「天国言葉・顔につや・上機嫌・優しさ」など、そういった学びを基盤として、『何があっても幸せになる覚悟を持つぞ!』と、最後はこの考え方に辿り着くことになります。

だから、「お店の売り上げが厳しいです!月末の家賃が支払えません!不安です。。」といった声があるのは、当然かとは思いますが、どの問題も基本的な考え方は同じです

結果ばかりを気にして落ち込んでも「波動」が下がるだけなので、こんな状況下でも、幸せに生きる方法を見つけるとか、お客さんに喜んでもらえることは何か・・と考えて、心の針を上に向けることが大事。
.
.
また、起きた出来事に対して、どう解釈するかは個人の自由ですから、今回のコロナの問題を前向きな解釈でプラスにとらえることもできます。

例えば、下記5つのように「自分なりに得になったこと」に目を向けてみてください。

1、コロナのおかげで、今の仕事の「弱点」や「改善点」が明確になってよかった。今から一つ一つ改良していこう。

2、たっぷり時間ができたおかげで、「近辺整理」ができて今後の計画もバッチリだ。ツイてる!

3、政府の在り方や現状を知るきっかけになった。もっと「政治」に興味を持って投票にも行こう。

4、今まで無関心だったら「健康面」に目を向けるいいきっかけになった。手洗い・うがいの習慣が身に付いた。

5、国や会社に頼れる時代ではなくなったので、今後は「個人の魅力」を磨いて人の役に立つことをしよう。
.
.
このように、愛と光で明るく前向きになれるような解釈ができるかどうかです。

確かに、今後のことで不安感が強かったり、お金の悩みがつきなかったり、なかなか心に余裕が持てない気持ちもわかりますが、「それでも何とかなる!」というのが一人さん流の教え。

なぜなら、人間一人一人がどんな人生を送るか、その定め(シナリオ)は、生まれる前にすでに自分で決めているからです

よく、『神様は乗り越えられない問題を出さない』と言いますが、これは何の根拠も無しにいわれているわけではなく、予め、現世で学ぶことが決まっているのでジタバタしても仕方がない!ということなんですね。

もちろん、人間の観点では、たまたま読んだ本を参考にして行動しただけ・・。偶然あの人と連絡をとったらこんなことを言われて・・と思うわけですが、それらも全て「定め」です
.
.
他にも、神様の時間調整といって、例えば、「今日に限っていつもの電車に乗り遅れそうだ!」というケースでは、そのおかげで事故に遭わずに済んだ!という神はからいの可能性があります。

だから、焦ったり慌てたりする時に失敗やトラブルが起きるのは、ズレるはずの時間がぴったりと合ってしまうため

落ち着いて考え、落ち着いて行動すれば、遅刻しそうな時は会社に電話をして「すいません、今日は少し遅れます」と、連絡を入れれば済む話です。

もちろん、神様を信じる信じないは自由なので、信じたい人だけがそういう考え方を取り入れてみてください。

「人間の力だけが全て!」と考えるよりも、神様がいるとしたらどんな意味があるんだろうか!と、そういう俯瞰(ふかん)的な見方ができるだけで、全く違う人生観を持つことができます

仮に、神様を信じていない人であっても、人間には、大正→昭和→平成と、戦争や災害を乗り越えて進歩を遂げてきた歴史があるわけですから、ひとりさんがおっしゃるように「令和時代」も長期でみればいい時代になることは間違いないでしょう。

斎藤一人さんが写真と顔出しを拒む理由から学んだこと

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、「斎藤一人さんが写真と顔出しを拒む理由から学んだこと」をお話したいと思います。

