【斎藤一人】朝の祈りを毎朝3回唱えれば絶対なんとかなる

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日は、斎藤一人さんの「朝の祈り」、ご存知の方もい多いと思うのですが。この、朝の祈りという言霊、一日3回言うといいよっていう言霊があるので、改めて、この朝の祈りについてお話したいと思います。

この、朝の祈りというのは、「私と私に関わる人、全てが豊かで、健康で、美しくなります。なんとかなる、なんとかなる、なんとかなる」もう一度言います。

私と私に関わる人、全てが豊かで、健康で、美しくなります。なんとかなる、なんとかなる、なんとかなる

この朝の祈りを、毎朝声に出して3回繰り返し、唱えてみてください。朝だけではなくて、昼でも夜でもいつでもいいんですけど。朝必ず3回唱えるっていうことを決めておくことによって、継続しやすいんじゃないかと思います。

なので、朝必ずこの朝の祈りを唱えると、もし、声に出せないっていう時は、心の中で唱えるっていうかたちでも構わないので、ぜひこの、朝の祈りの言霊を毎日唱えてみてください。

なぜこの言霊を斎藤一人さんが、オススメしているのかっていうと。人の幸せを願うと、自分にも同じことが起きるっていうふうに言われているんですね。

もちろん普段は、自分のことを、愛する許す大切にするっていうことは、続けていいんですけども。 じゃあ自分だけが心地よければそれでいいの?って言った時に、自分の心が満たされたら、今度は、誰か人のためにできることはないだろうか。というふうに考えて、じゃあ自分自身にできること、時別な事が出来なくてもいいと思います。

自分に、今できる事、最低限の事として出来る事は、人の幸せを、祈るっていう。たった、それだけの事なんですけど、人の幸せを祈る事が、回り回って、また自分自身の幸せにもなってくるので。

この、朝の祈り、人の幸せを祈る。自分自身が、まずは、満たされた上で、自分を愛する許す大切にする。

その上で人のために何かできる事は、ないだろうか。自分の家族だったり、世の中の、みんなんのためにっていう思いでもいいですし。身近な人のためっていう、思いでもいいので、人のために朝の祈りを、毎日3回たった3回なので、朝起きた時でもいいですし、ちょっと時間を作って、継続してみてください。

たった3回って、いうふうに思うかもしれないんですけど。一年経った時に、100回この朝の祈りを、唱える事になるわけですよね。一年間「なんとかなる、なんとかなる、なんとかなる」って、毎日言い続けた人と、ずっと毎朝「もうだめだ」とか「最悪だ」とかって、言い続けた人。

宇宙貯金と言って、それまで積み上げてきた、積み重ねてきた人徳というか、徳を積むっていう部分での、宇宙貯金がマイナス1000点なのかプラス1000点なのか。本当に大きな差がつく事になります。

なので、そのあとに起きてくる現象っていうのも、当然神様からもらえるご褒美というものが、全く違うものになります。

世の中には、いろいろな才能を持った人とか、特別な技術・能力を持った人が、たくさんいるわけですけど、毎日、この、こういった言霊の力を使うっていう事は、基本的に誰にでもできることですからね。

この「朝の祈り」を毎日唱えて、それが1年後2年後って、本当に起きる現象が、大きく差が開いていくでしょう。

言っている人と言っていない人。朝の祈りとか、そういう言霊の力を、使うどころか毎日地獄言葉を言っている人もいるわけで、そういった人とは、さらに、差が開いていくことになっていきます。

だから、よく二極化、二極化って言われて。不平等っていうふうにいう人もいるかもしれないんですけど。その、不平等っていうのは、誰が作ったんですか?って。どこで、その二極化の別れ、別れ道が出来るんですか?っていった時に、それは、自分自身の日頃の行い、毎日どんな行いをしているのか。

どんな徳を日々つんでいるのかっていうところにかかっているので。別に力む必要は、ないですし。気軽な気持ちで、朝起きたら、この朝の祈りを唱える。 「なんとかなる、なんとかなる」って口にしていれば、本当になんとかなるんですね。

その言葉が自分自身、その言葉を自分自身の脳もちゃんと、脳が聞いているわけなので。その、自分の発した言葉っていうのが、現実を引き寄せるようになります。要は、「なんとかなる」って言う事によって、なんとかなる。何がなんとかなるのかっていう、なんとかなる出来事。現象を探すようになるんですね。

