口コミ効果を狙った健康食品の販売戦略【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの「健康食品を広めた一か八かのアンテナ戦略」というお話について、解説いたします。

今回は、ひとりさんの銀座まるかんに限った話というよりも、商売を行う上での考え方や、健康食品の特徴に関する内容になっています。

健康食品というのは、ご存じの通り大きな市場です。ただ、市場は大きいけれど、テレビなどのメディアで宣伝しても、なかなか売れないという側面を持っているんですね。

それはなぜかというと、売れるほどの宣伝をすると保健所から呼び出しが来てしまうからです。だからといって、呼び出しが来ない程度の宣伝では、あまり売り上げを伸ばすことができません

また、だったら「安売り」をすれば売れるんじゃないの?と思うかもしれませんが、健康食品は安いといっても、どのくらいの値段が安いのかがはっきりしませんし、どのくらい効くのかもわからない商品です。

それなら、とにかくその健康食品を認知してもらうために、ひたすら「チラシ」を撒いたらいいんじゃない?と考えるわけですが、チラシの効果はいずれ薄れてきますし、常にお金もかかってしまいます。

このように、一般的な販売戦略で今までのやり方を貫く手法は、この業界ではなかなか通用しません。

そこで、斎藤一人さんは、ライバルが少ないところにお店を建てるのではなく、「同じ場所に複数の店舗を構える」という戦略をとりました。正直、これだけを聞くと何の意味があるのかわかりませんよね。

実は、ポツンと一軒だけ建てた取扱店と、同じ場所に複数の店舗を建てた取扱店を比較したところ、なんと後者の店舗の売り上げの方が圧倒的に伸びたのです

普通に考えたら、競合店が存在しない場所に一軒のお店を建てて、そこに一点集中で集客しようと考えるのではないでしょうか。

しかし、実は、携帯電話の店舗と同じように、例えば、千葉県に一軒しか店舗がないとしたら、その一軒だけの売り上げを伸ばすことは難しいのです。

それよりもアンテナを複数立てて、商店街が100mなら、その範囲内で4~5軒のお店を作った方が売り上げは伸びるということ。

もちろん、これはひとりさんの銀座まるかんの事例ですから、必ずしもこのやり方が全てのお店に当てはまるとは限りませんよ。

ただ、実際にそれで売り上げがUPしたということと、あとはその地域に住んでいる住民の方の「口コミ」の効果も大きいので、「私も治った、私も治った。。」という話題が沸騰することで、お客さんの数が次第に増えてくるという特徴があります。

つまり、世の中にはアトピーで悩んでいる方もいれば、膝が痛い、腰が痛いなど、各家庭にそういった人は必ずいるわけですが、そういった人は「身近な人で治った!!」という話を聞くことで、そのお店に行くようになります。

このように、通常の事業とは違って、マスメディアの宣伝媒体が効かない以上、口コミ効果を狙う必要があるのです。ある意味、運任せといわれても仕方がない手法。

しかし、仮に、テレビでの宣伝がうまくいったとしても、そこから健康食品が話題になって、SNSなどで拡散されることはほとんどありません。

本当に「妥当な値段」なのかが不透明であり、本当に「効果があるのか」が不透明である以上、一ヶ所に複数の店舗を建てて、たくさんアンテナを張ることで、そこで実際に効果を感じた人達の中で話題となり、家族・親戚・友人・知人と、連鎖的にお客さんが増幅していくのです

今回の話はちょっと特殊なケースかもしれませんが、健康食品の業界で生き残りを考えた時に、意外と「一つの店舗だけで勝負するのはリスクが高い」という事実があり、斎藤一人さんがそういった戦略をとっているというのは、事業家にとって一つの参考になるかと思います。

体が弱かったから自分で青汁酢を作った【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの「銀座まるかんを創業した経緯」というお話について、解説いたします。

