現状を変えたい時は『おかしい』の言霊!【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだ『現状を変えたい時は「おかしい」の言霊』というお話をしたいと思います。

引き寄せの法則やスピリチュアルなど、目には見えない因果関係に興味・関心を持つ人は、どちらかというと、内向的で自分と向き合うことを得意としています

その代わり、外向的な人よりも行動量が不足してしまったり、自己主張が控え目なだけに、他人からナメられやすい側面も持っているんですね。

もちろん、一概に全員がそうである!!と決めつけるわけではありませんが、個人的にはそういう傾向にあると感じています。

要は、優しい性格であるが故に、人の心を周囲よりも早く読み取ってしまい、『異論を唱える』ことに抵抗を感じてしまうということ。

長所としては、その「愛」「優しさ」によって、身近な人を助けてあげたり勇気づけてあげるところがあります。

一方で、短所としては、嫌なことがあって苦しくても絶対に逆らってはいけない!と、間違った道に流されてしまうこともある。
.
.
私が斎藤一人さんから教わった学びの中で、物事がうまくいかない時に、ふと思い出す言霊は『おかしい』です

ひとりさんいわく、現状がどれだけ苦しくても、脳は怠け者なので「おかしい」と言わない限り、その状態がずーっと続いてしまうとのこと

例えば、こんなに苦労が続いてきたのに、いまだに同じ苦労が続くのはおかしい!おかしいんだ!と、脳に何度も繰り返し言い聞かせるとします。

すると、ずっと楽をしていた脳は、「あ、このままじゃダメだ。別の考え方で、新しいエネルギー(波動)を出さなきゃ!!」と、ようやく動き始める。

ひとりさんの場合、子どもの頃から病気をして、学校にも行けなくて、学歴も中卒になってしまったけど、その現状に対して「おかしい!!」という言霊を唱えていました。

だから、学歴が無くても、大卒より7年も早く社会に出たんだから、人よりも前を走ることができるはず!と、前向きな解釈をすることができたんですね

また、マイナスが0になるだけでは振り出しに戻るだけ。もっと自分は幸せになれる!!「自分はすごいんだ!」と、常に向上心を持っていました。

その結果、商人として納税日本一になるほどの事業家に上り詰めたわけです。
.
.
あなたも、人生に行き詰った時などに、脳に対して『おかしい』と、異論を唱えてみてください。

例えば、病気にも同じことが当てはまります。

病気になる原因は、栄養過多や運動不足など様々ですが、実は、7割は「考え方」が引き起こしているといわれているんですね。

目には見えないストレスもそうですが、頑固な考え方、頑張りすぎてしまう、身近に許せない人がいる。これも、目には見えない血流不良の原因になります。

こういった考え方の間違いを修正してくれるのが「病気」「体の痛み」

要は、このままだとあなたは、苦しい現状を我慢しながら、無理をして頑張ってしまう。そしたら、もっと不幸な道を歩むことになる。

だから、そろそろ「その間違いに気付かせてあげよう!」という神様の愛が、体のサインとして表れるものなんですね。

よく、苦労が出たきた時は「乗り越えるのが正解」と言いますが、実際は、『苦労=ストップ』の合図!

「おかしいな。何でこんなに苦労が続くんだろ・・・」と、一旦、考え方を軌道修正しなければなりません。

もちろん、その困難を突破して成功をつかむ人もいますが、宇宙の法則の観点からすると、今の成功は、過去の幸せが引き寄せたもの。

ということは、今を苦しんでしまっている人に待っている未来は、さらなる苦労です

自分に素直になることも大事。愛と優しさを持つことも大事。でも、何かしっくりこないな!と感じた時は、「おかしい!!」と異論を唱えるようにしましょう。

「病」と「気」を一緒にしちゃダメだよ【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

斎藤一人さんの一日一語を要約した、一日一伝をお送りいたします。

本日の一日一伝は、『「病」と「気」を、一緒にしちゃダメだよ』
.
.
病気のときはね、気を離して、病だけにしちゃえば、たいがい治るんだよ。

病気というのは、体がなるものであって、心までは病気にならなくていいんだよ。

病気だから暗くなっちゃうとか、ふさぎこんじゃう必要はないんです。

心は病気じゃないんだから。

本当は体だけが悪いんだから、心は元気でいたほうがいい。

心が元気な人は、治りが早いんだよ。

さいとうひとり
.
.
ここからは、斎藤一人さんの、「病気」に関する名言集をお届けいたします
.
.
私は、お医者さんがいらないと言っているのではありません。薬がいらないと 言っているのでもありません。だけど、食事に気をつけて、運動もして、考え方も直して、それではじめて、薬も効くのです。自分の考え方の間違いとか、食事、生活の間違いで病気になったのに、自分の間違いを直さない。

