精神的に余裕がない時の心がけについて【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだ「精神的に余裕がない時の心がけ」について、お話していきたいと思います。

あなたは、何か嫌な出来事があったり、漠然と将来に不安を感じたりした時に、「今、ちょっと精神的に余裕がなくなっているな」と感じることはありますか?

私は、たまにあります。その時は、ネガティブな感情をそのまま受け止めて、気持ちが回復するまで、じーっと自然体で待つようにしています。

というのも、一番よくないのが、ネガティブな感情を否定してしまうことなので、それだけは絶対やらないように、とにかく、「そうだよね、わかるよ。その気持ちわかる!」と、自分に言い聞かせる感じで対処します。

もちろん、常に、精神的に余裕があればベストですが、人間ですから、生きていれば、そういう感覚になってしまうこともありますよね。

ちなみに、斎藤一人さんいわく、自分が焦りそうになったら、「ゆっくり、ゆっくり、お先にどうぞ」この言葉を口癖にして、唱えるといいんだそうです

また、意識的に動作をゆっくりにするのも効果があるといわれています。

これは、例えば、歩く時にわざとゆっくり足をあげてみるとか、とにかく動きを遅くする。

あとは、背筋を伸ばしたり、深呼吸したりしながら、少しずつ精神面にゆとりを持たせていくことが大事です。
.
.
そして、日常生活では、ひとりさんの教え通り、顔につやを出し、笑顔を大切にし、明るい服装、光り物のアクセサリーを身につけるようにしましょう。

そういった外見を作りながら、暗い気持ちになるって、なかなかできませんからね。

「そんなの意味ないでしょ!」と思うかもしれませんが、顔をつやつやにするだけでも、本当に、心が強制的に明るくなってくるので、ぜひ、実践してみて頂けたらと思います。

そうやって、調子のいい時の精神状態に戻したら、次に、「考え方」を見直す作業に入っていきます。

何が原因で、行き詰まってしまったのか、なぜ、苦しい感覚になってしまったのか、落ち着いて、『改善策』を考えるんですね。

具体的には、考えるというよりも、自分自身と「対話」をします。

例えば、下記のような要因があって、苦しいと感じていたのかも!と、徐々に見えてくるものがあります。

1、最近、自分のことばかりに執着していて、人に親切にしようとか、助けてあげようという気持ちが欠けていた。

2、ずっと結果ばかりを気にしすぎて、その過程での「細かい小さな努力」を軽視していた。気をつけよう。

3、強く生きなきゃ!と自分に厳しくしすぎていて、今を楽しむことを忘れていた。自分に優しく、人にも優しく。
.
.
このように、物事がうまくいかなくなった時は、たいてい、『考え方』に間違いが生じていることが多いです。

だから、その都度、内観を通じて、一つ一つの気付きを大切にしなければなりません。

この作業をすることで、普段の自分だったら、「あの人が悪いからこうなった」「自分は正しいことをやっている」と、頑なに改善を拒んでいたとしても、精神的に余裕がなくなると、嫌でも改善が必要になってくるもの

そんな中、精神的に追いつめられると、「神も仏もいない」と口にする人もいます。

でも、神様は、あなたを苦しめるために試練を与えているのではなく、「そのままの考え方で進んでいったら、もっと不幸な展開になるよ!」と、愛を持って教えてくれているんですね。

だから、ひどく落ち込んでしまった時は、「そろそろ、考え方を修正する時期が来たな♪」と、そう解釈するようにしましょう

それで、考え方を改めた後に、「心が生きてる!以前よりよくなった^^」と感じたり、心が少しでも軽くなった♪と感じるようであれば、その道を歩んでいけば大丈夫!というサインなので、何も問題はありません。

そうやって、小さな気付きを大切に生きていれば、神様はクリアした問題を何度も出さないので、大きな病気や事故が立て続けに起こる!なんてことは、まずないと思います。

本当に精神的に余裕がない時は、何も考えず、冒頭でもお話したように、動作をゆっくりにしたり、深呼吸をしたり、そういったことができるだけでもOK!と、小さな一歩を踏むたびに、自分自身を褒めてあげるようにしましょう。

