朝起きて「ありがとう」を100回言った結果【小林正観】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんが尊敬する、小林正観さんから学んだ『朝起きて「ありがとう」を100回言った結果』というお話をしたいと思います。

ひとりさんも正観さんも、共通して「ありがとう」を、たくさん口にした方がいいよ♪とおっしゃっています。

その理由は、「振動数」「波動」「エネルギー」など、目には見えない「因果関係」の存在によって、身に起こる現象が大きく変化するからです。

ただ、とはいっても、なぜ天国言葉を言わなければならないのか、「もっと現実的な理由を知りたい!」という方も多いのではないでしょうか。

実は、現実的な観点では、人間が「ありがとう」という言葉を発するたびに、「脳」がある反応を示すようになっているんですね
.
.
例えば、あなたが朝起きて、「ありがとう」を100回言ったとします。

すると、脳は、何で今、自分は100回もありがとうを言ったんだろう。。

何か、いいことでもあったかな。いや、何もないな。でも、確かに今、「ありがとう」って100回言ったよな。。と、こういった反応をします。

そして、あなたが「ありがとう」を口にした理由を探し始めるのです
.
.
☆今日は、天気がよくて暖かくて過ごしやすい一日になりそうだな♪ありがとう。

☆朝ご飯が美味しいなぁ。やっぱり食事の時間って幸せだよな。ありがとう。

☆そういえば、昨日、あの人に親切な言葉をかけてもらったな。感謝。ありがとう。

☆最近、寝つきが悪くて寝不足だったけど、昨晩はよく眠れた。よかった。ありがとう。

☆毎日、仕事が大変だけど、職があって給与がもらえるのはうれしいこと。ありがとう。
.
.
このように、人間は先に口にした言葉に対して、合理的な事実に当てはめて解釈しようとする働きがあるんですね。

だから、目には見えない因果に納得できない方も、このような「現実的な根拠」を理解することで、天国言葉を口にする習慣を身につけることは可能。

ただ、当然ですが、「ネガティブな言葉」を毎日言っている人には、脳がそれに応じた反応を示すこととなります

例えば、毎朝、「つらい」「苦しい」「つまらない」「面倒くさい」「嫌だ」といった、地獄言葉を100回ずつ口にしていると、脳は、「今、何が苦しいんだろう」「これもあれも確かに面倒だな」と、言葉通りのものを探し始めるのです。
.
.
★なんだ、今日は「雨」かよ。気温も低くて寒いし、会社に行きたくないな。嫌だなぁ。

★朝ご飯なんかどうでもいいや。食事に時間を使う暇がもったいない。面倒くさい。

★そういえば、昨日、あの人に文句言われたな。なんか腹立つ。仕事もつまらない。

★昨晩は飲みすぎたから、何だかだるいな。寝すぎちゃって余計に体が重い。つらい。

★毎日、仕事ばかりで残業も多いし、給料も少ないし、やってられない。生活が苦しい。
.
.
このように、地獄言葉に対しても「脳」は、その言葉を合理的な事実に当てはめて、解釈しようとする働きを持つので、十分に注意しましょう。

あなたが、何気に口にした言葉であっても、脳はちゃんと記憶していますし、それに応じた「思考」をあなた自身に与えようとします

なので、もしかしたら、今あなたが抱えている問題は、周囲の人が原因なのではなく、あなた自身が生み出した言葉と思考が、現実を作っているだけなのかもしれません。

もちろん、あなたが、天国言葉を言うか、地獄言葉を言うかは、毎日、あなたが自由に決めること

ただ、そういった日々の小さな積み重ねの先で、大きく好転するか、大きく転落するか、その運命の分かれ道は、遅かれ早かれ訪れることになるでしょう。

『おかえしの法則』3つの元気エネルギー【小林正観】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんが尊敬する、小林正観さんから学んだ『「おかえしの法則」3つの元気エネルギー』というお話をしたいと思います。

人間には、与えられると元気になる「3つのエネルギー」があります。

それは、感謝、笑顔、賞讃の3つです

この3つの頭文字が「か・え・し」なので、正観さんは『おかえしの法則』と名付けました。

ちなみに、この法則の反対の意味は、不平不満、不機嫌、粗探しなど、人間のエネルギーを奪い取るもの。

このような、相手の元気が失われるような言動は、絶対にとってはいけません

自分に対しても、周囲の人に対しても、何だか調子がおかしいなと思った時は、おかえしの法則を意識して、3つのエネルギーを吹き込んであげるようにしましょう。
.
.
また、感謝・笑顔・賞讃を実践する上での注意点としては、「頑張って!」という言葉を使わないこと。

「頑張って」と声をかける行為は、前向きな言葉のようにも思いますが、実は、その人がこれまでやってきたことの多くを、否定してしまうことにもなるんですね。

もちろん、人によっては「ありがとう」と素直に受け入れる人もいると思いますよ。

でも、本当は、「今のあなたは、十分に頑張ってるよ♪」と、相手の現状を褒めてあげた方が、元気を取り戻しやすくなります

この『賞賛』を受けた人には、どんどんプラスのエネルギーが貯まっていくので、ぜひ、身近な人を日頃から褒めてあげてください。

これは、人に限った話ではなく、例えば、骨董品や美術品なども、人から褒められることが多いので、なぜか、物の値段以上に価値を感じるものです。

あの「富士山」も、何十億という人々から賞賛を浴びてきたので、エネルギーがダウンしている人も、富士山の前に立った瞬間に、不思議と、エネルギーが体内に流れ込んでくるような感覚になります
.
.
これと同じように、人間も褒められれば褒められるほど、パワー全開の状態になっていくものなので、このことを普段から意識し、心がけていきましょう。

