【斎藤一人】龍神様の化身「虹」を見たら幸運の前兆♪

こんにちは!ツイてる坊主です。

今日は、「虹を見た時は幸運の前兆だよ!」というお話をしたいと思います

雨が降って、その後晴れて、そういった時に「」を見ることがありますよね。

実は、虹を見た時というのは、これから自分の人生がより良い方向に向かっていく「転換期」に差し掛かったサインと解釈することができるんです。

例えば、現状が少し息詰まっていたり、この道で合っているのかなぁ・・って、迷いが生じている時に虹を見た時は、龍神様から後押しされているんだととらえるようにしましょう。

「これから明るい兆しが見えてくるから、そのままのあなたでその道を進んでいって大丈夫だよ♪」って、応援してくれている証です。

斎藤一人さんの「龍神様の本」にも書かれていますが、龍神様というのは水の神と書いて「水神」とも言われています。

龍神様(水神様)は、この乾いた大地に雨を降らせて、実りをもたらすこともあれば、洪水を防いで私達たちの生活を守ってくれることもあります。

また、生命の源であり、全宇宙のエネルギーそのものである!とも言われているので、龍神様に好かれるかどうかは人間が幸せに生きていく上で、重要なポイントとなるわけです。

まず、龍神様は、きれい好きです。

立ち振舞い、身なり、言葉遣い、心、そして、部屋の中も含めて、とにかく「きれいで清潔な人」を好むようです。

なので、外見がよくて礼儀正しくても、人の足を引っ張ったり騙したりする「心の汚い人」は、龍神様に嫌われてしまいます。

逆に、外面も内面もきれいで、相手の心が軽くなるような言葉を使っている人は、龍神様に好かれることができます。

例えば、身近で就職に困っている人がいた時は、「就職するのは大変だ」と気が重くなることは言わずに、明るく励ましてあげるようにしましょう。

相手の気分を「ふわふわ」と軽くしてあげることで、その人の波動が上げれば、それだけで幸せに導くことができますからね。

「これまでたくさん頑張ってきたよね!えらいよ」「自分は何があってもずっと味方だよ」って、そういう人の心に灯がともる言葉をかけることが大事なんです。

もちろん、具体的なアドバイスが欲しいという人もいるかもしれませんが、心の内を少しでもわかってくれる人に、人間は救われるものです。

それで、龍神様に好かれる行いをしていると、どんないいことがあるのか。

結論からお伝えすると、斎藤一人さんの教えに「神はからい」や「神の時間調整」というものがあるように、全てのタイミングがぴたりと合うようになってきます。

例えば、自分が何か困っている時に、都合よく助けてくれる人が絶妙なタイミングで現れるとか、たまたま忘れ物をして外出時間が遅れたことで事故に遭わずに済んだとか。

自分では気づかないところで、大なり小なり、そういった「神の力」が働くようになります。

なので、どれだけノウハウやテクニックを駆使して、能力が高い人であっても、日頃から悪い行いをしている人は、全てのタイミングがズレてしまうようになるんです。

こういった話をすると、龍神様が上から険しい表情で、一人一人の人間を監視しているのでは?と誤解する方もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

龍神様は、楽しいことや面白いことなど、遊びのエネルギーが好きな方で、いつもユーモアとか遊び心を大事にされています。

斎藤一人さんも、「愛とは自由だよ」っておっしゃっているように、愛とは、自分のことも他人のことも「自由」にしてあげることなんですね。

だから、なるべく普段から制限や縛りを外して、自分の素直な心に沿った生き方をした方が、龍神様に応援されやすくなるんです。

「昨日まではなし」にしていたものを「今日はあり」にしてみよう♪

昨日まで「チャレンジできなかった」ことを、勇気を出して、今日は「チャレンジしてみよう」といった形で、自由な発想を大切にしてみてください。

あなたが、楽しくて、面白くて、自由にいろんなことを許可し、笑顔で生きていくことで、自然と周りの人も笑顔になっていきます。

また、龍神様っていうのは、八大龍王とも言われていて、その「8」という数字は、「無限の福」を表すと言われています。

自分自身の幸せのためにも、周りの人みんなの幸せのためにも、龍神様に好かれ、応援してもらえるような生き方をしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です