『非常口』今すぐに嫌なことから逃げなさい【斎藤一人】

「嫌なことから逃げてはいけない」。おそらく、過去にこの言葉を親や先生から耳にした人がほとんどだと思います。

私もこの人生を生き抜くためには、多少なりとも無理や我慢を強いられるのが当たり前だと思って生きてきました。

しかし、納税日本一のとんでもない実績を持つあの斎藤一人さんは、「いかなる時も自分に我慢させちゃダメだよ」とおっしゃっているんです。

例えば、仕事に行きたくない時は、心が壊れてしまう前に、仮病を使ってでも休んでリフレッシュし、ブラック企業なら迷わず今すぐにやめてもいいとのこと。

また、なかなかその決断ができない理由は、就職した時に周りから「よかったね!!これからも頑張ってね!」と言われ、その言葉が逃げ道をふさぐ要因になっているからなんだそうです。
.
.
確かに、家族や身の回りの友人に期待されると、新しい環境で自分には合わないなと感じても、「みんなをガッカリさせたくないな・・」って、ついつい我慢をしてしまいますよね。

そうやって追いつめられるうちに、うつ病などの病気になったり、最悪、自殺や過労で命を落とす人もいるのに、それでも「逃げる」という選択肢が頭に浮かんでも決断することが難しい。

なので、斎藤一人さんの場合、周りのみんなが「いい会社に入れてよかったじゃん♪」「これでもう安泰だね♪」と声をかける中で、一人さんだけは、「嫌になったらいつでも辞めていんだよ」という言葉をかけるんだそうです。

この言葉だけを聞くと、これから新しいチャレンジをする人に何でそんな冷や水を浴びせること言うの?って思う方もいるかもしれませんが、このちょっとした『逃げ道を与える言葉』が大事なんです。

もちろん、最初からすぐに辞めるつもりで就職する人はいないと思います。でも、いざとなったら非常口があるって、頭の中にその選択肢があるだけで、少しでも肩の荷が下りた状態で毎日を過ごすことができますからね。
.
.
世間では、「逃げたら負け」「逃げたら人生おしまい」って考え方が、当たり前のように浸透していますが、本当は、逃げた先にも新しい人生があるから大丈夫。

例えば、娘が結婚するとなると、昔は、「二度と家の敷居をまたがない覚悟で嫁ぎなさい」って言われていましたが、逃げ道の非常口を理解している人なら、「嫌になったら帰っておいで^^」と、そういう優しい言葉をかけてあげられるものですよね。

このように、斎藤一人さんの『本当の愛=自由』という教えを忘れずに、どんな時でも心が壊れてしまう前に、「何事も気軽に始め、気軽にやめる、そして、また気軽に始める」。この考え方を大切にしていきましょう。

あなたに全ての良きことが雪崩のごとく起きます。

幸せ

斎藤一人さんはコロナの件を全く悲観視していない

斎藤一人さんはコロナについてどう思っているんだろ・・・。みんなと同じように、私も一人さんの見解がずっと気になっていました。

結論からお伝えすると、お弟子さんの宮本真由美さんもおっしゃっていましたが、一人さんは今回のコロナの件を全く悲観視していません。

それどころか、『明るい未来の作り方』という本を出版し、「人は何度も生まれ変わるし、どんな困難でも乗り越えられる。だから必ず未来は明るいよ!!」と、前向きな言葉を残しています。

私は改めて、こんな時だからこそ自分自身の意思で、幸せに気持ちを引っ張る必要があるんだなと強く感じました。
.
.
確かに、この世の中で起きる出来事を自分の思うように操作することはできませんが、その物事に対する「解釈」は自由自在に選択することができますよね。

例えば、コロナのおかげで、地球温暖化の元となっていたCO2など「温室効果ガスの排出量」が減って、自然環境が改善されるといったプラスの側面もあります。

また、在宅ワークの勤務形態に移行したことで、仕事の効率化が進んだと同時に、苦手な人間関係から一歩離れることができたり、今一度、自分の人生を省みる時間を作れた方も多いのではないでしょうか。

