『聖なる数字「3・5・8」』神様からのメッセージ

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんが尊敬する、小林正観さんから学んだ『聖なる数字「3・5・8」神様からのメッセージ』というお話をしたいと思います。

あなたは普段、「数字」に対して、何か意識的にこだわりを持つことはありますか?

小林正観さんいわく、3・5・8の3つの数字には不思議なパワーが宿っているんだそうです

それは、偶然巡り会った数字であっても、意識的に選んだ数字であっても同じで、3・5・8は「聖なる数字」といわれています。

例えば、あなたの免許証や健康保険証、生年月日、電話番号、名前の画数などで、3・5・8の数字のどれかが入っていませんか?

もし、入っているのであれば、神様からのメッセージを受けやすく、幸運なことも起こりやすいようです

具体的な事例としては、銀行口座の暗証番号に3・5・8を組み合わせた数字を使用してから、「預金口座のお金が増え続けて、減っていかない」という報告が複数人からあったんだとか。

また、車のナンバーを358にしたところ、燃費が2~3割よくなったという人もいます。
.
.
もちろん、全員が全員というわけではないと思うので、「へ~、そういうこともあるんだ」くらいの感覚で、知っておいて頂けたらと思います。

こういう話は、「嘘」か「真実」かという議論をしても、必ず賛否両論あるもの

だから、あくまで自分自身が幸せに生きるために、必要性を感じた人が楽しく取り入れるものとして、気軽に解釈してみてください。

ちなみに、お釈迦様が悟りを開いたのは、35歳の12月8日。

お釈迦様の誕生日は4月8日なので、35歳と8ヶ月になった時に悟ったことになります。

聖書の中には、「358」は聖なる数字、「666」は悪魔の数字という記述があるそうです

西遊記の中で三蔵法師がシルクロードを旅していた時に、従者としてお供していた人が、沙悟浄(さ=3)・孫悟空(ご=5)・猪八戒(は=8)の3人。

また、徳川家でよく知られている将軍は、3代(家光)・5代(綱吉)・8代(吉宗)

さらに、奈良や京都などの『都(みやこ)』を数字に置き換えると385ですし、日本への仏教伝来も538年です。
.
.
「こんなの偶然だろ?」と言う人がほとんどかとは思いますが、個人的には、「3・5・8の数字に不思議なパワーがある」というのは、とても面白い考え方だと感じました。

あなたも、何か数字を自由に選択できる機会があった時は、ぜひ、活用してみてください。

小林正観さんの教えも、斎藤一人さんの教えも、役に立つお話、参考になるお話、楽しいお話がたくさんあります。

でも、その一つ一つに対して、「やってみたけどダメだった」とか、「あの人の言っていることは詐欺だ」という解釈をするのは間違いです。

なぜなら、自分が「この人の教えでは幸せになれない」とわかったのであれば、師匠を変えればいいだけのことですよね。

自分と相性のいい師匠を見つけて、幸せの道を歩んでいけば、それで何も問題はないはず。

ただ、どんな人の教えを学んだとしても、「これをやれば絶対に成功できる!!」といった方程式のようなものが、存在するわけではありません。

あなたが、実際に行動してみて、「幸せの感覚」「成功の手ごたえ」を感じるものが、あなたにとって必要なもの

だから、どの教えを日常に取り入れるかはあなた次第で、自由に決めることができます。

その中で、どのやり方が通用するかは、人によって異なってくるので、何度も試行錯誤しながら、幸せに向かって「改良」を繰り返していくようにしましょう。

問題が起きた時に必須の5次元的解決方法【小林正観】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんが尊敬する、小林正観さんから学んだ「問題が起きた時に必須の5次元的解決方法」というお話をしたいと思います。

あなたは、自分の身に何か問題が起きた時、どのような方法で解決しようとしますか?

すぐに誰かに相談する人もいれば、常に自分で解決しようとする人もいますよね。

小林正観さんの教えでは、問題を解決するための方法が、主に5つあるといわれています。
.
.
◎解決策1:戦うこと。
→相手を説得するなど、問題と正面から向き合って、自分の意思を通す。

◎解決策2:逃げ出すこと。
→学校や会社に馴染むことができなかった時に、その環境から離れる。

◎解決策3:我慢すること。
→誰に何を言われようが「仕方ないから」とあきらめて、ひたすら我慢に徹する。

◎解決策4:気にしないこと。
→我慢をしなくても、自然と気にしない状態を作ることができる。

◎解決策5:気にならないこと。
→問題を問題だと認識しないので、問題自体を生み出さない。
.
.
上記の5つが、正観さん流の問題解決法となります。

ちなみに、解決策1~3が「3次元的解決法」:物質社会・経済社会のこと。

解決策4は「4次元的解決法」:精霊や守護霊がすんでいるんだそうです。

そして、解決策5が「5次元的解決法」:神や仏がすむ世界といわれています

さすがに、5次元の解決方法は、少し難易度が高いと感じる方が多いかもしれません。
.
.
『問題が気にならない』領域に入るには、相当な「器量」や「忍耐」が試されるでしょうからね。