ご存知かとは思いますが、ひとりさんはファンの方と写真を撮ったり、世間に顔を出したりしないようにしています。

その理由は、根本的な部分でいうと、「正しい」よりも「楽しい」を選択しているからです

世間から見た正しさとは、例えば、斎藤一人さんのような多大な影響力を持つ方が、表に立って世の中を引っ張っていくべき!という考え方なのかもしれません。

ところが、ひとりさんにとっては、顔が知れ渡ることで、いろんな人から握手を求められるようになる状況が「楽しくない」んですね。

人間が幸せな人生を送る上で大切なことは、世間一般の人が頭で考える「正しさ」ではなく、自分の心から湧き上がる「楽しさ」を優先的に選ぶことです

私はこのことを知った時、「なるほどね・・・」と、素直に納得することができました。

おそらく、ほとんどの著名人は、「有名人になること」「人に追いかけられること」をセットで考えなければならない!と考えてしまうのだと思います。

ただ、それによって、マスコミに根も葉もない記事を書かれたり、SNSなどでプライベートを晒され非難されたり、そういった様々なリスクを抱えていますよね。

もちろん、それだけの覚悟を持って顔を出しているんでしょ?という人もいるんでしょうが、時に行き詰ってしまうこともあるでしょう。
.
.
斎藤一人さんの場合、事業家として成功し、納税日本一の実績を持ちながらも、テレビや雑誌などで、自ら大々的に名前を売るようなことはしていません

それどころか、威張ることも自慢することもなく、淡々とこれまで通り、「明るく生きて人に親切にする生き方」を貫いてきたんですね。

それでいて、とにかく魅力溢れる方ですから、「本の出版」や「講演会」などで、たくさんのファンの方に愛されていますし、常に、自身の知識や経験を一切出し惜しむことなく、みんなに教えてくれています。

私自身も、ひとりさんやお弟子さんが、数多くのテープを残してくれたおかげで、ひとりさんのお話と巡り会うことができ、今の自分があると思っています。

ひとりさんと出会う前までは、「どうやったら成功できるのか」「どうすれば幸せになれるのか」、そして、何で自分の人生は、こんなに苦しいことばかりなのか、何一つわかりませんでした

ひたすら、気合いとハングリー精神と、強い劣等感のみで、死んだ魚のような目をしながらずっと生きてきたので、毎日、ひとりさんのお話を聞くのが本当に楽しくて、心を揺さぶられながら何度も涙を流していました。

今でもよく音声を聞いていますが、過去に聞いたことのある話でも、思わず泣きそうになることがあります。というか、よく泣いています(笑)
.
.
魅力的な人って、何が一番魅力的かって、やっぱり『考え方』ですよね。本当にすごいです。

以前、いろんな成功者の方のお話を聞いて回ったことがありましたが、億を稼いでいるという人でさえ、9割は不安を煽った上で、「自分をよく見せて高額販売」や「確実に儲かる投資案件への誘導」といったものでした。

もちろん、それも商売の技術ですから、否定するつもりはありませんが、そのやり方で長期的に成功を続けている人は、ほとんどいません。

一方、斎藤一人さんのお話を聞いていると、声、雰囲気、話の中身はもちろんのこと、一番は「相手のためだけに愛を与えている」のが伝わってくるところが、本当に素晴らしいと感じます。

一般的な成功者も、入り口は同じようなことを語っていますが、愛が伝わってくるかというと、なかなか難しいですよね。

ちなみに、ひとりさんの『愛』には様々な形があるのですが、事例を一つ上げると、しばらく冗談っぽい明るい話題で盛り上げた後で、本当に伝えたいことをズバッ!と言うパターン

そして、その後にまた何か冗談を言って、皆の気持ちを軽くする・・といった、そういうメリハリをちゃんと作っています。

これは、ノウハウやテクニック論だけを学んでいる人には、決して真似することのできない技。

なぜなら、どれだけ話術があってトークが上手でも、人の心を傷つけたり、人の気を重くしてしまったりしては、大衆を幸せに導くことはできないからです

あとは、やっぱり「覚悟」が違いますよね。ひとりさんは事業家ですが、講演会をやるとなったら『プロとしての覚悟』を持って臨むので、その迫力もまた一つの魅力。

私自身、これからも斎藤一人さんを師匠としながら、一人でも多くの方に斎藤一人さんの教えを広めていけたらと思います。

新型コロナウイルスの件で一人さんの見解【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、『新型コロナウイルス』に関する斎藤一人さんの見解をお伝えしたいと思います。

