斎藤一人さんをメンターにしてよかったと感じること

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、「斎藤一人さんをメンターにしてよかったと感じること」というお話をしたいと思います。

ひとりさんのファンになって10年くらいになりますが、改めて、自分の師匠はひとりさんしかいないと感じます

もちろん、他にもいろんな人の話を聞いたり、本もたくさん読んだりしてきましたが、学びの入り口となる土台になっているのは、間違いなく斎藤一人さんの「考え方」です

魅力的な人って考え方が違います。本当に小さな微差を大切にします。

例えば、「夢は小さく、努力は大きく」という言葉がありますが、何をやってもうまくいく人は、一足飛びに大きなものをつかもうとはしません。

それどころか、常に、下から上へと歩みを進めるので、他人と自分を比較して苦しむことも、強い劣等感で全てをダメにする!といったこともない。むしろ、下の人をとても大切にします

また、『歩』という漢字は、「止まるが少ない」と書くように、成功者は、立ち止まって悩み抜いた上で行動するというよりも、いつも何かかしら行動しながら考えているんですね。

だから、実際はたくさん失敗していても、行動量が多いので、周りの人から見ると「あの人は次々と成功していてすごいな」という見え方になる。

当人としても、失敗する度にそれを否定するのではなく、「このやり方では失敗することがわかった」という意味で『成功』と解釈します
.
.
世の中には、「宇宙の法則」や「引き寄せの法則」を教えている人や本がいくつもあって、私もそういった分野には興味・関心があります。

最近、不思議なことに、ひとりさんの教えを学ぶ前は、全く理解できず捨ててしまった本が、再度、買って読んでみると、今ではスムーズに理解することができるんですね。

過去の自分と今の自分で、一番大きく変わったのは、おそらく『自我の強弱』かなと感じます

以前は、自我の強さ、要は自分自身の「努力」と「ハングリー精神」で必死に頑張れば、その先に幸せが待っているはず!という考え方でした。

しかし、強い自我で「苦労」や「我慢」を乗り越えても、なかなか幸せになることができない。それどころか、いつも同じようなパターンで挫折することが多かったです

家族も仕事も、出会う人も、自分と同じように劣等感を抱えた人ばかりでしたし、正直、これ以上は無理・・という状態まで追い込まれてしまいました。

今では、自我を弱めるというか、自分にできることをやったら、「結果は神様が出すんだから、あとはお任せしよう♪」と、そういう感覚を持てるようになったんですね。

これは、斎藤一人さんの教えに加えて、小林正観さんの本と出合ったのも大きかったと思います
.
.
神様を信じていない人ほど、自分の力だけで人生を何とかしようとジタバタしてしまう。

よく、「神様」と聞くと、外神様をイメージする人がほとんどですが、『分け御霊』といって、人間一人一人の中には「内神様」が入っているといわれています

なので、自分を大切にしなかったり、他人を攻撃したりする行いは、神様が生み出した創造物を否定しているのと同じですから、そういった人を神が味方することはありません。

もし、あなたが、「自分はちょっと自我が強いかも・・」と感じるのであれば、毎朝、下記の『白光の誓い』を10回ずつ唱えてみてください。

自分を愛して、他人を愛します。
優しさと笑顔を絶やさず、人の悪口は決して言いません。
長所を褒めるように努めます。

おそらく、文章の意味自体は、誰でも簡単に理解できると思います。

ただ、大事なことは、これを言葉にすることです。

こうした言霊の力は、いい現象を引き寄せる効果があるのはもちろんのこと、自分が口にした言葉を「自分の脳」も聞いているわけですから、潜在意識の改善にも役立てることが可能

自分に厳しい人は、他人に対しても厳しくなってしまいます。

また、一生懸命がんばっても、自分にご褒美をあげないと、自分が自分にそっぽを向いてしまいます。

だから、たまには好きなものを食べて「いい気分」でいる時間を作るとか、少しでも「我慢の時間帯」を減らすとか、そうやって自分を大切にすることが、『自分を愛する』ということにつながる

神様は犠牲を嫌いますからね。あなたがいつも笑顔でニコニコし、明るく上機嫌でいることが、自他に対する愛であり、これこそが世の中で一番のボランティアです。

こうした一つ一つの学びを、私自身もずっと大切にしていきたいと思います。

『自問自答』本当にそれはあなたが望んでいること?

