斎藤一人|神様からの昇級テストに合格する簡単な方法☆

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日は「逃げ場のない状況下で奇跡を起こす方法」についてお話したいと思います。

よくスピリチュアルの教えを聞いていると、無理や我慢をせず好きなことをやりましょう♪と言われることが多いですよね。

これは斎藤一人さんも同じ考え方で、この宇宙は苦痛が伴う行動を一生懸命がんばった先に「幸せ」が待っているという仕組みにはなっていません。

ただ、人間の感覚としては、会社に行かなければ生活ができないし、嫌な人とも会わなければ仕事にならないと感じてしまうケースも多いのではないでしょうか。

そんな八方塞がりとも思えるような逃げ場のない状況下で、どんな人に奇跡が起きると思いますか?

自分にとって楽しいと感じる趣味を見つけることや、他人の役に立つ行動をとって徳を積むことも大事なことではあります。

ただ、もっとシンプルに誰もが今日から実践できる一つの方法があるんです。

それは「愚痴や悪口を自らの意志で一切口にしない」という修行にチャレンジすることです。

一人さんいわく、八方塞がりというのは逃げ場がないようで「」だけは空いているとのこと。要は、魂が成長してしまえば、スムーズと前に進んでいくことができるということになります。

多くの人は幸せになるために方法論を探すわけですが、実は方法論の正解を見つけ出す前に『自分自身のあり方』を改善する必要があるんですね。

なぜなら、形式的にどんな行動をとるかよりも「どんな思いで行動したか」という『思い』の部分が、とても重要なポイントだからです。

人間一人一人には分け御霊(内神様)が入っているので、苦しいと感じる感覚は決して偶然ではなく、今のあなたの考え方は間違っているよ!というサインになります。

なので例えば、何度転職しても嫌な人が出てくるとか悪いことばかり起きるといった場合、方法論ではなく「愚痴や悪口を言わない」といった自分自身のあり方に目を向けなければなりません。

これは「神様からの昇級テスト」と言われるもので、この昇級テストに合格するとその度に神様からご褒美をもらうことができます。

納税日本一になった斎藤一人さんも、愚痴や悪口を言わなかった分だけ神様からたくさんプレゼントをもらっているんだよ♪とおっしゃっています。

そのプレゼントというものは人によって異なりますが、経済的な豊かささけでなく「心の豊かさ」につながるようなものも含まれているようです。

この辺りのお話は、斎藤一人さんの「斎藤一人 俺の人生」という本に記されている内容なので、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

おそらく、この教えを聞いた方の中には、自分は地獄言葉を一切口にしていないけど何もいいことが起きない!といったケースもあると思います。

その理由としては、受け身で忍耐の姿勢をとっているか、それとも自由意志の覚悟を決めているか、この違いがかなり大きいです。

もしこれまで、自分の心を押し殺して暗い気持ちに耐えてきたのであれば、これからは自己犠牲ではなく自由意志のもとで、ネガィテブな言葉を使わないという意識に切り替える必要があります。

つまり、言いたいことが言えなくて愚痴や悪口を言うのではなく、言いたいことは言うけれど愚痴や悪口だけは絶対に言わない!ということです。

これができるようになると、八方塞がりで逃げ場のない状況下でも、なぜか同じ職場にいながら状況が好転するといった奇跡が起きるようになります。

もちろん、あまりにもひどいパワハラやモラハラがあった場合は、すぐにでも仕事を休むなり辞めるなり、そういった判断をとらざるを得ないケースもありますよ。

ただ、離れられるならとっくに離れてるよ!!と感じる方は、現状の中で自分自身のあり方を改善していくしかないのです。

今後もずっと同じ職場に居続けるのであれば、ぜひ、一か八か愚痴や悪口をピタッとやめてみる修行にチャレンジしてみてくださいね。

斎藤一人さんの教えには、天国言葉や顔につや、笑顔、人に優しく親切にするなど様々な教えがあります。

でも、現状が苦しいと感じている人に一つだけアドバイスするとしたら、まずはせめて愚痴や悪口の数を減らしていきましょう!ということになってきます。

焦らず小さなことから始めて、徐々に次のステップへと足を踏み出して頂けたらと思います。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

感謝してます。

<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です