「ダメだ、ダメだ」、と言っていると。何がだめなのかっていう、だめな事に目を向け流ようになるので。目につくものが、変わってくるんですね。たくさんチャンスに気付く人、たくさんピンチに気付く人、どちらが、幸運をつかみやすいかっていうと、一目瞭然ですよね。

そういった考え方で、どの角度から見ても、天国言葉とかね。そういう、言霊の力を使って損をする事は、絶対にないし。自分にとっても、周りの人にとっても、プラスになる事しかないので、ぜひ。この朝の祈り、朝の祈り以外にも、斎藤一人さんの言霊、教えの中には「この人に、全ての良き事が雪崩のように起きます。」っていう言霊もあります。

一歩外に出て、道を歩いている人でもいいですし、電車に乗ったら、同じ車両に乗ってる人とかでもいいですし。職場に行ったら同じ職場で、働いている人。その人たちに対して「この人に全ての良き事が、雪崩のごとく起きます。」と。

だから、普段から他人だから関係ないやって。この人も、あの人も別にどうでもいいだって、思っている人が、結構多いのかもしれないですけど、人間一人一人の中に、分け御霊といって「内神様」が入っています。

自分の中に神がいるけど、他人の一人一人の中にも神様がいるとなれば、自分だけが良ければいいっていうのは、ちょっとズレた考え方になってしまうので、自分を愛して、他人のことも愛するっていう、同じように愛するということが、必要になってきます。

なので、一歩ね外に出た時は、口に出すことが、なかなか難しいと、思うので。 心の中で思うだけでも大丈夫です。

「この人に、全ての良きことが雪崩のごとく起きます。」

この言葉をね。心の中で、唱える一日の中で、たった一回でもいいと思うので、そういう場面を作ってみるっていうのも、いいんじゃないかと思います。

ここからは、ちょっと僕自身の体験談なんですけど。朝の祈りとか、薄幸の誓いとか、いろいろあるんですけど。一日3回でいいって言われていたものを10回とか20回とかっていうふうに、増やした時に継続できなくなったことがあったんですね。

だから、必ず継続。無理なく継続できるくらいの回数。3回って言われている時は、3回で全然大丈夫なので。その、一日に頑張って何十回何百回って言うよりも。一日3回でもずっと、コンスタントに習慣にして、続けていくっていう方が大事です。

波動が今日ものすこい高いけど、今日はものすごい低いとかっていう、そういう大きな波を打つんじゃなくて。一定の波動を安定感を持って保つようにしましょう。 そこは、気をつけた方がいいと思います。

あとは、やっぱり、朝の祈りっていうと朝唱えるものなんだなっていうので記憶しているので。忘れることがないんですけど、天国言葉を毎日時間があったら唱えようっていうふうに思っていると、ついつい忘れちゃうんですよね。

気がついたら3日間、あまり天国言葉言わなくなってるな、ここ最近言ってないなっていうふうになったりするので。いつの間にか習慣が、途絶えちゃったりすると何か最近気分がね、しっくりこないな。腑に落ちないなって事が多くなったりします。

そういえば、最近、天国言葉全然言わなくなった!ということもあったり、だから、僕の場合は、どちらかというと。夜寝る前ではなく、朝に唱えています。朝の方が頭の回転がいいですし、いろんなアイディアも出てくるので、作業効率もいいんですよね。頭が動いているので。

それが、夜になって。必ず、夜になったらこれをやろうとかって思っていると。めんどくさくなっちゃったり。継続が止まったりするので僕の場合は、瞑想でも言霊でも、何でもそうですけど、今日一日にやんなきゃいけないこと。仕事でも何でも朝にやるようにしています。

僕自身改めて、朝の祈りって、ものすごい価値の高い言霊だなって、そう感じるんですね。そう、感じています。何故かって言うと、もちろん天国言葉他にもいろいろな言葉が、あるわけですけど。

人間がこの人生の中で、寿命がくるまでに、人の幸せを祈る言葉を使う場面て、そうそうないと思うんですね。

もしかしたら、一度も人の幸せを、祈るっていう事が、そういう言葉を発する事なく、死んでいく人もたくさんいるんじゃないかなって。 そう思うくらい、なかなかこう、普段生活を送っている中で、人の生活を祈る言霊って、使わないんですよ。サラリーマンでもそうですし、どんな方でも、学生とかでもそうだと思うんですけど。そういう場面が、なかなか無いと思います。

