斎藤一人さんをメンターにしてよかったと感じること

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、「斎藤一人さんをメンターにしてよかったと感じること」というお話をしたいと思います。

ひとりさんのファンになって10年くらいになりますが、改めて、自分の師匠はひとりさんしかいないと感じます

もちろん、他にもいろんな人の話を聞いたり、本もたくさん読んだりしてきましたが、学びの入り口となる土台になっているのは、間違いなく斎藤一人さんの「考え方」です

魅力的な人って考え方が違います。本当に小さな微差を大切にします。

例えば、「夢は小さく、努力は大きく」という言葉がありますが、何をやってもうまくいく人は、一足飛びに大きなものをつかもうとはしません。

それどころか、常に、下から上へと歩みを進めるので、他人と自分を比較して苦しむことも、強い劣等感で全てをダメにする!といったこともない。むしろ、下の人をとても大切にします

また、『歩』という漢字は、「止まるが少ない」と書くように、成功者は、立ち止まって悩み抜いた上で行動するというよりも、いつも何かかしら行動しながら考えているんですね。

だから、実際はたくさん失敗していても、行動量が多いので、周りの人から見ると「あの人は次々と成功していてすごいな」という見え方になる。

当人としても、失敗する度にそれを否定するのではなく、「このやり方では失敗することがわかった」という意味で『成功』と解釈します
.
.
世の中には、「宇宙の法則」や「引き寄せの法則」を教えている人や本がいくつもあって、私もそういった分野には興味・関心があります。

最近、不思議なことに、ひとりさんの教えを学ぶ前は、全く理解できず捨ててしまった本が、再度、買って読んでみると、今ではスムーズに理解することができるんですね。

過去の自分と今の自分で、一番大きく変わったのは、おそらく『自我の強弱』かなと感じます

以前は、自我の強さ、要は自分自身の「努力」と「ハングリー精神」で必死に頑張れば、その先に幸せが待っているはず!という考え方でした。

しかし、強い自我で「苦労」や「我慢」を乗り越えても、なかなか幸せになることができない。それどころか、いつも同じようなパターンで挫折することが多かったです

家族も仕事も、出会う人も、自分と同じように劣等感を抱えた人ばかりでしたし、正直、これ以上は無理・・という状態まで追い込まれてしまいました。

今では、自我を弱めるというか、自分にできることをやったら、「結果は神様が出すんだから、あとはお任せしよう♪」と、そういう感覚を持てるようになったんですね。

これは、斎藤一人さんの教えに加えて、小林正観さんの本と出合ったのも大きかったと思います
.
.
神様を信じていない人ほど、自分の力だけで人生を何とかしようとジタバタしてしまう。

よく、「神様」と聞くと、外神様をイメージする人がほとんどですが、『分け御霊』といって、人間一人一人の中には「内神様」が入っているといわれています

なので、自分を大切にしなかったり、他人を攻撃したりする行いは、神様が生み出した創造物を否定しているのと同じですから、そういった人を神が味方することはありません。

もし、あなたが、「自分はちょっと自我が強いかも・・」と感じるのであれば、毎朝、下記の『白光の誓い』を10回ずつ唱えてみてください。

自分を愛して、他人を愛します。
優しさと笑顔を絶やさず、人の悪口は決して言いません。
長所を褒めるように努めます。

おそらく、文章の意味自体は、誰でも簡単に理解できると思います。

ただ、大事なことは、これを言葉にすることです。

こうした言霊の力は、いい現象を引き寄せる効果があるのはもちろんのこと、自分が口にした言葉を「自分の脳」も聞いているわけですから、潜在意識の改善にも役立てることが可能

自分に厳しい人は、他人に対しても厳しくなってしまいます。

また、一生懸命がんばっても、自分にご褒美をあげないと、自分が自分にそっぽを向いてしまいます。

だから、たまには好きなものを食べて「いい気分」でいる時間を作るとか、少しでも「我慢の時間帯」を減らすとか、そうやって自分を大切にすることが、『自分を愛する』ということにつながる

神様は犠牲を嫌いますからね。あなたがいつも笑顔でニコニコし、明るく上機嫌でいることが、自他に対する愛であり、これこそが世の中で一番のボランティアです。

こうした一つ一つの学びを、私自身もずっと大切にしていきたいと思います。

『いい気分』でいるのに嫌なことが起きた時の対処法

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだことを参考に、『「いい気分」でいるのに嫌なことが起きた時の対処法』というお話をしたいと思います。

あなたはこれまでに、いい気分で過ごしているにも関わらず、嫌なことが起きてしまい、その「いい気分」をやめてしまった経験はありますか?