さいとうひとり
.
.
.
脳はストレスがあると、体のどこかに痛みを出す。たとえば、胃痛とか、腰痛とか。昔よく、病は気から!って言ってたよね。気って何ですかって、脳なんだよ。脳は、ストレスが出てくると、それをまぎらわすために、どこかに痛みをだすんだよ。

さいとうひとり
.
.
.
同じようなものを食ってて、同じような生活してて、病気になる人とならない人がいる。おかしい!って自分の脳に言ってごらん。それ、脳がやってるんだよ!ってわかって、毎日、脳に言うようになったら、どんどん良くなっていく。本当に良くなるんだよ。

さいとうひとり
.
.
.
体は絶対、絶対に間違えません。体は神が創ったものです。あなたの体に、神がいるのです。だから、食べたものとか、吐いたときは、どうしたんだろう。なんか、悪い病気かな……って、必要以上に不安がらない。吐くときは吐けばいいのです。

さいとうひとり
.
.
.
病気で入院している人でも、幸せだなあ。まだ、生きているんだから。と思える人は、ずっと幸せ。

さいとうひとり
.
.
.
お医者さんにだけ、治してください!というのは、お医者さんがかわいそうです。それは無茶ですよ。あなたが病気をつくったんですよ。車なら、修理屋に持っていって、ガチャガチャ修理してもらえば直ります。だけど、神が創った体は、車みたいに、ガチャガチャやっても治せないのです。

さいとうひとり
.
.
.
松下幸之助さんはね、自分を出世させたのは、三つのことしか考えられない!って言うんだよ。三つとは、「家が貧乏」「学校へ行ってないこと」「病気だったこと」。松下さんは、家が貧しかったから、金持ちになろうとした。学校へ行ってないから、本を読んで勉強した。体が弱いから、他の人を育てた。

さいとうひとり
.
.
.
どんな伝染病が流行っても、死なない人は必ずいるんです。健康な人はかからないのです。ましてや、生活習慣病、慢性病みたいなものは、菌性ではありません。100%自分の責任で、病気になるのです。みなさんは、そのことを知らないだけなんですね。

さいとうひとり
.
.
.
私は元気ですよ。こんなもんで十分です!とか言ってる。そんな強気な病人って、珍しいんだよ。そういう人って、たいてい治っちゃう。病気っていうのは、気が患うんです。弱気になると、病気になりやすくなる。病院に行くなというんじゃない。病院に行きながら、強気で生きていけばいい。

さいとうひとり

末期がんが自然治癒した人のある共通点【小林正観】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんが尊敬する、小林正観さんから学んだ「末期がんが自然治癒した人のある共通点」というお話をしたいと思います。

小林正観さんいわく、末期がんが自然治癒した人には、ある共通点があるといわれています。

それは、「笑いの効用」を取り入れ、がんになったことを受け入れることができたこと。

そして、がん細胞にさえ感謝できるくらい、「がんになってからの方が幸せだった!」と感じる人生を送ったことです。

例えば、がんになったことがきっかけで、『趣味を楽しむ仲間』ができたり、仕事が忙しくて行けていなかった『海外旅行』に行って、最高の思い出を作ったり。

こうして、がんにならなければ実現しなかったであろうことを、一つ一つ実現させたことで、末期がんが自然治癒した人もいるんだとか。

また、知的障害を持つ人で、がんになる人は少ないといわれていて、その理由は、「ストレスを受け流す柔らかさを持っているから」なんだそうです。

なので、これまでに、強いストレスを感じる環境で生活してきた人にとって、一番の薬となるのは「笑顔になれる時間帯」を作ること。
.
.
斎藤一人さんは、がんになる人の特徴は「頑固」「頑張りすぎ」とおっしゃっています。

