【ハンデがあっても大丈夫】私は高い周波数を維持します

私は、この人生で抱えるハンデを受け入れ、常に高い周波数を維持します。

例え、暗い闇に覆われたとしても、その闇を全て弾き飛ばす強力な「光」を持っています。

何度ダメだと思っても、必ず、強い光で闇を弾き飛ばしていきます。
.
.
私は幸せです。生きているだけで幸せです。

いいことがあっても、悪いことがあっても、この世で感じた全ての体験に感謝しています。

光と闇は同居している。このことを教えていただき、ありがとうございます。
.
.
私は、自分にたくさん短所があったからこそ、ずっと埋もれていた長所に気づくことができました。

私は、黒くて怖い、深い闇に覆われていたおかげで、その分、強い光に守ってもららうことができました。

ハンデがあっても大丈夫。短所があっても大丈夫。ネガティブな心があっても大丈夫。
.
.
私は過去に、先の見えない孤独のトンネルを歩んだ体験が、今、自分を愛し、労わり、大切にすることにつながっています。

私は、低い周波数でいるとどれだけ損をするかを知り、高い周波数でいることでどれだけ得をするのかを知っています。
.
.
喜び、感謝、満足、幸せな心。

この周波数で私は生きていきます。この状態を常にキープし続けます。
.
.
愚痴、泣き言、文句、不平不満。

この周波数はもう私には必要ありません。今すぐに手放します。
.
.
私は、常に今この瞬間の「心の幸せ」に焦点を当てます。

過去・未来の「漠然とした不安」に執着することはありません。

この世で体験できることを思う存分、楽しみながら、本来のありのままの自分へと戻っていきます。
.
.
アメノミナカヌシ様、お助けいただきましてありがとうございます。

【幻】どうしても忘れることのできない夢を見ただけ

あなたの人生は、毎日、違う世界を生きている。

昨日の自分、今日の自分、明日の自分、どれも同じようで違う自分を生きている。

過去のあなたは、今のあなたとは異なる存在。

だから、わざわざ執着するほどのものではないよ。

夜、夢を見ている時と同じ。嫌な思い出は全て「幻」のようなもの。

あなたは、どうしても忘れることができないリアルな夢を見ていただけ。
.
.
今日、あなたが幸せに生きるかどうかは、今の自分で自由に決めることができる。

何度、悪夢が蘇っても、今のあなたには何の影響もない。

正々堂々、今の自分でこの人生を楽しんでみよう。楽しいことを創造していこう。

「あの時こうしておけばよかった」って、寝ている時に悪い夢を見ただけでしょ?

数あるパラレルワールドの中から、あなたは自分が体験したかった一つの世界を選択した。

その世界を夢の中で、本当の自分と思い込んでいただけなんだよ。
.
.
今、目が覚めて、目の前には宇宙そのものの本当の自分がいる。

過去の辛い記憶は全てリセットされ、今、この瞬間の体験だけを思う存分、楽しむことができる。

やりたいこと、好きなことを純粋な心で、生き生きとした心で、味わうことができる。

もう人目を気にすることはない。もう何も我慢することはない。

あなたにしか生み出せない独自の色で、クリエイティブな世界を自由に描いていけばいい。

光と闇は同居している。闇が深かった分だけ、明るく光ることができるよ。
.
.
アメノミナカヌシ様、お助けいただきましてありがとうございます。

【筆記開示】感情を書き出して自分自身と良好な関係を築く

今、あなたが感じている「感情」を、ありのままの感情を紙に書き出してみよう。

ポジティブなことでも、ネガティブなことでも、何でも構わない。

自分の心に素直になる時間を作るだけで、それが、どんな場面でも「人生の土台」となる。

今日一日、楽しかったこと。苦しかったこと。どんなことで何を感じたか、自分自身に心を開いてみよう。

頭で考えて答えを出すのではなく、心で感じるがままに書き記していく。

毎日、これを繰り返していると、少しずつ自分のことが理解できてくる。
.
.
最近、何をしている時に喜びを感じるのか。今、何か我慢していることはあるか。本当はどんな一日を過ごしたいと思っているのか。

そういった自分の感情が理解できると、「幸せを感じるパターン」と「不幸を感じるパターン」が、ちょっとずつわかってくる。

そして、人生には過去の経験と同じような場面が必ずやってくる。

その時に、あなたは、一つの選択を迫られることになる。

それは単純に、不幸を感じる選択肢を除外し、幸せを感じる選択肢を選ぶだけ。

自分がこんな時に、心が生き生きする!幸せな心になる!とわかっていれば、それを何度でも再現することができるよね。

だから、暗い気持ちも、寂しい気持ちも、苦しくて辛い気持ちも、自分にだけは教えてあげよう。
.
.
もちろん、幸せな気持ちも、うれしい気持ちも、明るくて楽しい気持ちも。

ありのままの感情を紙に書くだけで、あなたは現世を幸せに生きるコツをつかむことができる。

この「成功感覚」や「手ごたえ」といったものは、目には見えないけど、一生ものの宝物になるよ。

その代わり、外に目を向けても宝物は見つからない。どれだけ必死に、物や形を追いかけても、つかめるものではないんだ。

心の内側と向き合った人にだけ、唯一無二の「オリジナルの宝物」が与えられる。

例え、幸せの数と不幸の数が、これまでと同じ数だとしても、あなたは迷わず「幸せの道」を選択することができる。
.
.
毎日、心の声に耳を傾け、自分の本心を聞いてあげよう。

感情の変化に気づいてあげよう。

その優しさで、あなたは自分自身と良好な関係を築くことができる。

もし、何らかの葛藤で自分とケンカすることがあっても、自己対話を通じて、すぐに仲直りすればいい。
.
.
アメノミナカヌシ様、お助けいただきましてありがとうございます。