私と私に関わる人全てが、豊かで健康で美しくなります。

自分もそうだし。自分に関わっている人、みんなが豊かになる、健康になる、美しくなる。もしかしたら、自分の事だったら、自分は豊かになりたいとか、もっと健康になって、もっとお金持ちになって、もっと美しくなってっていうふうに思う人はいるかもしれないんですけど、自分だけじゃなくて、自分と自分に関わっている人全てが、豊かになり、健康になり、美しくなるんだ。

そして、何とかなるんだって、絶対何とかなるんだっていう、そういう心を持って毎日を過ごしている人。そして、そういう人の幸せを祈る言葉を、口癖にしながら毎日を過ごしている人っていうのは、そうそういないと思います。

やっぱり、ほんどの人がやらない。知っていてもやらない、知らなくてやらない人もいると思うんですけど。おそらく、人の幸せを祈る事はいいことだよ!っていうのは、何となく分かっているけど。やらない。ほとんどの人がやらないです。

でもだからこそ、価値があるというか、だからこそ、その行動が取れる人には、魅力が、どんどん魅力が付いていくし。そうういう人にこそ、神様は、味方になるというかね。応援してくれるっていう事になるので。本当にこの斎藤一人さんの、言霊。実践、どんどん実践していきましょう。

このコロナのご時世で、コロナの事ですごくこう、苦しい思いをしている人とかたくさんいるっていうのは、分かってはいるんですけど。

ただ、幸せに条件をつけながら、こうなったら幸せになれるのに、こうなったらもっと楽になるのに。っていう考え方で、生きている人は、ずっと、その考え方で生きなきゃいけないような。現実しか起きないんですね。

そういう人が、救われるためには。自分の人生が、自分の人生は、政治家が作っているわけでも、国が作っているわけでもなくて。同じ条件でも、幸せになる人は幸せになるんだと。という事は、自分自身の心がけ次第で、使う言葉とか、思いとか、そういったもので、何も変えず、何も条件を付けず、今の自分、今の状況下ですぐに、今この瞬間に幸せになるっていう事は、できるっていう事なんです。

例えば、今日もご飯が食べられて幸せだな、お風呂に入られて幸せだな、着る服があって、暖かい布団に入ってぐっすり寝られて幸せだなって。毎日24時間365日四六時中生きている、ただ生きているだけで、幸せを感じる。

そして、ただ生きているだけで、自分自身に価値があるんだと思って。生きている人そういった人には、特別な能力とか才能がなくても必ず、次々といい現象を引き寄せる事ができます。

だけど、その日常の当たり前の事に、感謝する事ができずに。もっと美味しいものが食べたい、もちろん欲を出すっていう事はいいんですよ。いいんですけど、それは、今目の前にある現状に感謝いた上で、感謝の気持ちを持った上で欲を出すっていう考えだったらいいんですけどね。

それが、今日も朝ごはんは、味気ないとか。美味しくないとか、もっと美味しいものを食べたいとか、この今の現状に不足感を感じたり、お金でもそうですけど、こんな少ない給料じゃやっていけないとか、そういった不足感から、必死に努力をしてとかってなると、あまりいい現象を引き寄せることはできません。

そういう人は、そういう人にもいい事は起きるんですよ。たまに、だけど良い事が起きたら喜んで。悪い事が起きたら、愚痴とか不平不満を言って。そうやって、一喜一憂しながら、波動が上に行ったり下にいったり。っていうのを繰り返しながら、生きている人っていうのは、残念ながら、現実を変える事はできないんですね。

現実を変えるために努力をしている人、現実に満足しながら、毎日を生きているだけで価値があるんだと。生きている人、説明がちょっと難しいんですけど。難しいと言っても、実際、すごくシンプルなんですよね。

僕の説明がうまくないっていうだけで、仕組みはとてもシンプルなので、分かってもらえる人もいると思うんですけど。だから、もうガツガツと努力をして、現実を変えるんだっていう、そういう気合いと根性で、うまくいく時代ではないですよっていう事は、もう、間違いなく言えるので。

風の時代に入って。どんどん地球が、次元上昇している中で、一日でもその事に気づいた人が、これから幸せの道を歩んでいけるんだと、僕は、そこに対しては、確信を持っています。

ぜひ、今の自分にできること、できたらこの、斎藤一人さんの朝の祈りを毎日3回唱える毎朝3回唱えるっていうところから、始めてみてください。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。感謝してます。

斎藤一人まとめメルマガ
(天国言葉|幸せを生み出す無料講座)

お名前 
メール 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です