健康

光り物のアクセサリーを身に着ける効果【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだ「光り物のアクセサリーを身に着ける効果」というお話をしたいと思います。

今回は、ひとりさんの下記の教えを参考に学んだことです。
.
.
笑顔・顔の艶・愛のある言葉・光りモノのアクセサリー。小さいことの積み重ねなの。そのことの大切さがわかったとき、おっきな扉が開くの。偉大なものほど本当はちっさいの。ちっさいことの積み重ねこそがものすごっく大きなことなの。偉大なものは必ず小さいものから始まるんだよ。
.
.
ひとりさんやお弟子さん達は、皆、明るい服装をし、光り物のアクセサリーを身に着けながら、顔につやを出し、いつもニコニコしていますよね。

あなたは、日々、「自分自身の外見」を磨いていますか?また、外見を大切にし続けなければならない理由をご存知ですか?

典型的な理由としては、「いい波動」を出すことで、「いい現象」を引き寄せるというものだったり、商売をする上で、お客さんに信頼してもらうためでもあります。

ただ、今回お伝えしたいことは、そのことがわかっていても、なかなか行動する気にはなれない!という人に立ち直ってもらうための方法!

もし、身近な人が、ひとりさんのお話を聞いても、ずーっと、地味な服装を着て、暗い表情で、地獄言葉を言いながら、毎日を苦しい心で生きているとします

仮にそういった状態だとして、でも、「このままでは終わりたくない」と思っている場合に、その人が今すぐ救われる方法は、『光り物のアクセサリー』を身に着けること。
.
.
というのも、行動力のない人は、天国言葉を一回口にすることも、顔につやを出すことも、1秒だけ笑顔を作ることさえ、やりたくないと感じているんですね。

そんなの面倒くさいよとか、やっても意味がないとか、何をやっても自分はダメとか、そのくらいの感覚で生きているわけです。

だから、一つに絞って習慣化できるのは、100円の安いものでもいいので、とにかく「アクセサリーを身に着ける」こと。

そのためには、その人が納得するような「理由」を教えてあげる必要があります

例えば、「上には上があるけど、下には下がある。今、あなたは上にいけないかもしれないけど、これ以上、下にはいきたくないよね。光り物のアクセサリーを身に着けながら、暗い気持ち、苦しい心になることはできないんだよ。だから、毎日これを着けてみて。」

なぜ、こういった言い回しをするのか。それは、人間というのは、行き着くところまで行かないと、「何でもやります!!」とは、思えない生き物なんですね。

だから、「幸せになる方法を教えます!」と言っても、頑固さが出てしまうだけなので、「もう十分頑張ってきたよね。そんなに苦しいなら、ちょっとだけ生き方変えてみない?」というアプローチをしないと、行動することができないんです。
.
.
私自身もそうでしたが、地獄のような感覚で生きている時って、真面目に説教をされると、どれだけ親切な人であっても、「自分のこと何も知らないくせに。。」と、カチンときてしまうものなんです(笑)。

逆に、「こんなに幸せそうな人が、こんな自分を肯定し、さらに、同じ目線でアドバイスをしてくれる♪」となれば、話の内容というよりも、その気持ちがうれしい!と感じます。

なので、もちろん「天国言葉・顔につや・明るい服装・笑顔・光り物のアクセサリー」など、幸せの要素はたくさんありますが、別に、一気に全部をやれなくても問題ありません。

というよりも、どれだけ魅力的な人であっても、四六時中、全部を毎日完璧にこなせる人はいないと思います。

ただ、その中で、光り物のアクセサリーというのは、一つ身に着けているだけで、「嫌でも暗い気持ちになることができない!!」という、強力な味方になるわけです

これってすごくないですか?不思議に感じるかもしれませんが、やってみるとわかります。

例えば、ネックレス、指輪、ブレスレッド、ピアスなど、何でも構いません。100円で売っているものでも、ちゃんと効果はあるので大丈夫!