それに、なかなかこういった機会でもない限り、部屋の中にある不要なものを片付ける「断捨離」の作業もできなかったと思うので、そういった意味ではよかったのだと思います。
.
.
斎藤一人さんの教えは、社会で一般的に正しいと言われる「努力→苦労→結果」のプロセスとは異なり、「心→想い→豊かさ」といった目には見えない波動が軸にあります。

なので、自分に優しく他人にも優しくの精神で、『一寸先は光だよ!』と、いつも周りの人に愛のある言葉をかけることが大事になってきます。

そして、どんな時でも感謝の気持ちを忘れずに、「今日もご飯が食べれて幸せだなぁ♪」とか、「日本に生まれてよかった、ツイてる!!」と、そういった明るい言葉を使いながら笑顔で過ごすこと。

そんなあなたを神は応援してくれるはずです。だから、大丈夫。なんとかなる。絶対なんとかなる。

幸せ

完璧主義になるほど自分をゆるせなくなる【斎藤一人】

本日は、「完璧主義になるほど自分をゆるせなくなる」というお話をしたいと思います。

今、もしあなたが、天国言葉を毎日口にしているにも関わらず、なぜか心が苦しい・・と感じてしまう場合、たった一つだけ、このことを改善するだけで状況が好転するかもしれません。

それは、自分自身が『完璧主義者』になっている可能性があるということ。心当たりのある方は、そこに気づくだけで、心が緩んで気が軽くなるはずです。

では、なぜ完璧主義者になると、天国言葉を口にしていても不幸を感じてしまうのか。その根拠はどこにあるのか。その辺りをお伝えできたらと思います。

結論を先に言うと、幸せな人は今日一日に点数をつけるとするならば、50点くらいでもOK!許容します!と、自分に対して優しくし、不完璧な一日を許すことができるんですね。

例えば、会社の上司に嫌味を言われて不快な気持ちになったり、電車で知らない人に肩をぶつけられて腹が立つことがあっても、今日もご飯がおいしくて幸せ♪気になってた映画が観れて楽しかった♪と、よかったことに焦点を当てることができます。

一方、完璧主義の人は、いいことと悪いことが半々だった場合に、悪いことのみに焦点を当てて、愚痴や悪口を言ったりイライラしてしまったりします。

つまり、天国言葉の効果が発揮されるかどうかは、いかに幸せの許容範囲を広げ、いかに自分に都合のいい出来事のみに焦点を当てられるかにかかっているのです。
.
.
さらに、これが幸せの達人になると、嫌なことが90%でも、わずか10%の幸せをメインとしてとらえ、今日一日幸せだったな♪と、そう解釈することができるんですね。

それが、1割の不幸もゆるせない。絶対に100点を取らなきゃ嫌だ。そう思っていると、小さな幸せは見逃し、小さな不幸にはたくさん気がつくという状態になってしまいます。

きっとこれまでの人生では、優しく親切にしてくれた人や笑顔でたわいもない雑談をしてくれた人、真剣に話を聞いてくれた人もいたことでしょう。

ところが、そういった人達のことは忘れてしまい、恩返しや感謝の気持ちを持つどころか、自分はずーっと不幸な人間だと思い込んでしまうのです。

斎藤一人さんが、もっと自分を愛して、ご褒美をあげて、大切にするんだよ!とおっしゃっているのは、自分を否定すると、他人からも否定されるという現象が起きるからです。

ひとりさんはよく、体調の良し悪しが2割程度でも『絶好調!』と言っているんだとか

その理由は、絶好調!絶好調!絶好調!と口にしていると、自分の体調が2割程度の調子でも、脳が絶好調だと思って、本当に絶好調な状態に近づいていくんですね。

だから、あなたも苦しい時や辛い時こそ、言霊の力を存分に使って、絶好調、強気、元気、大丈夫、なんとかなる、大げさに考えない、ツイてる!こういった明るい言霊を使うようにしましょう。
.
.
おそらく、はじめて斎藤一人さんの天国言葉を知った人は、天国言葉を言っていれば自分にいいことだけが、次々と起きるようになるのでは?と、その効果に大きな期待を寄せることでしょう。