ひとりさんは、子供の頃から体が弱く、本当に起きられないくらい体が重くてだるかったんだそうです。それで、しょっちゅうお医者さんが来て注射を打たれていました。

他の子ども達は元気に走っているのに、自分は立ち上がる動作だけでも精一杯の状態

当然、親御さんがひとりさんのことを心配して、西洋医や漢方などいろんなことを試しましたが、それでも治りませんでした。

そんな中で、本を読むのが好きだったひとりさんは、毎日1~2冊の本を読んでいたんだそうです。お風呂でもトイレでも本を読み、寝て起きたらまた本を読むという生活。

こういった生活だけを見ると、世の中には同じような人がいるかもしれませんが、ひとりさんの場合は、ちょっと変わった側面を持っていたのです。

なんと、本屋さんに行くと「自分に必要な本」が、なぜか出っ張って見えるんです。そして、本を読んでいると必要な言葉が浮き出て見えるんだそうです

しかも、そこで見た言葉は何年でも忘れないだけでなく、後々に、必ず使うことになるんだとか。

これは、普通に考えたらあり得ない話ですが、ひとりさんの場合はちょっと変わった人ですから、不思議な体験をすることが多くありました。

また、いろんな本を読みながら、自分の体がどうやったら健康になるのかを勉強しているうちに、ひとりさんは、人間の体が簡単な仕組みでできていることに気付きます

その簡単な仕組みとは、人間の体は「肉体」「魂」の2つでできているということ。

肉体は食事でできているので『食事のバランス』をとればいい。食事のバランスが摂れてくるときれいな血液ができてきれいな細胞ができます。また、魂というものは、『考え方』でどうにでもなることがわかりました。

つまり、不健康の原因は、食べ物が悪いか考え方が悪いという結論に達したのです

ただ、当時は健康食品が無かったので、自分で作った「青汁酢」を飲んでいたんだそうです。

そんな時、具合いの悪いお姉さんに飲ませてあげたら、そのお姉さんが元気になり、隣のおばあさんも元気になり、そのうちに、いろんな人がタッパを持って訪ねてくるようになりました。

そして、ものすごい数の人が「原料代を渡しますから」と言って来るようになり、仕入れにいかなければ量が揃わなくなってしまったんです。

そういった経緯で、斎藤一人さんは営業や仕事を全くしないまま、「日本漢方研究所(銀座まるかん)」の会社を創業することになったのです。

さらに、精神的な話を聞きたい人も増えて、ブラジルから来る人もいればテープレコーダーを持って聞きに来る人もいました。

しかし、当時、国自体が健康食品を認めてなかったため、その青汁酢は「食前の方が吸収がいいよ!」とか、「何粒飲むといいよ!」と言っただけで逮捕される時代。

しかも、そのことが「薬事法第何条に違反しました」という形で、犯罪者のように新聞に載る時代だったので、その活動を続けること自体がリスクでした

ただ、ひとりさんに助けられた人達は、強い恩を感じているので、大学病院に行ってひとりさんの話をして人を連れてくるなど、「先生のことは命がけで守るからこの運動を続けてください」と、そう言っていたんだそうです。

ひとりさんは、「自分の周りについてきた人が逮捕されるようなことはできない!」ということで、しばらくの間は、あまり規制が厳しくなかったダイエットの商品を取り扱うことにしました。

その時みんなに、「いつか必ず、この青汁という元の原点に戻るから!」と約束。この約束は、銀座まるかんによって見事に果たすことができました。

そして今でも、昔のように10人20人で膝をつき合わせて、仲間と語り合うのがひとりさんの楽しみとなっています。

『渡り鳥経営』競争よりも協力が必要な時代【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「渡り鳥経営」についてのお話。

ひとりさんが創業した銀座まるかんの日本漢方研究所では、競争よりも協力することを大事にしています。

以前のお話にもありましたが、21世紀は「立場的に強い人」も「主張の正しい人」も苦しくなってきてしまう時代。

つまり、これからは、強さや正しさを理解した上で「楽しむ時代」であり、より魅力的で楽しい思考を持った人が生き残りやすくなるんです。

なので、ひとりさんの会社でも競争を煽るようなことは一切せず、協力しながら楽しく仕事をしていこう!という方針で活動しています

この考え方は、仕事以外でも例えば、学校の教育などに当てはめて考えることが可能。

以前は、部活でスパルタ教育をしているようなところが強豪校として注目されていましたが、今ではそういう所が勝てなくなっていますし、ちょっとでも暴力などの問題があれば、すぐ浮き彫りになりますよね。

要は、「とにかく勝ちさえすればいいんだ!」という時代ではなくなってきているということです。

会社でも何でもそうですが、組織の先頭を走ってる人間が一番大変で、その後ろを走る人達が皆で協力して、前を走る人を支えていこうというのが「渡り鳥経営」というもの。

なのでこの経営術を参考に、あなたも普段から、今の時代に合った考え方を持つように心がけていきましょう。