このお話は、ひとりさんの「お弟子さん」や「特約店」の方の情報を参考にしたものです。どう解釈するかは個々の判断となります。

というのも、この世の中に絶対的な答えがあるわけではありません

なので、「ひとりさんは何とおっしゃっていますか?」と、聞き回りたくなる気持ちもわかりますが、これからは、ひとりさんから学んできたことの一つ一つを、大切に育んでいくことが大事ですからね。

まず、今回のコロナの件を一言でいうと、『今はわからなくても、後からわかる』とのこと。

この言葉の意味としては、神様は人間に天罰を与えているわけではなく、魂の時代において、「新たな時代」へ移行するために、起こるべくして起きている問題!ととらえることができます。

なぜ、私がそう解釈したのか。その理由は、ここ数年前から、ひとりさんの「一日一語」や宮本真由美さんの『斎藤一人 AI時代が来ても「絶対必要な人」になる方法』という本にも書かれていたように、ベーシックインカムの未来を示唆するような内容が記されているんですね。
.
.
ベーシックインカムとは、「国民が無条件に国や会社から一定のお金を分配してもらう」制度で、これによって働きたい人だけが働く環境になるというもの。

これによって、極論、昔の貴族のように遊んで暮らせる時代が到来し、個人の魅力に焦点が当たるようになる!!といわれているんですね。これが「魂の時代」。

だから、これまでのような、学歴の時代でもなければ、競争の時代でもない。さらに、性格が悪くても立場が強ければ勝てる!といったような時代でもない。21世紀は魂の時代なんです。

その魂の時代に移り変わるきっかけとなっているのが、今回のコロナ騒動なのでは?と、個人的にはそうとらえています。

なぜなら、斎藤一人さんのお話の中で「夜明け前が一番暗い」という言葉があるように、大きな転換期を迎える時期が、一番大変な時なんですね

実際に、過去の歴史を振り返るとわかるように、長期的に見ると、大正→昭和→平成と、「戦争」「災害」を経験しながらも、時代はよくなってきました。

だから、この令和時代も、みんなが想像している以上にすばらしい時代がやってくるはず。これは信じたい人だけが信じてみてください。
.
.
最後に、新型コロナウイルスについて、斎藤一人さんがおっしゃっているポイントを5つほどお伝えいたします。

1、「必要な恐れ」は持ち、必要のない恐れは持たないこと。

2、心の抗体を作るため、私たちはいろんな試練を乗り越えることで、「心」も「免疫力」もつき、強くなっていく。

3、これからは、魂の成長をする人としない人が二極化していく。

4、コロナを通じて、私たちは真剣に、自分の体、健康と向き合い、経済(お金)のことも学ぶべき時。

5、今、しっかり自分作りをして、天命を信じて人事を尽くしている人は、神に守られ、あなたのところに日が当たる。
.
.
今回のお話は、斎藤一人さんのお弟子さんや特約店の方のお話を参考にしたものです。

もしかしたら「何も参考にならなかった」と感じる人もいるかもしれませんが、あなたが幸せに生きるか不幸に生きるかは、あなた自身で選択することができます

あなたの現状は、今、とても苦しい状況にあるのかもしれません。

世の中がこんなに暗い状況で、どうやったら幸せになれるんだよ!!」と、叫びたい気持ちで、毎日を生き抜くことに精一杯かもしれない。

でも、今は、「こうなったら幸せになれるのに・・・」と、幸せに条件をつけるのではなく、『何があっても笑顔で幸せな人生にするぞ!』と、覚悟を決める時です。

例え、政治家や会社が、自分の思うように支援をしてくれないとしても、仮に生活が困窮してしまうとしても、この現状の中で打てる一手を見つけること。

私は、斎藤一人さんを師匠として生きているので、「今はわからなくても、後からわかる」という、ひとりさんの言葉を前向きに解釈しています

今日も一日、明るく、人に親切にしながら生きていきましょう。