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだことを参考に、『「自問自答」本当にそれはあなたが望んでいること?』というお話をしたいと思います。

私はよく、自分自身の「心の声」に耳を傾けることがあります

よく、内観をして、自分と対話すると気分が安定するよ♪といわれますが、これは、まさにその通りでとても大切なこと。

自分の心の声を聞く時は、たった一言。

「本当に?」

この一言を何度も繰り返します。

なぜ、この自問自答が必要なのか。

その理由は、幸せな人生を送るためには、『自分に対する素直さ』が必要不可欠だからです

世間がいっている素直さって、人の話を素直に聞くとか、親や学校、社会にうまく馴染むことを意味しているのかもしれません。

でも、本来、人間が幸せに生きる上での「素直さ」とは、自分自身に対して使う言葉なんですね

だから、自分の心の声を聞いたら、「本当に?本当にそう思ってるの?」と、自問自答を繰り返す。

そこで、「でも、本当はこうしたいんだよね」「やっぱり、この気持ちの方が強いかも!」と、少しずつ、本心・本音が出てくるようになります。

そしたら、やらなければならないことと、やりたいことに対して、『費やす時間・労力のバランスや妥協点』が見えてくるので、方針・方向性を決めることも簡単
.
.
「そんな作業をやることに何の意味があるの?」と、思うかもしれませんが、幸せな人生を送っている人は、自分の心に『素直さ』を持っているケースが多いので、一度、周囲をじっくりと見渡してみましょう。

ほとんどの人は、親や同僚の価値観、周囲の目・雰囲気、社会的な基準をベースとして、それがあたかも、自分の考えかのように思い込んでしまいますからね。

そうなると、本人は、自分らしく生きているつもりでも、思考や行動の判断材料が、常に『外部』なので、独自の「夢」「願望」があっても、なかなかそこに近づくことができません

要は、無意識のうちに、過去に出会った人や身近な人の思考が、自分の脳に刷り込まれているということ。

例えば、会社に年収300万円の人が10人いるとして、その輪の中にあなたが入ったとしますよね。

その環境で、5年10年とその仲間と一緒に過ごした場合に、あなただけ『年収1億円』になる可能性はあるでしょうか?

もし、あなたが「幸せで豊かな億万長者」になることが夢だとしたら、自分自身との対話を行わない限り、ずーっと同じ環境に留まりながら、悩み苦しむことになってしまうでしょう
.
.
もちろん、幸せなサラリーマンや公務員の方はたくさんいますよ。それがいけない!と言っているわけではありません。

あなたが、今の環境で幸せを感じているのであれば、それが一番ですから、そのままで大丈夫。

ただ、平日は仕事を我慢し、土日にストレス発散をして、何とか苦しい気持ちを立て直す!といったルーチンで生活している人は、もしかしたら、今の人生に不幸を感じているのかもしれません。

内観をして、自己対話をして、考えを掘り下げていくと、「本当は、もっとこういう人生を送りたい」「本当は、毎日こんな人とこういう仕事をしたい」など、そういったことがわかり、思考を軌道修正することができます。

「そんなの、面倒くさいよ・・」と思うかもしれませんが、別に毎日やる必要はありません。

週末や月末に、1~2時間だけ時間を確保するとか、そのくらいでも構わないので、ぜひ、実践してみてください。

人間は、何も意識していない時は、「これをやらなきゃ・・」「もっとこうしないと・・」「今日も淡々とやるべきことをやろう・・」といった考え方になります。

それの何が悪いんですか?って、別に何も悪くないですよ。でも、「あなたは今、幸せですか?」と自問自答した時に、「はい、幸せです!」と、即答できないのではないでしょうか

自問自答をして、自分の心に素直になるメリットは、幸せに意識を向けられるようになること。

幸せに意識が向くと、非常にシンプルな思考で、下記の5つのような感覚を持つことができます。
.
.
◎食べたかったプリンが食べれて幸せ^^美味しい♪

◎来週は、あの映画の公開日だ!楽しみだな^^

◎いつも大家さんが親切にしてくれてありがたいな☆

◎最近、職場で笑顔で会話ができるようになった♪成長!!

◎去年より少し貯金が増えた!うれしい^^夢に一歩前進!
.
.
つまり、幸せに舵を切るか、不幸に舵を切るかは、あなた自身の『意思』にかかっているということです。

同じ絶景を眺めていても、笑顔で微笑みいい思い出にする人もいれば、涙を流して悲しい気持ちに浸る人もいますからね。

どっちを選択するか。人生は選択の連続です。自分の胸に手を当てて、その選択が本心・本音なのか、それとも苦労や我慢なのか、出した答えを掘り下げ、「本当に?」と、何度も問いかけてみましょう

『引き寄せの法則』を意識しすぎて萎縮してしまう時

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの学びを参考に、『「引き寄せの法則」を意識しすぎて萎縮してしまう時』というお話をしたいと思います。