人からちょっと「鈍感だね。。」と言われるくらいでなければ、問題を抱えながら、心穏やかに過ごすことは難しいと思います。

例えば、「あれ?ちょっと太った?」と言われた時に、怒ることもできるけど、怒らないこともできる。

もし、感情にまかせて怒ったとしたら、怒った瞬間に、相手から言われたその一言が「問題」になってしまいます

だから、問題を起こした人は誰?と考えるのではなく、問題にするか否かは自分次第と考える。

このように、もともと問題が生じないような生活を送ることで、問題解決が可能!ととらえるのが小林正観さんの教えとなります。
.
.
ここからは、個人的な主観も踏まえてのお話。

斎藤一人さんや小林正観さんの教えを学ぶ目的は、「教えを絶対に守り抜くため!」ではなく、それらを参考に「あなたが幸せな人生を送るため」ですよね。

もし、あなたが、どうしても「4と5の問題解決法」の実践が難しい!と感じた場合は、無理をせず、1~3の問題解決法に切り替える「柔軟性」を持つことが大事になってきます

なので、いざという時は、神様が人間に与えた「知恵」を使い、相手や状況に応じて、「気にしない・気にならない」以外の、他の選択肢をいくつか用意しておくようにしましょう。

例えば、無視をする、距離を置く、縁を切る、笑って受け流す、冷静に対応する、毅然とした態度をとる、誰かを味方につける、法的手段をとる、相手の発言を録音するなど

なぜ、このような選択肢が必要かというと、人間として生きている以上は、理想に近づきつつも、基本的には『現実的な解決策』を用いる必要があるからです。

また、言われっぱなしにしてしまうと、相手が図に乗って、甘く見られる機会が多くなるかもしれないので、「そういう発言はやめてください!!」と、はっきり言うこと。

それによって、相手が文句や悪口を言わなくなれば、その人の「魂の成長」に貢献することにもなりますからね。

そして、何よりあなた自身が、自分を愛し、自分を大切にすることにもなります。

素直に人に迷惑をかけながら生きなさい【小林正観】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんが尊敬する、小林正観さんから学んだ「素直に人に迷惑をかけながら生きなさい」というお話をしたいと思います。

よく、親が子供に対して、「人に迷惑をかけてはいけないよ」という言葉を使います。

この言葉は、人に害を及ぼしたり、警察沙汰になるようなことはしちゃいけないよ!という意味で、使われるものなのかもしれません。

ただ、中には「迷惑」に対する間違った解釈をしてしまう方もいます

例えば、年をとると人に迷惑がかかるから自分一人で生きていくとか、自分の存在が場の空気を悪くしてしまうから仲間はいらないなど。

要は、「人に迷惑をかけてしまうとダメだから。。」といった理由で、過度に委縮してしまい、頑固になって、自分を卑下してしまうケースです

一見、このような姿勢は「謙虚な人」にも見えますが、幸せな人生を送る上では、その考え方が足を引っ張ることも多いのではないでしょうか。
.
.
何か困っていて助けてほしい時、相談に乗ってもらいたい時、不安や心配事があって抱え込んでいる時も、人の力を借りたら迷惑がかかるかもしれない。

そう思ってしまうと、非常に息苦しい人生になってしまいますよね

また、「自分は人に迷惑をかけていない、正しく生きている!!」という概念は、見方を変えると、「いつも自分の力だけで生きている!」という『傲慢さ』にもなります。

そうなると、いつも素直で、周囲の人に可愛がられながら「成功の道」を歩んでいる人を見ると、なぜか許せなくなってしまうんですね。

そして、次第に劣等感も強くなるので、「自分一人でもすごい結果を出せるはずだ!」と、意地やプライドが先行してしまうようになります

でも、最低限の法律やルールは守るにしろ、基本的に、人間は人に迷惑をかけながらしか、生きていくことはできません。
.
.
小林正観さんもおっしゃっているように、人間は、たくさんの人、物、動物、植物に迷惑をかけながら生きています

お米、麦、魚、豚、牛など、あなたが生きていくために、多くの犠牲が伴っているんですね。

そう考えると、「迷惑をかけるのは申し訳ない」ではなく、「自分を支えてくれている存在に感謝しながら生きていこう!」と、そういった前向さを持った方が幸せ。

例えば、老後の生活においても、神的な視点でみると、助ける側にも「奉仕」の学びがあり、助けられる側にも「感謝」の学びがあります

なので、体が不自由になった時は、素直に「ありがとう」と言いながら、お世話になることがあなたにとっての修行です。

そこで、見栄や意地を張りたくなっても、迷惑をかけないことが「愛」ではありません。

素直にお世話になれば、「お世話をする人」にとっては徳を積むことになるわけですから、あなたは、現状を受け入れることが、相手に対する「愛」になります
.
.
つまり、自我の強さで生きてきた人ほど、病気や老化を通じて、「自分一人の力は無力でたいしたものではない」ことに気付く『定め』があるということ。

世の中には、傲慢で意図的に迷惑をかける人もいれば、真面目で人に迷惑だけはかけたくないと思っている人もいます。

ただ、おそらく前者と後者は1:9くらいの割合で、後者の考えを持った人の方が多いと思います。

どちらにしろ、「感謝」を学ぶ人生につながっていくもの

自立心を持って強く生きるのは自由ですが、人間は死に向かっていく過程で、必ず人に迷惑をかけながら、「感謝の心を持ち素直に生きる」ことになります。

今、このことに気付いた人は、今のうちから、身近な人や人との縁、衣食住を大切にしながら生きるようにしましょう。