真面目で賢い人は引き寄せに失敗してしまう【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだ、「真面目で賢い人は引き寄せに失敗してしまう」というお話をしたいと思います。

ひとりさんのお話に興味を持つ人の中には、その話を100%鵜呑みにする人もいれば、半信半疑で聞く人もいます。

また、あの講演ではこう言ってたのに、今回は逆のことを言ってる。何で?と、理屈で解釈する人もいます。

共通しているのは、どの人も、真面目で、賢くて、理論的に物事を正しく判断し、行動できるという点。もちろん、それが悪いと言っているわけではありませんよ。

そうではなくて、その考え方で「幸せ」に生きられているかどうか。もし、今、心から幸せな人生を送れているのであれば、そのままの考え方で問題ないでしょう。

ただ、どれだけ知識を蓄えても、知恵が身についていても、日々、心がモヤモヤしていて気を揉んでしまう。そういった状態であるならば、その生真面目さが足を引っ張っている可能性もあるのです
.
.
だから、斎藤一人さんの教えに限らず、誰かの意見を参考にしたいと思うのであれば、下記の3つのような「シンプルな解釈」をすることが大事。

1、この人の話を聞いてみて、自分の人生に取り入れられる部分があれば、無理なく気軽にやってみよう♪

2、「神様」という言葉が何だか宗教みたいで嫌だな。でも、この人が悪いわけじゃない。自分は別の師匠を探そう。

3、この人の話には、矛盾点が多くてしっくりこない。だけど、声や話し方が好きで、聞いているだけで心地がいい。

このように、相手を正しく裁くのではなく、白でも黒でもないグレーゾーンのとらえ方で、その人を許容すると、自分自身の人生がハッピーな感覚になってきます

これは、ぜひ実際に、試してみてください。何でも白黒はっきりさせようとすると、苦しくなってしまいますからね。

ちなみに、『真面目で賢い人』は、それをプラスに生かせる場面で、その力を存分に発揮することができるので、その性格自体が悪いというわけではありませんよ

ただ、時として、完璧主義になってしまい、人の粗探しをしたり、人を正しく裁きたくなってしまう傾向にあるので、その点だけは注意するようにしましょう。
.
.
この宇宙には「引き寄せの法則」といって、今をいい気分で生きていると、その波動(振動数)によって、奇跡とも思えるような現象が起きることがあります。

「ワクワク」や「いい気分」によって生み出される『いい波動』というものは、『心』から湧き出るものであって、決して、頭で考えた理屈で生み出されるわけではありません

なので、学歴でも何でも、頭の良し悪しに比重を置きがちですが、本来であれば、「きれいな心」を大切にしなければならないんです。

よく、神様はきれい好きだから、部屋をきれいに掃除していないとお金が入ってこないよ♪といわれますが、神様のきれい好きは、「目に見える形」だけが全てではないんですね。

目には見えない『無形の心』に対しても、同じような視点で見ているわけです

だから例えば、「おまえのためを思って言ってるんだぞ!」と、親や先生が子どもに教育する時、心の中では「黙って俺の言うことを聞いていればいいんだよ!!」と、思っていたとしますよね。

すると、その心の声は、直接相手には届いていなくても、なぜか、その人から出ている波動でわかってしまうわけです。

要は、何となくの「雰囲気」「空気感」によって、相手の汚い心もきれいな心も、実は、ちゃんと伝わるもので、隠すことはできないということ
.
.
仮に、その場しのぎでごまかせたとしても、神様は、汚い心を持った人を味方しようとは思いませんから、病気・事故・トラブル・解雇など、ありとあらゆる形で、「その生き方を改めなきゃダメだよ」というサインが与えられることになります。

ただ、それを決して『天罰』というとらえ方はしないでください。神は人間に罰を与えることはしません。

罰ではなく、その人にとって、ストップがかかるような出来事が起きることで、これまでの生き方や考え方を軌道修正することができる。

そして、その経験の一つ一つが、魂の成長につながるので、結局、全ての現象は神の愛なんです

斎藤一人さんの教えの中で、「威張っちゃいけない、ナメられちゃいけない」の言霊を大切にするんだよ♪というものがありますが、これって簡単なようで簡単ではありません。

特に、真面目で賢い人ほど、勉強ができる、仕事ができる、給料が高い、高学歴、出世、優秀、こういったワードが強いわけですが、そんな中でも謙虚さを保ち続けるのは、なかなか難しいこと

逆に、不器用で優しい人というのは、協調性があって親切な側面を持っていますが、その分、周囲の人からバカにされたり、論破されたり、そういう場面が多くなってしまいます。

