家内安全を願う時点で日常生活への感謝が欠けている

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんが尊敬する、小林正観さんから学んだ「家内安全を願う時点で日常生活への感謝が欠けている」というお話をしたいと思います。

宇宙の法則では、感謝をすればするだけ、その人は「感謝される人間になっていく」といわれています。

要は、自分が与えた物が返ってくるので、感謝に対しては、感謝が返ってくるということ。

また、天の神様は感謝する人を味方するんだそうです

ここで一つ、必ず覚えておかなければならないことがあります。

それは、『神様に「感謝」をするのは〇。神様に「願い事」をするのは×。』

このことは、すでに知っている人も多いと思いますが、神様に対して願い事をすることは、実は、とんでもない大きな間違いなんですね。

例えば、商売繁盛を願ったり、素敵な人との出会いを祈ったり、家内安全を祈願したり、こういったことは、絶対にやってはいけません。

なぜなら、神様はすでに、たくさんの恵みを人間一人一人に与えているからです

この『神様から与えられている恵み』を常に意識しているのであれば、「願い事をする」という発想には、至らないはずですよね。
.
.
あなたは、毎日、下記のような感謝の気持ちを持っていますか?

◎目が見えることに感謝。
◎耳が聞こえることに感謝。
◎食べられることに感謝。
◎自分の足で歩けることに感謝。
◎仕事があることに感謝。
◎お金があることに感謝。
◎着る服があることに感謝。
◎住む家・電気・ガス・水に感謝。
◎家族や身近な人に感謝。

こういった感謝の気持ちや、感謝の言葉を忘れ、「今の状態を何とかしたい!あれもこれも欲しい!」と、願い事を始めると同時に、神様は味方をしなくなります。

だから、商売をやっていて、「もっと売り上げを伸ばしたい」と思う時でも、今いるお客さんに何かできることはないかと、考えなければなりません

また、「家族全員が幸せで病気になりませんように!!」と願う前に、今こうして健康でいられることに「ありがとう」と言い、日々の思い出を大切に育んでいくことが大事。

小林正観さんの本には、「願い事」をすることは、淡々と過ぎる日常を与えてくださる神様に対して、『宣戦布告』をしているようなもの!と記されています。

正直、私は「そこまで言わなくてもいいのでは?」と思いましたが、人間が家内安全を願うことさえも、神的な視点ではタブーとされているようです。

ただ、もちろん、世の中にはたくさんの人が祈願をしているわけで、全員が全員、不幸な人生に流れていくというわけではないと思います。

願い事と同じくらい「感謝の気持ち」を持っている人も、たくさんいるでしょう。

冒頭でもお話したように、自分が与えたものだけが、自分に返ってくるわけですから。
.
.
☆人を愛すれば愛される。人に感謝すれば感謝される。人を嫌えば嫌われる。人を憎めば憎まれる。

★人を愛さなければ愛されない。人に感謝しなければ感謝されない。人を嫌わなければ嫌われない。人を憎まなければ憎まれない。

こういった因果関係を考えると、例えば、「自分は人に迷惑をかけていないから、毎日受け身で何もしなくていいんだ」という人は、愛されることも、感謝されることもない人生を送ることになります。

逆に、仲間になりたいと思った人に対して、積極的に相手が笑顔になるような働きかけをしている人は、やがて相手からも「仲間になりたい」と思ってもらえるようになるでしょう。

ちなみに、『幸せ』の語源は、「為し合わせ(なしあわせ)」といって、お互いにしてあげることが本質。

だから、自分一人の力だけを頼りに努力をして、必死に頑張って生きていこうとする人のもとには、人が集まってきません。

一方、「自分の力なんてないんだ」と、周囲の支えに気付く謙虚さを持っている人には、よき仲間が集まってきます。

よき仲間とは、共に教え合い、共に学び合い、共に交歓し合う仲間のこと。

この「よき仲間」を作るためには、努力や頑張りではなく、「頼まれごとを引き受ける」など、シンプルに『相手に喜ばれること』を続けるのみです。

ぜひ、まずは身近な人に対して、実践してみてください。

生まれ変わりが3万回未満の人は地獄言葉を発する段階

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんが尊敬する小林正観さんの「生まれ変わりが3万回未満の人は地獄言葉を発する段階」というお話をしたいと思います。