実は、どれだけ引き寄せの法則を理解している人であっても、いい気分が一瞬で「悪い気分」になってしまうことってあるんです

例えば、非常識な人と出会ってしまったり、人間関係がうまくいかなくなったり、なぜか、ふと将来に対して、漠然とした不安を抱いてしまったりすることもあります。

でも、それは必ずしも、あなた自身が過去に作った「悪因」とは限らないんですね

いつもワクワクしていて「いい波動」を発している人も、そういった過程を踏みながら、最終的に「いろいろあったけど、よかったね♪」と言えるような人生を送っているのです。

だから、ネガティブな感情が出てきた時は、冷静に、「神様からのお試しが来たな♪」と、解釈するようにしましょう。

あなた自身に『幸せになる覚悟』があるのか、いい現象を与える前に、天の神様がテストしている。

そのテストを一つ一つクリアすることで、次に待っているのは「うれしい出来事」です

そのうれしい出来事は、過去に出会った「嫌な人」や「嫌な出来事」がなければ、心の底から『うれしい!!』と感じることができなかったのかもしれません。

だから、こうした正負や裏表が存在することで、あなたは、どんな人生が幸せで、どんな人生が不幸なのかを判別できるようになっているんです。
.
.
では、逆に、いい現象だけが起きて、悪い現象が全く起きなかったとしたら、人間はどんな人生を送ることになるのか。

もちろん、自ら好んで、嫌な人や嫌な出来事を引き寄せたい!と思う人はいないでしょう。

できることなら、全ての物事が、自分の理想通りの展開になってほしいものですよね。

しかし、人間は「何か困ったことが起きないと学ばない」という習性を持っているので、失敗の経験がなければ、知恵も出てこないので、新たな成功を築くことができません。

そうなると、人類の進化がそこでストップしてしまうわけですから、もし、この世が幸せだけの世界だとしたら、『現代の豊かな暮らし』とは程遠い、過去の時代が、ずっと続いていたかもしれない。

そう考えると、例えば、自分勝手で冷たい人との出会いがあればこそ、思いやりがあって優しい人との出会いに感謝ができますし、そこに幸せや喜びを感じることができます

また、仕事のミスやトラブルがあるからこそ、反省点・改善点がわかり、効率化の大切さを学び、柔軟な対応力を養うことができますよね。

このように、自分に起きた問題は、起こるべくして起きている。何も起きなかったら成長もないし、成功もない、幸せもない。だから大丈夫!と、とらえるようにしましょう。
.
.
日々、いい波動で気分よく過ごしている人は、何だかんだで最後はうまくいくようになっています。

後から振り返った時に、「あの出来事があったから今の自分がいる」と、そう思える結果になるんですね。

このことを知っていると、病気や事故などの不運とも思えるような出来事に対しても、これは神様からの愛だから、きっと何か意味がある。感謝の気持ちを大切にしよう!と思うことができます。

その代わり、普段から愚痴や悪口ばかり言っている人は、自ら蒔いた悪因を自ら刈り取っている状態なので、まずは、その悪因を断ち切るところからのスタート。

生まれ変わりの回数が少ない人は、まだ魂が未熟なので、そういう人にとっては「地獄言葉」をやめるだけでも、一歩前進です。

また、いいこともなければ、悪いこともない・・。そう感じる人は、もう少し積極的に、「人の喜ぶこと」「人の役に立つこと」に目を向けることが大事

例えば、人に優しくしてもらいたいのであれば、まずは、自分が人に優しくすること。与えた分だけ、自分も得ることができるので、そういった、『目には見えない因果関係』を意識してみてください。

仕事であれば、何かサービスを提供して、その結果、本当にお客さんが喜んで満足したのであれば、その分の利益が必ず残るはずです。

逆に、人を喜ばせずして得たお金は、悪因を残して消えていくので、金銭トラブルや強盗などの被害に遭う可能性が出てきてしまいます。その点は十分注意しましょう。

面倒くさいと感じる努力はなぜ実らないのか【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの教えや引き寄せの法則をテーマに、「面倒くさいと感じる努力はなぜ実らないのか」というお話をしたいと思います。

