こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「そうだよね、わかるよ」のお話。

この話は、商人がビジネスを成功させるコツというだけでなく、日常会話でも必要な会話術です。

この世に生まれてきて、一番の学びになるのが人間関係。人とコミュニケーションをとる中で、魂の成長につながる要素がたくさん入っています。

その時に、相手の意見が間違っていると思っても、すぐに批判してはいけません

まずは「そうだよね、わかるよ」、この理解を示す言葉を先に言う必要があるんですね。

それによって、相手はあなたがちゃんと話を聞いてくれているんだなと解釈します。

こちらとしては、話の内容に同意をしたわけではなく、「あなたの言っていることはわかるよ」という意味で対応するんですね。

そして、その後で自分の意見を言うわけです。「実は、私はこういう考えなんです!」と。

必ずこの手順を踏まないと、ケンカやトラブルの原因になりますし、感情論でのやりとりに発展してしまいがちです。

また、自分の意見をすぐに否定する人に対しては、心を開きにくい心理状態になるので、お互いに、本心を語らない表面上の関係性になる可能性が高くなります。

もちろん、全てのケースでこの会話術が当てはまるわけではないと思います。

すぐに間違いを指摘しなかったが故に、ズルズルと話が進んでいって困ることもあるかもしれません。

ただ、これまでの人生で、いつも人間関係がスムーズにいかないと感じている方は、この話を参考に、少しでも改善していくことができるのではないでしょうか。

これからは、相手の話を途中でさえぎることなく、「そうだよね、わかるよ♪」、この言葉を大切にしていきましょう。