今まで、人を褒めたことがない人は、「すごいですね」「素晴らしい」「お似合いですね」「素敵です」「かっこいい」「可愛い」など、褒め言葉を覚えるところからスタートしてもいいと思います。

多くの人は、褒めるどころか、「世の中そんなに甘くない」とか「自分に厳しく、人には優しく」といった言葉を使いますが、その思考がそのまま現実になって返ってきているだけ。

「世の中は楽しくて幸せに満ち溢れている」「自分に優しく、人にも優しく」と、皆がそういった波動を出した方が、全体のエネルギーはよくなっていきます。

なので、感謝、笑顔、賞賛、この3つを大事にすること。

自分自身が元気を失っている時も、身の回りの人が落ち込んでいる時も、この3つのエネルギーを補充することで、少しでも状態は回復に向かっていくので、ぜひ、実践に移してみてください。
.
.
以前、斎藤一人さんがおっしゃっていましたが、日本人は「褒める人」よりも「褒められたい人」が多いんだそうです

でも、本来であれば、人を褒める側に回った方が「得」になることが増えていくもの。

例えば、「あの人と一緒にいると元気が湧いてくる」と思われると、どんどん人が集まってくるようになり、仲間を作ることができますよね。

また、商売をやっている人にとっては、「あの人にまた会いたい」「同じ商品ならあの人から買いたい」と思ってもらえたら、人が集まるだけで商品は売れるようになっていきます。

このように、常に『感謝、笑顔、賞賛』の3エネルギーを維持しながら、楽しく幸せな人生を送っていきましょう。

完璧主義な人ほど「花粉症」になりやすい【小林正観】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんが尊敬する、小林正観さんから学んだ『完璧主義な人ほど「花粉症」になりやすい』というお話をしたいと思います。

今回のお話は、ちょっと不思議な内容なので、信じたい方だけ参考にしてみてください。

体の病気は、物理的な要因によって、肉体に表れる症状という観点で見られがちですが、実は、宇宙の法則では、「考え方」が大きな影響を与えているものなんですね

小林正観さんが花粉症の人を観察し続けた結果、花粉症の人には「完璧主義者」の人が多い!ということがわかりました。

そこで、20年間も花粉症に悩まされていた男性が、正観さんの話を聞いて、「確かにがんばりすぎていたかもしれない」と、なるべく力まず、『いい加減』を意識して過ごすようにしたんだとか。

すると、なんとその年は、例年の15~20%程度しか症状が出なかったんだそうです
.
.
これってすごい発見ですよね。こういう話を信じて実践できることもすごいですし、結果として花粉症が改善できていることも素晴らしいと思います。

世の中の9割の人は、花粉の量が増えている、マスクが必須、食べ物が大事、鼻のケアを何とかしなければと、まずは物理的な対策を考えますからね。

そんな中で、「自分の考え方を改めよう」という点に気付ける人は、あまりいないわけですから、行動に移せるだけでも本当に素晴らしいこと。

だから、例えばテストで95点とった人は、5点足りなかったから悔しい。。と思うのではなく、「95点とれてうれしい!」と、素直に喜ぶだけでも、完璧主義を回避することができるのでしょう

いつも真面目な人に対して、もうちょっと「いい加減な人になったら?」とは、言いにくいものですが、いい加減というのは「よい加減」のこと。

あまりがんばりすぎず、さぼりすぎず、ほどほどに!という意味です

なので、『よい加減で、自分の能力に見合った生き方をする』ようにすると、花粉症の緩和につながる可能性があるので、ぜひ、これは一人でも多くの方に実践して頂けたらと思います。
.
.
よく、「思考が現実になる」と言われますが、これはまさにその通りで、花粉症の人は、スギ花粉が目の前を通り過ぎるのを黙って見ていられない人なんですね。

何かこう、一言二言、文句を言いたくなる!という特徴があるようです

不思議なもので、「辛い、悲しい、つまらない」と思っていると、なぜか、「じゃあ、病気にでもなって小さな幸せから気付いてみようか」と、病気を通じた学びを経験することになります。

また、一方で、「うれしい、楽しい、幸せ」と思っていると、なぜか、どんどん元気になっていきますし、病気になっても、すぐに回復の方向に向かうことになるんですね。

もちろん、「因果の相殺」や「寿命」もあるので、全ての出来事が言霊だけで決まるわけではありませんが、なるべく、前向きな言葉を使った方が、明るい人生を送ることができます

最後に、花粉症に限らず、体の異変というのは『今の考え方に間違いがあるよ!』という一つのサインなので、完璧主義な人は許容範囲を広げ、頑固な人は柔軟な考え方を持つようにしましょう。