仕事でも家事でも、何でもそうですが、「今日は何もやる気にならないな。。」とか、「何だか手間が多くて面倒くさいな・・」と、感じてしまう時ってありますよね。

ただ、だからといって、休むわけにもいかないので、無理にでも気持ちを切り替えてがんばっている!という人も多いでしょう。

ところが、目には見えない因果関係において、「苦労や我慢を蓄積」してしまうと、その先の人生で、『さらに大きな苦労や我慢』を強いられることになるんですね

この話を信じるかどうかは自由ですが、「面倒だな」「苦しいな」という感情を持ちながらも、我の強さで努力を続けると、立て続けに、病気になったりトラブルが起きたり、そういう嫌な出来事も引き寄せやすくなります。

なので、日々、自分の体が発しているサインに対して、なるべく柔軟に対応していかなければなりません。
.
.
神的な視点において、体のサインを無視してはいけない理由が、主に2つあります。

一つは、体に不調を感じたり、なぜか物事がスムーズにいかない時というのは、神様からの「その考え方は間違っているよ」というメッセージだから

もう一つは、引き寄せの法則といって、人間にとっては「家族のため」とか「将来のため」といった、正しい動機であっても、神的な視点(宇宙の真理)では、『今を地獄として生きれば、未来も地獄感覚で生きることになる。』という仕組みになっているから

この2つの共通点は、「人間が自ら生きている」ではなく、「人間は神様に生かされている」という前提で、世の中を見ている点です。これが神的な視点。

例えば、「神も仏もいない、そんなの宗教だ!」と言っている人は、人間の力だけで全ての因果関係が成立している!と考えるわけですが、その結果、目には見えない「心」「体の不調」「我慢」「苦労」「悩み」など、そういったものを度外視してしまいます。

だから、神社のおみくじなどに、『信神が大切』と書かれているのは、何の根拠もなく明記されているわけではなく、神を信じればこそ、幸せな生き方ができる理由がちゃんとあるんです。
.
.
また、多くの人は、「老後に苦労しないために」「将来困らないように」「この先が不安だから」という動機で、今を我慢しがちですが、宇宙の法則では、その考え方が通用する仕組みにはなっていません。

例えば、毎日のように、不安!怖い!と言いながら、困らないように貯めたお金は、その思考が現実になるので、結局は困ることで消えてしまう。

なぜなら、今、あなたが発している「言葉」「思い」のエネルギー(波動)が、未来の自分に、そのまま返ってくるからです

つまり、人間の観点では、「未来の幸せのために今がある」と思っていても、実際は、「今の幸福度⇒未来の幸福度」という構図になっているわけです。

ということは、今を我慢や苦労で過ごしていると、いくら正しい努力をしていても、なぜか未来の自分も、苦しい人生展開を強いられることになる!ということ。

次から次へと、病気や事故に見舞われたり、信頼している人に裏切られたり、予定外の出費が重なったり、そうやって、何度も同じループを繰り返してしまう

このことに気付くと、実は、夢や目標を持つ生き方が、今の自分を追い詰めてしまっているケースもあるんですね。

もちろん、未来に希望を持つことは大切なことですが、未来に希望があろうがなかろうが、どちらにしろ、『今』を幸せに生きなければ、未来の幸せもない!と言っても過言ではありません。
.
.
これまでは、「昔の人の教えなんてあてにならない!」と、今を全力で生きることをバカにしてきた人も、ちゃんと宇宙の法則を理解すると、『今を地獄感覚にしてはいけない』ことに気付くはずです。

あなたは、「今日も仕事か・・面倒くさいな。嫌だけど行くしかない」とか、「部屋が汚くて不快な気分だけど、面倒だから掃除しなくていいや」と、『今』をないがしろにしていませんか?

よく、成功する人は何をやってもうまくいく!ダメな人は何をやってもダメ!と言われますが、それは、こういう目には見えないエネルギー(波動)による因果関係のことを指しています。

極論をいうと、どの進路を選ぶにしても、どんな仕事に就くにしても、誰と結婚するにしても、どのくらいの貯金を蓄えていようと、『今を幸せに生きている人は、未来も幸せに生きられる』ということ

世間では、「苦しい努力を乗り越えた先の幸せ」を重宝しているようですが、成功した後に、苦労話をしているような人も、実は、その時その時を、ワクワクしながら、夢中になって行動していた側面もあるんです。

つまり、ワクワクして楽しく過ごした分の時間、苦労して我慢を強いられた分の時間、それらが何日後か、何ヶ月後か、何年後かに、ベストなタイミングで、あなた自身に返ってくるのです。