ネットで人を叩く人が抱える心の闇とは【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだ「ネットで人を叩く人が抱える心の闇」について、お話したいと思います。

ひとりさんいわく、人間は不幸な時に人をいじめたくなる!という特徴を持っているとのこと。

これは何となくわかりますよね。今を幸せに生きている人であれば、わざわざ他人の粗探しをしようとは思いませんから

おそらく、ネットで誹謗中傷することで、自分の人生がうまくいかない現実を紛らわそうとしているのでしょう。

しかし、そういった「文字媒体での地獄言葉」というのも、宇宙の法則では『悪因』になってしまうので、現状の苦しみが緩和するどころか、どんどん不幸を加速させることになります。

また、これは個人的な意見ではありますが、汚い言葉を使う人に対しては、一切妥協せずに、厳しく対処すべきと感じています。

やはり、斎藤一人さんもおっしゃっているように、暗い人が明るい人に合わせる世の中になる必要がある

というのも、明るく楽しく生きている人達が、何か問題が起きる度に、暗い人達に「波動」を下げられてしまうと、全体が停滞してしまうんですね。

だから、悪質な行為に対しては、常に毅然とした態度をとり、場合によっては法的に処分しなければなりません。
.
.
こういう話は、すでにいろんなところで聞いているのかもしれませんが、それでも特に日本人は、優しくて親切な方も多いので、「悩んでいる人がいたら助けてあげたい!」と、そう思ってしまいますよね。

ただ、『悩み』って、たいてい自分のことだけを考えている時に出てくるもので、「あの人がこうで・・」という悩みであっても、元をたどれば自分自身を一番に考えているわけです

なので、自分が地獄言葉を吐くたびに、相手の「明るい心の灯が消えてしまうかも・・」という、ちょっとした想像力を持てる人は、そんな頻繁に「悩み相談」をすることはないはず。

もちろん、「この人の意見を参考にしたい!」という前向きな動機で、自分のことを話して、相手の意見を聞き入れるといったケースであれば、相手にとっても「頼られてうれしい♪」と感じる側面はあると思いますよ。

その代わり、『愚痴・不平不満・泣き言・文句・悪口』のオンパレードだとしたら、相手にとってはメリットどころか、暗い気持ちになるだけで、さらに地獄言葉が別の人にも拡散されていくことにもなりかねない。

中には、「ストレス発散の場は大切である!」と主張する人もいますが、ストレスの発散を理由に、人に迷惑をかけたり、傷つけたり、心を暗くしたりしていいわけがありません

どんな理由があってもダメなものはダメ!そもそも、あなたが不幸に生きていることと、他人が幸せに生きることは全く無関係ですからね。
.
.
ネットで人を叩く人が抱える心の闇とは、「何で自分だけがこんなに不幸なんだ・・」という強い劣等感。

これは、ネットで書き込みをしていない人であっても、心の中にコンプレックスを持っている人は多いのではないでしょうか

普段から、「何であの人が出世するんだ。許せない・・。」と感じたり、「あの人がいるとイライラする」「早くいなくなればいいのに」と思ってしまうなど。

これは、他人との比較や競争社会を生み出した、日本の『学校教育』や『文化・風潮』が影響している側面もあるのかもしれません。

ただ、何が原因であれ、どんな理由であれ、神の視点から見ると、「その中で幸せになりなさい」ということになります

斎藤一人さんいわく、神様は、直接幸せを与えるというよりも、『幸せになる材料』を山ほど与えてくれているんだそうです

だから、自分に備わった外見や性格、能力など、それらをフルに活用すれば、人生をトータルで見た時に元がとれるようになっている。

要は、苦労が多い人であれば、その分、「幸せを感じる機会」もちゃんと用意されているんですね。

例えば、過去の人生を振り返った時に、自分をいじめた憎い人のことを思い出すことがあるとします。

でも、過去に出会った人の中には、「優しく声をかけてくれた近所のおじさん」がいたり、「たわいもない会話に付き合ってくれた友人」がいたり、「困っている時に助けてくれた家族」がいたりしたはず。

そして、幸せのハードルを下げてみると、無条件に寝泊まりできる「住む家」があり、当たり前のように毎日「食事」が目の前に出てきて、気付いたら「着る服」が洗濯されてきれいになっている。

さらに深掘りすると、世の中には、膨大な借金を抱える人、貧困で飢えている人、難病や障害で苦しんでいる人、暴力から逃れられない人などがいるけれど、自分は五体満足で、それなりに豊かな生活を送ることができている。