また、少なくとも天国言葉を言うことによって、奇跡的なうれしい出来事が起きる可能性は高くなるはず!と、そう思うのかもしれません。

もちろん、その考え方が間違っているわけではありませんし、最初はその明るい心で、本当に幸せな現象を引き寄せるケースもあると思います。

ただ、毎日の人生を生きていると、いいことと悪いことが縄のごとく、交互にやってくるものですよね。

つまり、いいことがあれば天国言葉を言うけれど、悪いことがあれば地獄言葉を言ってしまう。それで、結局プラスマイナス0になってしまう人がほとんどです

ところが、天国言葉の効果を発揮する人というのは、悪いことがあっても「大変な思いをしたけどこの程度で済んでついてる!」とか、「この失敗はこの学びにつながるから運がいい!」といった形で、自分に都合よく明るい解釈ができるんです。

例えば、不運な事故に遭ってしまった場合に、事故が起きた時は心が動揺し、不安や恐怖、心配、イライラの感情でいっぱいになってしまったとします。

しかし、後からその出来事を振り返り、「でも、こんなに車が壊れたのに、このくらいのケガでよかった」と言える人は、それだけでツイてる人生に転換することができるのです。

というのも、中には、5年10年経ってもずーっと、当時の苦労話を眉間にシワを寄せながらグチグチと語ったり、その不幸のはけ口として他人をいじめたりする人もいるんですね。

そう考えると、タイムラグがあっても、何だかんだで自分の人生はツイてる!と言える人は、それだけでも立派ですし、いずれ神様から、何らかのご褒美を受け取ることができます。
.
.
もし、完璧主義の改善が、一日単位では難しいと感じるのであれば、一ヶ月単位とか、一年単位でも構わないので、悪いことだけでなく、よかったことも一覧にして書き出してみてください

今年はこんなにたくさん不運な出来事があったけど、それでもこうやって無事に過ごすことができた。あの人に助けられてありがたいし、あの失敗が教訓になったから今がある。このように、明るい解釈を心がけてみましょう。

例えば、コロナの影響で気持ちが暗くなったり、経済的に家計が苦しかったりしたけど、今年は台風が来なかったから、例年のような被害にも遭わずに済んだ。運がよかったな♪と、そう解釈できたら幸せですよね。

世の中にはネガティブなニュースがたくさんあって、この人生に『悩みごと』というのは常にあるものですし、生きている限り、その悩み自体がなくなることはないのかもしれません。

その代わり、「悩みがあっても幸せになる方法」があるとするならば、それは考え方を改善して、人間として成長していくしか打つ手はありません。

だからこそ、職場で親切な人と冷たい人がいる場合に、冷たい人ではなく親切な人に焦点を当てなければならないのです。

その人の感覚としては、職場に冷たい人がいて困っているのかもしれませんが、職場にたった一人も味方になってくれる人がいないケースもあるわけですからね。

さらに、敵が一人だけでなく、複数人いるような環境だって考えられるわけですから、そう考えると、自分はものすごくツイてる環境で仕事ができているのかもしれない。そう考えることができるはずです。
.
.
もし、いじめ被害に遭ってしまったのであれば、少し難易度は高いかもしれませんが、自分をいじめていない人にまずは感謝し、自分は絶対に同じことをしないこと。

最初から人生のシナリオに、いじめに遭う経験がプログラムされていた可能性もありますが、だとしたら、いじめを受けた時点で前世の因果は解消されるので、絶対に復讐を考えてはいけません。それは神の仕事です。

また、お金の面では、斎藤一人さんいわく、入ってくるお金だけでなく、出て行くお金にもありがとうと言うことで、お金に好かれるようになるといわれています。

そして、普段から「お金がない」という言葉は使わないこと。よく、お金がないを口癖にしている人もいますが、この日本で生活していて、全くお金を持っていないというケースはほとんどありません。

このように、一人さんの天国言葉は、ただただ唱えることが第一段階ではあるものの、本当は『嫌なことがあった時でも天国言葉を言えるかどうか』が重要なポイントとなります

それこそが、理想の引き寄せを実現できる人とできない人の境目であり、嫌なことがあっても明るい解釈をできる人こそが、神様が奇跡を起こしてあげようと思える人間なんです。

