『斎藤一人さんの予言』ベーシックインカムは実現するのか

私は、「斎藤一人さんの予言はなぜか的中する」という話を、以前、お弟子さんの講演会(音声)で聞いたことがあります。一人さんいわく、子どもの頃から光の玉(創造主:アメノミナカヌシ様)に質問をすると、何でも答えてくれるんだとか。

そんな中、一人さんいわく、これから「遊んで暮らせる時代が来る」ということで、本や書籍でベーシックインカムを示唆する内容が語られていました。

この話は、あくまで信じたい人だけが信じてみてください。世の中に『絶対』はありませんし、並行宇宙といって様々なパラレルワールドが存在しているので、どのタイミングで、どのパラレルが現実になるかは、人間一人一人の波動次第でもあります。

<宮本真由美さん(お弟子さん)の著書>
斎藤一人 AI時代が来ても「絶対必要な人」になる方法

この内容に関して、一人さんファンの方であれば、おそらく、すんなりと受け入れられるかと思いますが、もしかしたら、本を読んだ方の中には、「え?そんなことってあり得るの?」と、不信感を抱くケースもあると思います。

ただ、一人さんの予言の後にコロナの件があり、これだけ世の中の生活様式が変化してきているので、近い将来、ベーシックインカム(無条件に国民一人一人の生活が保障される制度)が実現することになっても不思議ではありません。
.
.
ちなみに、斎藤一人さんの公式ブログで『2020年2月1日の記事』を見てもらえるとわかるように、AI時代の到来に対して「決して恐れることはないよ」「絶対に悪い方には行かない」といった内容が掲載されています。
.
.
2020年の2月1日に斎藤一人さんの公式ブログに投稿された内容はこちら↓
.
ーーーーー
AIが発展すると、今の仕事がなくなるって心配する人もいるけど、新しい仕事が増えるだけ。

もし、新たな仕事が増えなくても、みんなが遊んで暮らせる時代が来るんです。

AIの時代になって、ものスゴくよくなっていくんだよ。本当に働きたい人が働いて、仕事が好きな人が稼ぐ時代がやってくる。

そして、仕事をしたくない人はしなくても暮らせるから、心配する必要なんかない。昔の貴族のように、歌を詠んだり、恋をしたり、そういう時代が来るから。

絶対に悪い方には行かないんだよ。信じなくてもいいけどね(笑)
.
.
さいとうひとり
ーーーーー
.
果たして、斎藤一人さんの予言が的中するのか。個人的には新しい時代を体験してみたい!!という気持ちが強いですね。

人間の想像をはるかに上回る「人知を超えた力」によって、昭和→平成→令和と時代が移り変わってきたわけですから、短期的には大変だなと思うことも、長い目で見れば、世の中がどんどん良い方向へ変化していくのでしょう。

同じ問題が何度も起きる時の原因と解決策【斎藤一人】

斎藤一人まとめサイト(名言集)

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだことを参考に、「同じ問題が何度も起きる時の原因と解決策」というお話をしたいと思います。

まず、人間は不完璧な存在なので、何か問題が起きた時に、ひどく落ち込んでしまったり悩んでしまったりすることは、誰にでもあります。

私も、誰よりも、ひとりさんの教えを理解しているつもりでいましたが、ついつい、嫌な人に対してイライラしてしまうこともありますし、だからこそ、いつも不完璧な自分をゆるすことを心がけています

そんな中で、たまにではありますが、『同じような問題が何度も起きてしまう』といった現象を経験することがあるんですね。

もしかしたら、あなたも人間関係などで、「何でいつも自分はこのパターンで苦しむんだろ・・」と、そう感じたことがあるかもしれません。

実は、この現象が意味するものとは、『別の視点で、別の角度から、その物事に焦点をあてないとダメだよ』という、天の神様からのメッセージなんです。

これは、ひとりさんもおっしゃっているように、問題の解決法が間違っている限り、何度でも同じような現象が起こり続けると言われています。
.
.
例えば、父親の暴言で苦しんでいるならば、無視をしても収まらない場合、家を出て距離を置くとか、誰かに相談するとか、何か別の解決策をとらなければなりません。

そうしないと、いくら父親に理解を求めたり、説得したり、反発をして言い合ったりしても、ずーっと同じ状態が続きますし、状況がさらに悪化する可能性だってあります

おそらく、この学びは、「学校のいじめ」や「職場の人間関係」にも、応用して生かすことができるのではないでしょうか。

例えば、あなた自身が、ひとりさんの教え通り、笑顔で人に優しく接しているにも関わらず、意地悪な人に甘く見られて嫌がらせを受けることもあるでしょう。

そんな時に、重要なポイントとなるのが、起きた問題に対して、どのくらい「打てる手」を選択肢として持っているかどうか

例:我慢をする、相手にしない、笑顔で交わす、逆ギレする、逃げる、環境を変える、相談する、休養する、病院に行く、進路を変更する、健康面を整える、本を読むなど。

このように、一つの問題に対して、複数の武器や防御を兼ね備えることが、とても大事になってきます。
.
.
もちろん、中には、打てる手があるなら、とっくに行動に移して解決してるよ!と思う人もいるかもしれません。