引き寄せの法則を学び始めると、「今の自分の感情」を大切にするようになるので、自分自身の内面と向き合う機会が多くなってきます。

その時に、引き寄せの仕組み自体は、とてもシンプルなものですが、最初のうちは、何かと難しく考え込んでしまったり、ネガティブな感情になっていないかビクビクしてしまったりするもの。

私自身も、「今の生活に、どんな習慣を取り入れたらワクワクするかな・・」と、本当は「心」で感じなければならないワクワクを、「頭」で考えすぎてしまうことがよくありました

もちろん、知恵を使うことも大事なのですが、自分がワクワクすることって、いちいち悩みながら生み出すものではありません。

また、何か「初めての行動」をとったり、「新しく人との縁」を作らなければ、ワクワクすることができないからダメ!というわけでもないんですね。

日常生活の中で、ご飯が美味しいな、ぐっすり眠れた、体調がよくなった、映画が面白いなど、小さな幸せの積み重ねの中で、自然といい引き寄せができるようになってくるものです。
.
.
つまり、ワクワクだけでなく、心地いい、うれしい、楽しい、感謝など、そういった感情を『日常の衣食住』の中で、意識的に感じられるかどうかがポイント。

そして、ネガティブな感情になってしまった時は、「そんなんじゃ、悪い現象を引き寄せてしまうからダメ!!」と否定せずに、「あ、今自分はイライラしているな」「今、ちょっと将来のことで不安を感じてる」と、その感情を客観視するだけで大丈夫です。

それでも、心が動揺してしまうようなら、一つ一つの動作スピードを緩め、ゆっくり深呼吸し、時間をかけて通常の精神状態に戻していきましょう

その上で、「そうだよね、わかるよ♪その気持ち、よくわかる!」と、自分自身の感情を肯定してあげてください。

というのも、本当にネガティブな人というのは、ネガティブな感情になることではなく、「ネガティブな感情を否定する人」のことなんですね。

なので、今の自分の感情から、いつも『一段階上げることができればOK!』という考え方で問題ありません

マイナスなら0に戻し、0なら1をプラスし、1から2にするようなイメージで、今の自分が無理なく考えられること、今の自分が無理なく行動できることを選択するようにしましょう。
.
.
引き寄せの法則は、現実的な方法論とは違って、目には見えない因果関係なので、「本当に引き寄せの力って存在するのかな・・」と、不安な気持ちになってしまうこともあります。

その不安感から、自我が強くなり、間違った方法で「引き寄せ」を実践してしまうケースもある。

例えば、下記のような「我の強さが招く間違った行動」によって、挫折してしまうケースがあるので十分注意しましょう。
.
.
×『自分を犠牲にする』:きっと、いい人にならないと夢は叶わないから、無理をしてでも周りに合わせよう。人助けもしたい。→ 本当は自分自身の幸せが先

×『他人に嫉妬する』:あの人は引き寄せの仕組みを学んでいないけど、人生がうまくいっている。悔しい。自分嫌い。→ 他人と自分は、魂の成長段階が違うので、一切比較する必要はない

×『願うだけで行動しない』:強く願えばいずれ叶う!と勘違いし、何も行動せずにモヤモヤした気分で過ごす。→ 「いい気分」で過ごせる行動を選択し、あまり願い事に執着しないこと

×『心より理屈を優先する』:何だかんだいって賢い人が成功するんでしょ?と、直観より理屈で動いてしまう。→ いい気分でいる時の「ひらめき」や「直感」を大切にした方がいい

×『正しく実践してもダメ』:ちゃんと本を読んで実践したけどダメだった!と諦めてしまう。タイムラグ(時間差)を待てない。→ 結果は、あなたにとってベストなタイミングで出る
.
.
このように、「間違った解釈」「自我の強さ」を持ってしまうと、なかなか、引き寄せの力をうまく活用することができません。

とはいえ、何をやるにしてもそうですが、初めて自転車に乗る時と同じように、最初は何度も何度も失敗するもの

何をやっても成功する人は、「このやり方では失敗するのか、じゃあ次は・・・」と、決して萎縮せずに、成功するまで淡々と、次の手を出し続けるんですね。

だから、強く願うだけではモヤモヤする!と感じたのであれば、「何か一つでも行動に移す」とか、他人にナメられて萎縮してしまうくらいなら、「無理にいい人を演じるのはやめる」とか、そうやって、次の一手を出すことが大事。

また、どれだけ正しい考え方で引き寄せを実践していても、どのタイミングで願いが現実になるかは、神様にしかわかりません

それに、「夜明け前が一番暗い」といって、明るく幸せに生きている人にも、あえて、神様からお試しの試練が与えられることもあります。

その時、自分に不都合な出来事に対して、愚痴や不平不満、悪口などで対応するか、明るく笑顔で対応するか、それによって、その後の展開が決まってきます。