ずーっと、我慢や努力を続けてきた人には、そうせざるを得なかった「様々な事情」があったのだと思います。

その生き方を、誰も否定することはできませんし、一切、責めることもできないでしょう。

ただ、末期がんになってしまったのであれば、これからの人生を「病気になったおかげで幸せになった」と、そう思えるような展開に持っていくしかありません。

そんな中、病気になった時に、「この病気と闘って勝つ」ことを考える人もいますが、果たして神様は、その姿を望んでいるでしょうか。

当然、「がんが完治する」という結果こそが、がん患者にとって一番の望みです。

ただ、神様からすると、「もう十分がんばってきたのだから、もう少し周囲の人に感謝して、小さな幸せに目を向けけるんだよ!」というメッセージなのかもしれません。

要は、神的な視点で見ると、何かかしらの学びに気付くために、病気というものが存在しているんですね。

だから、病気になった時は、この機会に『自分にとっての幸せとは何なのか。。』と、改めて人生を振り返り、自分の素直な気持ちに応えてあげることが大事。

病気は、「食事」「運動」「病院の薬」で治るもの!と思う人がほとんどですが、実は、『考え方の修正に気付かせるための手段』として、起きる現象でもあるんです。

この話は、信じられる方だけが参考にしてみてください。
.
.
ちなみに、あなたは日本人でがんになる人の割合が、「減るどころか増え続けている」という現状をご存知ですか?

よく、生涯に2人に1人はがんになると言われていますが、これだけ医療が進化しても、お医者さんの数が増えても、がん患者の人数は減っていないんです。

その理由は。「検診を受ける人が少ないから」というのが一つ。

他には、栄養の摂りすぎ、食べ過ぎ、運動不足といったものも原因になっています。

とはいえ、いまだに『がん患者が増え続けている現状』は、何かおかしいと思いませんか?

個人的には、斎藤一人さんや小林正観さんがおっしゃっているように、頑固、頑張りすぎ、感謝がない、笑顔がない、我が強いなど、こういった『考え方』の部分が大きいと感じています。

おそらく、苦しい我慢や努力の先に、明るくて楽しい幸せが待っている!と、思い込んでいる人が多いのでしょう。

でも、宇宙の法則では、「今を幸せに生きる ⇒ 未来の自分も幸せに生きられる」という考え方なんですね。

これは、少し説明が難しい部分もあるのですが、『今をいい気分で過ごすこと』は、あなたの想像をはるかに上回るくらい、とても大切なことなんです。

物理的には、目に見える行動だけが、全ての結果につながっているように見えますけどね。

この宇宙の創造主は神様であり、決して人間ではありません

人間の力だけで何とかできるなら、とっくに皆が幸せになっているはずです。
.
.
小林正観さんいわく、人間は生まれる前に人生のシナリオを決めてきているとのこと。

『命』という漢字は、「人は、一度は、叩かれる」と書きますよね。

人間にはどんな人にも定めがあり、どこかのタイミングで、大きな試練が一つは来るといわれています。

例えば、受験の失敗とか、会社の解雇、離婚トラブル、病気など様々です。

だから、生きていると「何で自分はこうなったのか」「何も悪いことはしていない」と、嘆きたくなることもありますが、そのままでは、神様からの試練(学び)を放棄することになります

私の経験上、人生で起こる大半の問題は、『我の強さ』を弱めるとうまくいくことが多いです。

例えば、我が強い人ほど「必死に頑張ります」と言いますが、『必死』という漢字は必ず死ぬと書きますよね。

ということは、必死の状態になっている時点で、すでに「幸せの道」から外れている!ということになります。
.
.
だから、今の自分の「素材」と「強み」を生かして、今できることをやったら、あとは何も望まないこと。

未来のことは全て『神様におまかせ』という意識を持つと、現状の良し悪しに関係なく幸せ!結果が出ても出なくても感謝!という感覚になってきます。

要は、自分の身に起こる問題は、自我の力では解決しないから悩むわけで、何も望まなければ悩みにはなりません。

つまり、世間の言うような「神様を信じる=宗教」ではなく、「神様を信じる=我の強さを弱めてお任せする」感覚を持つことが大事。

このことを知っておくと、明るく生きて、人に親切にすることだけに意識が向くので、気軽な状態になりますし、なぜか、いい現象が起きるようになります。

苦しい我慢や努力ではなく、淡々と幸せの道を歩んでいきましょう。