斎藤一人|宇宙からの贈り物を受け取る準備はできましたか?

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日は「宇宙からの贈り物を受け取る準備ができている人とできていない人の違い」についてお話したいと思います。

斎藤一人さんのお話の中で『宇宙貯金』という言葉が出てくることがあります。

この宇宙貯金というのは、目に見えるお金の貯金ではなく「目には見えないの貯金」のことなんですね。

徳を積む行いって何ですか?というと、人の幸せを願ったり、人の長所を褒めたり、人の心を軽くしたりすることをいいます。

逆に徳のない行いとは、人の幸せに嫉妬したり、人の粗探しをしたり、人の心を重くしたりすることです。

では、人間にとっての幸せが「宇宙からの贈り物」とした時に、あなたは神様からその贈り物(ギフト)を受け取ることができる人間だと思いますか?

日常生活を送る上で、このギフトを受け取る準備ができている人とできていない人の違いは、いたってシンプルです。

誰でも簡単に受け取ることもできるし、拒否することもできます。そのポイントになってくるのは、人に対する偏見を持つか持たないか、ここが非常に重要な部分です。

もしかしたら、「意識していればできる」けど、無意識の時はできないと考える人が多いのかもしれません。

実は、定期的にこうした神様の昇級テストが実施されているわけですが、その都度、テストに合格する人もいれば何度も不合格になってしまう人もいます。

例えば、あなたの身近に、親がお金持ちだから一軒家を建ててもらったという友人がいるとしますよね。

その時に、あなたはこれまで通りその友人と仲良くすることができますか?また、せめて「よかったね♪」を素直に喜ぶことができるでしょうか

もし、素直に喜ぶことができて、その人の長所を褒めることができるのであれば、次はあなたにギフトを受け取る順番が回ってきます。

なぜなら、すでにあなたは宇宙からの贈り物を受け取る準備ができているからです。

確かに世の中には、何の能力もないのにコネでお金持ちになったり成功したりする人もいます。

それに対して、これまで自分が必死の努力で目標に向かってきたとなると、「あまり気分がよくない」と感じてしまうこともあるでしょう。

しかし、そんな時だからこそ斎藤一人さんの天国言葉「ゆるします」という我を緩ませる言霊の力を使う必要があるのです。

身の回りの9割の人がゆるせない!調子に乗るな!と誹謗中傷している中、あなただけは大きな器でゆるしてあげるんです。

それは何でですか?って、成功者の数はそんなに多くはありません。だから、あなたがちょっとだけ例外思考を持つだけで成功者に一歩でも二歩でも近づくことができます。

なので、決して「いや、あいつには何の能力もない。親がお金持ちなだけだ」と、そういった愛のない言葉を使ってしまないように注意しましょう。

周りの人に何と思われようが、「おめでとう」「すごいね」と言ってあげる愛を出した時、あなたが1ミリも予想もしていなかったとんでもないご褒美がやってくることもあります。

お金持ちの家に生まれても能力がない人もいれば、貧乏の家に生まれながら才能に恵まれる人もいます。

どちらがいい悪いではなく、世界に70億人の人間いるのであれば70億通りのストーリーがあって、どの人生も個性的で魅力に溢れているということです

そう考えると、70億分の1のパターンをあなたは現世で体験しているわけですから、現世で自分に備わった素材をフルに生かせば、必ず幸せに生きることができるようになっています。

人の畑を見て妬んだりうらやんだり、未熟な人を見てバカにしたり、すごい人を見て過度な期待をしたりする必要なんかありません。

そのままのあなたで大丈夫です。そのままのあなたで幸せになれます。未来は明るいと信じて、今日一日少しでもいい気分で過ごすようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

感謝してます。

<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です