その代わり、後者の場合、理屈で考える前に、心で感じることができるので、「直感」「ひらめき」などのインスピレーションに助けられることもあるんですね

こういったことから、真面目や賢さが悪いわけではないけれど、次々と願い事を叶えたり、幸運を引き寄せるためには、やはり、神が好む『きれいな心』を大切にすることが必要不可欠。

きれいな心といっても、とてもシンプルなもので、「明るく生きて人に親切にする」。これだけで十分です。あなたがいつも上機嫌でいることが、この世で一番のボランティアでもあるのです。

今のあなたは過去の因果で創造された姿【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだ「今のあなたは過去の因果で創造された姿」というお話をしたいと思います。

今を一生懸命、幸せに生きようとしているのに、なぜかうまくいかない時ってありますよね。

時に、「神様は自分の味方になってくれていないのでは?」と、そう感じるようなこともあります。

私自身も最初は不思議だなと感じていました。明るく生きて人に親切にしていれば、神様に好まれ、次々といい現象が起きるはずなのに、なぜかそうならない。

実は、この宇宙には、「因果のタイムラグ(時間差)」というものがあって、いい因果も悪い因果も、どのタイミングで返ってくるかは予測がつかないんですね。

ただ、ここで一つ言えることは、今の自分は、過去の自分によって創られているという事実

例えば、今日、困っているところを誰かに助けてもらったのであれば、それは、過去にあなたが、人を助けてあげた因果が返ってきたことになります。

それが、近い過去なのか、何千年も何万年も前の前世のあなたなのか、それはわかりません。

どちらにしろ、神様があなたにとって絶妙なタイミングで、その因果を出してくれているのです。
.
.
おそらく、人間が何かを学ぶ時に、すぐに答えがわかった方がいいケースもあれば、時間をかけて段階を踏みながら、答えを知った方がいいケースもあるのでしょう。

例えば、お金の価値を軽視して、ギャンブルで散財を繰り返しているような人に対しては、すぐに助けてあげるよりも、行き着くところまで行って、自分で「後悔」や「反省」をさせた方が学びになりますよね。

逆に、不運が重なって夢が破れてしまった人の場合、その時はツイてないな・・と悲しい気持ちになったとしても、後から振り返ってみると、「あの出来事のおかげで今の自分がある」と、そう感じることもある。

また、日常生活においても、たまたま今日に限って外出する時間が5分遅れた。でも、そのおかげで、事故に巻き込まれなくて済んだ!というケースだってあります。

もちろん、寿命が来れば誰だって死を迎えるわけですが、それ以外の部分においては、常に神様が、あなたの魂が成長するように、様々な配慮をしてくださっているということ

その時に、自我の強い人ほど、焦ったり慌てたり怒ったり、そういったマイナスな波動で行動してしまうので、それが『神様の時間調整』を無視する形となり、苦しい人生になってしまうわけです。
.
.
つまり、親が子どもに愛を持って接するのと同じように、神様も人間に対して、明るくて親切な人には「何かご褒美をあげよう♪」と思いますし、わがままで未熟な人には「この気付きを教えてあげたい!!」と思うんですね。

なので、中には、何かいいことがあると神様のおかげで、何か悪いことがあると神も仏もいない!と言う人もいますが、そうではなく、神様はいつだって『愛』を与えてくれている

その愛を感じられる人は、例えば、ちょっと怪我をしても「この程度で済んでよかった、ツイてる!」と明るく解釈し、風邪を引いても「ゆっくり休んで軌道修正するいい機会」と、前向きに解釈できたりします。

斎藤一人さんいわく、神様は、直接人間に幸せを与えるのではなく、幸せになる材料を山ほど与えてくれているんだそうです

だから、どんなハンデを背負っていきている人であっても、どんな劣等感やコンプレックスを抱えている人であっても、現世は、そのままの自分で幸せになることができます。

それを「このままじゃダメだ!」「何とかしなければ!」「何でこんなことに・・」と、ついつい地獄言葉を吐いてしまうわけですが、その言葉は自分を否定すると同時に、自分を創ってくれた神様を否定することになるので要注意!!

否定された神様は、あなたを助けたいと思うでしょうか?今、あなたを助けても、またすぐに文句や泣き言を口にしてしまう。今のまま次の展開に進んでも、成長するのは難しい。

そうなると、もう少しこの学びを続けさせてあげよう!と思うのが「愛」ですよね

こうしたことから、今、自分の身に起こっていることは、過去の自分が創り出したものであり、未来の自分は「今の自分次第」で、創っていくことができる。

つまり、普段から天国言葉を言っている人は、またその言葉を言いたくなるような現象が起きるわけですから、地獄言葉を吐くよりも、よっぽど明るい未来を創造することができる!ということになります。

優しさでうまくいかない時は強気に出てみる【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだ「優しさでうまくいかない時は強気に出てみる」というお話をしたいと思います。