そうやって一つ一つの幸せをかみ砕いてとらえた時、人生全般で見ると、自分の人生が悪くないどころか、この時代の日本に生まれただけで『運がいい』ともいえるわけです。

確かに、上には上があるけど、下には下があって、どれがいい悪いじゃない。その中で、どうやって自分自身が幸せを見つけ、幸せを感じ、生きていくか

そう考えた時、トータルで見れば幸せ!そう明るい解釈ができるようになるはずです。

幸せ

優しさでうまくいかない時は強気に出てみる【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだ「優しさでうまくいかない時は強気に出てみる」というお話をしたいと思います。

ひとりさんがおっしゃっているように、人間一人一人には魂の段階があるので、これをやったら幸せになれる!という絶対的な正えがあるわけではありません。

なので、あなたにとっての幸せは、実際に行動していく中で、失敗に対して「改良」を繰り返しながらわかってくるもの

例えば、いつも人に優しくしているのに、なぜか人間関係がスムーズにいかないケースでは、その優しさを貫くだけでは「不正解」ということになりますよね。

そういった場合は、人になめられないようにハキハキとしゃべるとか、堂々とした態度をとるなど、これまでとは違う形での行動が必要になってきます

また、いつも強気でリーダーシップを発揮する人にとっては、自分の主張が強いが故に、時としてケンカやトラブルに発展してしまうこともあるでしょう。

おそらく、その人の課題は、人の心を思いやる優しさを持って、仲間と協力しながら物事を進めていくことなのかもしれません。

このように、「押してダメなら引く」というイメージで、あなたにとっての幸せの方程式は、あなた自身で一つ一つ気付き、クリアしていかなければらないのです
.
.
では、現時点で人生に不満を抱いている人が、自分自身の課題に気付き、幸せな人生に向かっていくためにはどうしたらいいのか。

まずは、どんな状態が「幸せ」で、どんな状態が「不幸」なのか、そこを改めて認識するところからスタートします。

今の自分が『幸せの道』を歩んでいるのであれば、ワクワク・ウキウキ・情熱・愛・感謝・自信・希望・満足など、こういったポジティブな感覚を持った状態になっているはずです。

一方、今の自分が『不幸の道』を歩んでいるのであれば、無気力・苦悩・憂ゆつ・絶望・自己卑下・嫉妬・自信喪失など、理想とは程遠いネガティブな感覚になってしまいます。

ちなみに、斎藤一人さんいわく、成功する時は、その方向に意識を向けただけで「心がいい気分になる」とのこと。

このことを再認識した時に、現状に不平不満を抱きながら生活している人は、間違いなく不幸の道を歩んでいるわけですが、これをどうやって改善していけばいいのか。

一番大事なポイントとしては、ネガティブな感覚を持っている時点で、今、自分が最も力を入れて頑張っている物事を無理に推し進めないこと

要は、『そのやり方、または、その考え方は間違っているよ!軌道修正しないともっと苦しくなるよ!』というサインが、現状のあなた自身の状態を示しているんですね。

だから、中には、そのサインに気付いていながらも、「負けたくない」「自分にはできる」「あの人のために」など、自分の中の正義を貫く人もいますが、劣等感やハングリー精神での努力というのは、なかなか実らないものです
.
.
なぜなら、人間としての正しさだけで見れば「我の強さ」は正解かもしれませんが、神的な視点で見ると、「明るい」「優しい」「親切」「楽しい」「ワクワク」など、そういった生き方が正解だからです。

もし、人間という存在を人間が創ったのであれば、我の強さで幸せになれるのかもしれません。

しかし、人間という存在は神様が創ったものである以上は、神が好む生き方をしない限り、傲慢な人ほど苦しい人生になってしまうんですね

神が好む生き方といっても、すごくシンプルなもので、「笑顔で明るく挨拶する」とか「いつも上機嫌で人に親切にする」とか、そういったことだけ。

『明るく生きて人に親切にする』。これをやっている人に、神様は「奇跡」を起こしげあげよう!って思うんです。

だから、例えば、どれだけ高学歴で頭がよくても、人を見下してバカにしているような人は、なぜか、何度も人に裏切られたり、挫折が続くなど、途中で物事がうまくいかなくなってしまいます

逆に、学歴がなくて仕事の能力が低くても、普段から徳を積んでいるような人は、なぜか、常に助けてくれる人が近くにいたり、同じ波動を持った「魅力的な人」との縁を与えてもらえたりする

このように、今の生活感覚がしっくりこないな・・と感じる時は、果たして神的な視点で見た時に、「自分は幸せの道を歩んでいるだろうか」と、現在の状態を内観してみてください。

そこで、幸せの道に進んでいるはずなのに、なかなか願いが叶わない!という場合は、一つのやり方・考え方に固執している可能性があるので、そこを一つ一つ改善していくようにしましょう。