世の中には、どれだけ幸せな環境に囲まれていても、日々、不平不満や愚痴などを言い続けてしまう未熟な人がいます。

小林正観さんいわく、そういう人は、まだ生まれ変わりの回数が少ないんだそうです。

というのも、人に生まれ変わるようになってから3万回未満の人は、人生を、「辛い」「悲しい」「つまらない」と、感じてしまうんだとか

だから、例え、どれだけ親が人格者で、裕福な家庭で育ち、学校や社会にも順応し、容姿にも恵まれていたとしても、悪口や文句ばかりを言ってしまうわけです。

要は、周囲の人からすると「うらやましい」と思うような要素を、山ほど持っているにも関わらず、当人の感覚では「人生は苦しいものだ」と、とらえてしまいます
.
.
他にも、生まれ変わりが3万回未満の人は、「自分の努力だけでのし上がってきた!」と思い違いをしたり、世の中の辛いことばかりに目を向けて、嘆き続ける傾向にあるとのこと。

もちろん、生まれ変わりの回数が少ないことを言い訳に、地獄言葉を言っても構わない!というわけではありませんよ

現世で、少しでも明るく生きて、人に親切にし、魂を成長させる必要はあるわけですから。

ただ、このことを知っておくだけで、他人と比較をして、「何で自分だけこんなに不幸な感覚で生きなければならないんだ」と、暗い気持ちにならずに済むのではないでしょうか。

だって、魂には段階があると知った以上は、むやみやたらにジタバタもがいても、仕方ありませんからね。

ちなみに、鉱物から植物に生まれ変わるまでに10万回、植物から動物になるまでに10万回、そして、「動物」が「人」に生まれ変わるまでに10万回の『生まれ変わりの回数』を重ねるんだとか

また、人間になってから3万回以上6万回未満の生まれ変わりでは、物事に対して「悲しい」とも「楽しい」とも思わないレベルで、人生をゼロ状態でとらえる段階。

そして、6万回以上9万回以下では、一度生まれ変わるたびに、幸せな喜びが増していくといわれています

その先の9万1回からは、「感謝」をする瞬間が少しずつ出てきて、9万3千回になると「恵まれている状況」に「ありがとう」と感謝できるようになる。

さらに、9万6千回になると、目が見えること、自分の足で歩けること、食事ができることなど、誰が見ても「当たり前の状況」に対して「感謝」ができるようになります

最後に、9万6千回以降では、目が見えないこと、半身不随であること、家族や自分が障害を抱えていることなど、誰が見ても「不幸な状況」にさえ感謝できるんだそうです。
.
.
このように、人間一人一人には魂の段階があるので、現世だけで一足飛びに成長できるわけではありません。

正直、人間として生きている間は、「前世」「あの世」の記憶がないので、現世だけが全てだと思ってしまいますよね。

私も斎藤一人さんや小林正観さんの話を聞いて、「そういうものなのかな。。」と、何となくの理解しかできていません

おそらく、死後に全てを思い出し、再び、次の人生を送ることになるのでしょう。

もし、あなたの現世が、地獄言葉ばかりで「感謝の心」や「幸せの感覚」が全くなかったと感じるのであれば、まだ生まれ変わりが3万回未満であるといえます

そう考えると、本当に『果てしない旅』というか、人間の感覚では想像もつかないような膨大な年月を経て、少しずつ成長するようになっているんですね。

このお話が事実であるならば、改めて、この宇宙は神様が創ったものであり、「人智を超えた完璧な存在」であることを再認識せざるを得ません

生まれ変わりを信じる人はほとんどいないと思いますが、おそらく人間の力だけではどうすることもできない宇宙の法則は、間違いなく存在しているのでしょう。

『シナリオ通りの人生』あなたは未来を選択できない

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんが尊敬する、小林正観さんの『「シナリオ通りの人生」あなたは未来を選択できない』というお話をしたいと思います。