ひとりさんがおっしゃっているように、人間一人一人には魂の段階があるので、これをやったら幸せになれる!という絶対的な正えがあるわけではありません。

なので、あなたにとっての幸せは、実際に行動していく中で、失敗に対して「改良」を繰り返しながらわかってくるもの

例えば、いつも人に優しくしているのに、なぜか人間関係がスムーズにいかないケースでは、その優しさを貫くだけでは「不正解」ということになりますよね。

そういった場合は、人になめられないようにハキハキとしゃべるとか、堂々とした態度をとるなど、これまでとは違う形での行動が必要になってきます

また、いつも強気でリーダーシップを発揮する人にとっては、自分の主張が強いが故に、時としてケンカやトラブルに発展してしまうこともあるでしょう。

おそらく、その人の課題は、人の心を思いやる優しさを持って、仲間と協力しながら物事を進めていくことなのかもしれません。

このように、「押してダメなら引く」というイメージで、あなたにとっての幸せの方程式は、あなた自身で一つ一つ気付き、クリアしていかなければらないのです
.
.
では、現時点で人生に不満を抱いている人が、自分自身の課題に気付き、幸せな人生に向かっていくためにはどうしたらいいのか。

まずは、どんな状態が「幸せ」で、どんな状態が「不幸」なのか、そこを改めて認識するところからスタートします。

今の自分が『幸せの道』を歩んでいるのであれば、ワクワク・ウキウキ・情熱・愛・感謝・自信・希望・満足など、こういったポジティブな感覚を持った状態になっているはずです。

一方、今の自分が『不幸の道』を歩んでいるのであれば、無気力・苦悩・憂ゆつ・絶望・自己卑下・嫉妬・自信喪失など、理想とは程遠いネガティブな感覚になってしまいます。

ちなみに、斎藤一人さんいわく、成功する時は、その方向に意識を向けただけで「心がいい気分になる」とのこと。

このことを再認識した時に、現状に不平不満を抱きながら生活している人は、間違いなく不幸の道を歩んでいるわけですが、これをどうやって改善していけばいいのか。

一番大事なポイントとしては、ネガティブな感覚を持っている時点で、今、自分が最も力を入れて頑張っている物事を無理に推し進めないこと

要は、『そのやり方、または、その考え方は間違っているよ!軌道修正しないともっと苦しくなるよ!』というサインが、現状のあなた自身の状態を示しているんですね。

だから、中には、そのサインに気付いていながらも、「負けたくない」「自分にはできる」「あの人のために」など、自分の中の正義を貫く人もいますが、劣等感やハングリー精神での努力というのは、なかなか実らないものです
.
.
なぜなら、人間としての正しさだけで見れば「我の強さ」は正解かもしれませんが、神的な視点で見ると、「明るい」「優しい」「親切」「楽しい」「ワクワク」など、そういった生き方が正解だからです。

もし、人間という存在を人間が創ったのであれば、我の強さで幸せになれるのかもしれません。

しかし、人間という存在は神様が創ったものである以上は、神が好む生き方をしない限り、傲慢な人ほど苦しい人生になってしまうんですね

神が好む生き方といっても、すごくシンプルなもので、「笑顔で明るく挨拶する」とか「いつも上機嫌で人に親切にする」とか、そういったことだけ。

『明るく生きて人に親切にする』。これをやっている人に、神様は「奇跡」を起こしげあげよう!って思うんです。

だから、例えば、どれだけ高学歴で頭がよくても、人を見下してバカにしているような人は、なぜか、何度も人に裏切られたり、挫折が続くなど、途中で物事がうまくいかなくなってしまいます

逆に、学歴がなくて仕事の能力が低くても、普段から徳を積んでいるような人は、なぜか、常に助けてくれる人が近くにいたり、同じ波動を持った「魅力的な人」との縁を与えてもらえたりする

このように、今の生活感覚がしっくりこないな・・と感じる時は、果たして神的な視点で見た時に、「自分は幸せの道を歩んでいるだろうか」と、現在の状態を内観してみてください。

そこで、幸せの道に進んでいるはずなのに、なかなか願いが叶わない!という場合は、一つのやり方・考え方に固執している可能性があるので、そこを一つ一つ改善していくようにしましょう。

優しさでダメなら「強気」、強気でダメなら「服装」、服装でダメなら「話し方」、話し方でダメなら「顔のつや」といった形で、次々と手を出し続けることが大事

ひとりさんも『この地球は行動の星だよ♪』とおっしゃっているように、あの世は想念の世界ですが、それを実際に行動して経験するのがこの世。

なので、一つ行動する度に、「失敗してしまった・・」と落ち込む人もいますが、本当の失敗者は何も行動しないことですから、「失敗=行動の証」ですし、成功に一歩ずつ近づいていることにもなります。