優しさでダメなら「強気」、強気でダメなら「服装」、服装でダメなら「話し方」、話し方でダメなら「顔のつや」といった形で、次々と手を出し続けることが大事

ひとりさんも『この地球は行動の星だよ♪』とおっしゃっているように、あの世は想念の世界ですが、それを実際に行動して経験するのがこの世。

なので、一つ行動する度に、「失敗してしまった・・」と落ち込む人もいますが、本当の失敗者は何も行動しないことですから、「失敗=行動の証」ですし、成功に一歩ずつ近づいていることにもなります。

宇宙の法則を学ばないと現実に振り回される【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、「宇宙の法則を学ばないと現実に振り回される」というお話をしたいと思います。

この世の中には、魅力的な人がたくさんいますが、その人達が皆、宇宙の法則を知っているわけではありません。

引き寄せの知識が全くなくて、スピリチュアルの能力も一切ないにも関わらず、なぜか、物事がトントン拍子でうまくいく人もいます。

そういう人は、生まれ変わりの回数が多く、魂もかなり成長している人なのでしょう

例えば、子どもの頃から才能を開花するケースでは、前世でその道のプロとなり、極めていた可能性があります。

また、「笑顔」「言葉」に気を使える人というのも、人から教わっただけでなく、魂がそのことの大切さをすでに知っているわけです。
.
.
一方、未熟な人の場合、人の心が理解できなかったり、地獄言葉ばかり吐いたり、無気力だったり、その中で、そういう生き方をすると、どんな人生になるのかを学んでいます

だから、そういった人と出会った時は、「この人はダメ」とか「この人は悪い」という見方ではなく、「まだ魂が未熟な人だから、このままいくとどうなるかを学ぶんだな・・」と、そう解釈するようにしましょう。

もちろん、その人の未熟な部分をサポートしたり、知らなくてできていない部分を教えてあげるなど、その人の「魂の向上」に貢献することは素晴らしいことですよ。

ただ、何を言っても聞く耳を持たない人に関しては、我の強さを通す中で学ぶ人生を送っているわけですから、必要以上に手を差し伸べるのは控えた方がいいでしょう

人間は生きていると、「あの人はこうでああで・・」と、正しく人を裁こうとしがちですが、神様の創造物にいいも悪いもありません。

神が創ったものを否定すれば、自分も他人から否定されるという因果になるので、決して、人に地獄言葉を吐いたり、冷たく不親切にしたり、そういうことはしないこと。
.
.
ちなみに、私自身の人生を振り返ると、『宇宙の法則』を学んで本当によかったな♪と感じますし、むしろ、学ばなければならない人生だったと思っています。

以前は、自分の身に起きること、自分と縁のある人、毎日の人生感覚、そういったもの全てが、幸せとは真逆の状態だったので、毎日、本当に何とかしたい!!と強く思っていました

おそらく、それが一時的な期間限定の不幸なら、何とかその時期だけを我慢して、簡単に忘れることができたのかもしれませんが、何十年と続いたものですから、「これは明らかにおかしい!」と感じるようになったんですね。

でも、今思うと、そこまで追い詰められていたからこそ、斎藤一人さんのお話を全て、素直に聞き入れることができたのだと思います。

もちろん、「素直に」とはいえ、長い年月で積み上がった劣等感がすぐに緩和するわけではないので、最初のうちは何度も反発心が芽生えましたし、天国言葉の口癖をやめて、地獄言葉で紛らわす時もありました

そんな中で、徐々に、その斎藤一人さんの学びが基盤となってきた時に、「小林正観さん」や「引き寄せの法則」を本で学ぶようになり、『幸せに生きるコツ』が少しずつわかってきたという感じです。
.
.
もし、目には見えない宇宙原理を一切学ばずに、今日まで生きてきたとしたら、おそらく、世の中のニュースに一喜一憂したり、周囲の人や環境にすぐ影響を受けたり、そういう「現実に振り回される人生」を送っていたと思います。

自分の中で一番の学びは、「人生にはシナリオがあり、生まれる前にそのシナリオを自分で決めて出てきている」ということです。

だから、「宿命」「定め」というのは、私にとってはものすごくありがたいこと。

なぜなら、生まれてから寿命が来るまで、『人生のシナリオ』が決まっているのであれば、強い劣等感でジタバタともがき苦しむ必要がないからです。

また、強い自我で苦労と戦ったり、ビクビクオドオドしながら人目を気にして、不安や恐怖心に右往左往せずとも、自分の意思で幸せの道に舵を切ることができます

この考え方の根本にあるのは、自分はあくまで「神様の創造物」であり、人間は生かしてもらっている存在!という解釈。

これが以前は、「全ての物事を自分の力で何とかしなければ・・」という考え方でした。

正直、これは、世の中で苦しそうに生きている人の特徴でもあると感じています

ただ、自我の強さで生きている人も、神様を宗教と誤解している人も、宇宙の法則を一切学んでない人も、日々、魂は成長しているので、何も問題はありません。

何度も生まれ変わる中で、いずれは理解することになるでしょう。