未来の全ての出来事は、最初から決まっている。それは、自分がどのように死ぬのかも含めて。

小林正観さんの本を購入し、こうした内容の文面を目にした時、正直、私は複雑な気持ちになりました。

というのも、「だったら、今日一日をがんばって過ごそうが、怠けて過ごそうが、どうでもいいんじゃないか。。」と、そんな考えが頭をよぎってしまったわけです。

ただ、冷静に人生を考察してみると、本当にシナリオ通りなら、何があっても、ジタバタする必要はないし、もしかしたら、マイナスよりもプラスに解釈できることの方が多いのかもしれない。

確かに、私のこれまでの過去を振り返ると、一言で言えば「こういう生き方しかできなかった」と感じますし、過去の自分には、他に選択の余地はなかったと感じる人生でした

また、家族との関係も、学校生活も、社会生活も、たくさんの理想を描いていましたが、現実的に思い通りにならないことや、避けることが難しかった出来事もいっぱいあったんですね。
.
.
これはもちろん、私だけでなく、誰だってそうだと思います。

とはいえ、「じゃあ、自分はずーっと不幸な人生を与えられていたのか?」と自問自答すると、「そんなことはない、幸せを感じながら過ごす時間もあった」と答えることができます。

ということは、実は、「身の回りの環境」や「身に起きた出来事」によって、不幸を感じていたわけではなく、「人生のシナリオ」に対して、強い自我で対抗してしまったことで、不幸を感じていたことになりますよね

要は、最初から人生には「流れ」があって、その流れに沿って「道」が作られていたけど、『絶対に人生は1から自分で作っていけるはずだ!』と、そういう間違った固定概念を持っていたということです。

そういえば、斎藤一人さんも「人生は生まれる前に自分で決めてから出てくる」と、おっしゃっていましたね。

例えば、名前や性別、性格、生まれる親、生まれる場所、出会う人、就く職場、起きる出来事、転換期、気付くタイミングなど

しかも、人生のあらゆる場面で、どれだけ慎重に考えて選んだとしても、その選択の結果は「全てシナリオ通り」とのこと!

正直、最初にこの話を知った時は、「ん~、自分の努力次第で、未来の結果が変わらないのは悔しいな。。」と感じました。

だって、そうですよね。人間の感覚では、「もっとこうなったら幸せになれるのに」「魅力的な人に出会って自分を変えたい」「現状を一日でも早く何とか改善したい」と、そう思ってしまうわけですから。
.
.
でも、最近ではようやく、「全ては必然なのだから仕方ない」、「生前に書いたシナリオ通りの展開」、「流れに逆らって我の強さを出すのはやめよう」、「結果が出ても出なくても幸せに生きるしかない」と、そう思えるようになりました。

結局のところ、過去を後悔しても避けられなかったわけですし、未来に不安を抱えても避けることはできない。

そう考えると、収入面においても健康面においても、あらゆる人間関係においても、ジタバタせずに、「今」を大切に生きるしかありません。

例え、家族とケンカをして「今すぐ、この家から出ていけ!」と言われ、家出をすることになっても、それはどうしても避けることができなかったシナリオです。

また、そこで、「自分を変えたい!!」と強く思い、いろんな人に出会って、「あの人は変わった!」と言われるようになることも、全てはシナリオ通りの展開

でも、ある意味、「あなたの努力次第で人生は決まるよ」と言われるよりも、「生前に書いたシナリオ通り」と言われた方が、何だか気持ちが軽くなるような気もしますよね。

あなたは、未来のことを神様におまかせできていますか?

自我の努力で、物事がうまく進まない時も大丈夫!

今がどんな状態であれ、うまくいく時はうまくいくようになっています

幸も不幸も存在しない。そう思う心があるだけ。