特に、これまで「天国言葉」や「笑顔」を継続できなかった方におススメです。ぜひ、実践してみてください。

健康

ネガティブな感情を否定せず味方につける思考修正法

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、「ネガティブな感情を否定せず味方につける思考修正法」というお話をしたいと思います。

人間は、自分の理想を必ず実現させたい!!と思った時に、「ネガティブな感情だけは絶対に持ってはいけない」と、そう強く心に誓うものですよね。

周りからも、「そんなマイナス思考じゃダメ!」「もっと前を向いて前進しなさい」と、言われることも多いでしょう。

ただ、ネガティブにはいろんな種類があって、実は、全てのネガティブ要素を除外すべき!というわけではないんですね

もちろん、愚痴や悪口などの「地獄言葉(ネガティブな言葉」は言うべきではありませんよ。

どんな時も、自分や他人の心に灯がともる「天国言葉(ポジティブな言葉」を口にする必要はあります。

その代わり、『ネガティブな感情』という部分においては、人間として生きている以上、誰でもプラスに傾いたりマイナスに傾いたりするものですから、決して否定してはいけません。
.
.
あなたは、下記のような「ネガティブな感情」を否定してしまうことがありますか?

●一日中家の中でダラダラしてしまった ⇒ 自分に腹が立つ。

●何かと地獄言葉を言いたくなってしまう ⇒ 自分のことが嫌い。

●会社で周りの人よりも仕事が遅い ⇒ 人に迷惑ばかりかけてしまう。

●恋人がいなくて、一人でいることが多い ⇒ 他人に嫉妬してしまう。

●ダイエットが継続できず挫折してしまう ⇒ 何をやってもダメ。

こういった状況に対して、「まぁ、いいか」「そうだよね、わかるよ」「別にこんな日があってもいい」と、肯定ベースで許容すること。

もし、許容することができない時があったら、「許容できない自分を許容します」と、口に出してみましょう

この作業は、ネガティブな感情を自分の味方につける上で、とても大切な思考修正法です。

というのも、集団の中で、「なぜか自分だけが受け入れてもらえない」と感じている人は、あなた自身の内面を、「鏡」のように外側から見せられているケースが多いんですね

だから、あなた自身が自分を許し、受け入れ、味方についてあげることで、周りから否定される機会も減っていくようになります。
.
.
最初のうちは、「今の自分は、ネガティブな感情になってるな」「自分を否定したい気分だ」「最近、少しだけ肯定できている」など、自分を客観視し、内観を意識するだけでOK!

今までは、自己否定する癖を持っていることにさえ、はっきりと気付いていなかったわけですから、「気付き」や「意識」を持てるようになっただけ進歩です

そして、徐々に、下記のような思考に変化していきます。

◎一日中家の中でダラダラしてしまった ⇒ こんな日があってもいいか。

◎何かと地獄言葉を言いたくなってしまう ⇒ そうだよね、わかるよ。

◎会社で周りの人よりも仕事が遅い ⇒ 慎重で丁寧な性格だからね。

◎恋人がいなくて、一人でいることが多い ⇒ 気軽に何でもできる。

◎ダイエットが継続できず挫折してしまう ⇒ 自分の体に「ありがとう」。

このように、否定癖とは逆の『肯定癖』をつけるようにしましょう
.
.
基本的な性格は変わらないにしても、習慣の中で「思考パターン」を変えることはできるので、ぜひ、できることから実践してみてください。

そして、どうしても肯定癖をつけられないものに関しては、「今はできないけど、必ずいつか実現する」「まだ完璧にはできないけど、この部分だけはできる」といった形で、随時、修正しながら、行動するのがポイント!

要は、今のあなたの基準値から見た時に、上には上があるけど、逆に、下には下があるので、決して、完璧主義になる必要はありません。

例えば、「できるorできない」の2択にせず、基準値を分けて考えると、「現状維持」「マイナスをプラスに戻す」「目標値の変更」「ハードルを下げる」「ペースを変える」など、状況に応じて、柔軟にやり方を変えることができます。

こういった臨機応変な対応ができるだけでも、すでに「肯定癖」は身についているので、一つクリアするたびに、自分にご褒美をあげるなど、自愛を大切にしましょう

健康