とはいえ、私もそうでしたが、多くの人は嫌なことがあった時に、天国言葉を言う気にはならないと思います。イライラしていたり、気分が落ち込んでいたり、そんな時に、明るい言葉を発するのは非常に難しいことですよね。

でも、そんな状況でも、天国言葉が言えるようになるためにも、普段から習慣化する必要が出てくるわけです。いつも唱えることを日課にしていればこそ、苦しい時に「ついてる、ついてる、ついてる・・」と、ボソっとでも口にすることができます。

もしかしたら、苦しい時に天国言葉を言える人が、1,000人に1人しかいないとして、その一人に奇跡が起きるとするならば、あなたは天国言葉を言いたいと思いませんか?
.
.
冒頭では、一日の出来が50点でも自分を許すことをおススメしましたが、極論をいうと、一日の中で9割がダメだったとしても、たった1割の出来に、「よくがんばったね♪」と、自分に対して声をかけてあげてください

あなたは、周囲の人と比較をして、自分はダメな人間だと思っているかもしれませんが、それはあなたに何か問題があるわけではありません。

人間は不完璧な存在ですが、人間を創った神様は完璧な存在なので、不良品のような間違った人間を創ることは絶対にないんですね。

また、周囲の魅力的な人は1万回生まれ変わって、現世では人生の要領を知り、ルンルン気分で器用に生きているのかもしれませんが、もしかしたらあなたは、まだ人間に生まれ変わってから数十回しか経験がないのかもしれない

そうなると、いずれはあなたも魂が成長していく中で、理想とする魅力的な人と同じような人生を送れるわけですから、わざわざ現世で自己否定したり、自暴自棄になったりする必要なんてないんです。

例え、命を絶ったとして、来世ではまた同じような人生を送ることになります。そして、結局は最後まで生き抜かなければならない。だったら、現世で最後まで生き抜いた方がいいと思いませんか?

現世では、現世のあなたで、どうやったら幸せになるかを考えればいいんです。勇気を出して、知恵を出して、何度失敗しても繰り返しチャレンジして、行動していくしかありません。

できないことがたくさんあっても大丈夫です。毎日、本当にちょっとしたことしかできなくても大丈夫。悔しい、切ない、虚しい、儚いなど、そういった感情を味わうのも貴重な経験の一つです。
.
.
あなたは今、孤独で寂しくて、生きるのがもう嫌だと思っているかもしれませんが、価値があるから生きるのではなく、生き抜くことに価値があります。だから、あなたは今こうして生きているだけで立派です。

もし、死にたいくらい心が苦しくなったり、辛くなったりした時は、現実を直視して向き合うことから一旦離れて、物事を自分に都合よく考えてみてください。

周りに理解者が一人もいなくても、自分自身が自分の理解者になって、自分の中で勝手にプラスの解釈をするのは自由ですからね。

素敵な仲間に囲まれて、心が豊かで経済的にも恵まれていて、愛する恋人もいて、そんな楽しい妄想はあなただけの特権です。誰にも邪魔されることではありません。無条件で24時間365日、いつでもどこでも楽しむことができます。

不幸の数を数えないでください。幸せの数を数えてください。

嫌な記憶を思い出したら、必ずその後に、楽しかった記憶も思い出してみてください。

嫌な記憶が消えないなら、「~のせいで」を「~のおかげで」に、少しだけ解釈を変えてみてください。オセロの黒を白に変えるイメージで、一つ一つの解釈を修正する作業です。

きっと、過去の自分が今の自分に対して、幸せになるヒントを与えてくれるはずです。

過去の全ての出来事は、失敗や後悔も含めて、あなた自身が成長するために、そして、幸せになるために起きた出来事です。

だから、何も不安がる必要はないし、恐れる必要もありません。大丈夫です。何も心配しなくて大丈夫!

今大きな悩みをいくつも抱えているかもしれませんが、なんとかなります。これまでだって何とかなったのだから、これからも何とかなります。

過去の自分に乗り越えられた問題が、今の自分に乗り越えられないわけがありません。生き抜いてきたということは、その分だけ成長しているわけですから。

幸せ