でも、本当に複数の選択肢を考えているのであれば、「生きるか死ぬか」の極論ばかりを考えるのは、明らかにおかしいですよね

親も学校も会社も、どんな人でも、人間である以上、自分が一番かわいいものですし、自分の思い通りに物事が進んだ時に、都合よく喜びを感じるようになっています。

そう考えた時、あなたもあなた自身の都合で、自分の心と素直に対話し、本心・本音の道を進んだらいいんです

私がひとりさんから教わったことは、真面目で、正しくて、問題と正面から戦うといったものではありません。

むしろ、世間が言っていることとは真逆で、『不真面目でいい、楽しさ優先、問題が起きたら逃げてもいい』という、穏やかで気軽、そして、とことんシンプルな生き方です。

もし、今、あなたが悩んでいるのであれば、今回のお話を少しでも参考にして頂ければ幸いです。

「上ばかり見てるから転ぶんだよ」の真意とは【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだ『「上ばかり見てるから転ぶんだよ」の真意』について、お話をしたいと思います。

世の中が思う成功者とは、もしかしたら、仕事でも何でも、いつも大胆なことをする偉い人というイメージかもしれません。

ただ実際は、ひとりさんもおっしゃっているように、長期的に成功している人ほど「微差の追求」といって、細かい改良を大切にしています。

例えば、お店をやっているのであれば、お客さんに喜んでもらうための小さな努力を軽視せず、いつも下から上にと目を向けるので、足場が固まって、頑丈な土台を構築することができるんですね

それを上ばかり見ている人は、今、目の前にお客さんがいるにも関わらず、「どうやったら売り上げが伸びるかな」と、遠い未来のことに目を向けるので、足元をすくわれるような展開になりがちです。

だから、斎藤一人さんが講演でおっしゃっていた『上ばかり見てるから転ぶんだよ』という言葉の意味は、「常に足元の小さな気付きを大切にしなきゃダメだよ!」というメッセージ。

また、自分が一つ上のステップに進むことができたら、その度に、まだ下にいる人達のために全力を尽くす。この教えは、本当に忘れてはならない考え方だと感じます。
.
.
ほとんどの人は、夢や理想はあるけど、「時間がないからできない」とか、「お金がないから無理!!」といった理由を作り、無から有を生み出すことができません

無を有にできる人は、何をやるにしても条件を付けず、「今の自分にできることから始めよう。今の段階でできることを探してみよう。」と、こういった考え方を持っています。

例えば、いつもより元気に挨拶する、積極的に掃除をする、お店の張り紙を工夫する、成功者の話を聞く、本を読む、無駄なコストを省く、笑顔の研究をするなど。

斎藤一人さんいわく、仕事で成功するコツが3つあって、それは、『せっかち・臆病・向上心』なんだそうです。

ただ、この記事の中でもお伝えしたように、ひとりさんがおっしゃっている「向上心」というのは、上ばかりを追いかける漠然としたものではなく、下から上にと微差を追求すること

貯金だって0から100万円を貯めた人は、その100万円の価値がわかるものですが、いつも楽をしてお金儲けしようと考えている人が急に100万円を手にしても、その価値も使い道もわからず、結局、そのお金は悪因になって消えてしまいます。
.
.
ちなみに、世間では「せっかち」や「臆病」という言葉を聞くと、あまり印象がよくないと感じるかもしれませんが、実は、仕事でも何でも、欠いてはならない大事な要素なんです。

その理由としては、何をやるにしても悩んで考え抜いて、ようやく一つの行動をとる人よりも、多少せっかちでも、次々と行動し、『改良点を見つけて修正できる人』の方が、どんどん前に進んでいくことができるからです。

また、臆病な人の場合、いい意味でとらえると「慎重で確実」な側面を持っているので、大胆な一手を打つことはできないにしろ、着実な「準備」「対策」を施すことができるんですね

もちろん、極端にせっかちで臆病な人の場合、その内向的な側面が原因でうまくいかないこともあると思います。

そういう人は、まずは、決してその性格がマイナスなものではない!ということを『知る』ことが第一歩なので、知っただけでも、知らなかった時の自分とは違う意識を持てるようになります。

それでも、どうしても自分の性格で悩んでしまう時は、「過去に、この性格でうまくいったことって何だろう・・・」「もし、この性格をプラスに生かせるとしたら・・・」と、一度、『自分自身に対する解釈』を改める時間を作ってみてください

せっかち・臆病・向上心。この3つが、成功に欠かせない大事な要素です。上ばかり見ていると転んでしまうので、いつも下から上に、0を1に、無を有に。こうした微差の追求を心がけていきましょう。