「神も仏もいない」は怠け心を持つ人が使う言葉【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの「いいことが起こる人と悪いことが起こる人の違い」というお話について、解説いたします。

世の中には能力のある人ってたくさんいますよね。どの分野でもそうですが、仕事でも何でも「このジャンルでは絶対に勝てない」と思うような人もいます。

ただ、ひとりさんいわく、能力があるのにいまいち伸びない人が多いとのこと。

その原因は何だと思いますか?普通に考えたら、能力があれば評価されて、どんどん出世をして、活躍の場を広げていくものですよね。

実は、そういう人は、自分の能力を出し切ってないんです。能力があるけど出し切ってない

これはどういうことかというと、例えば、畑を300坪くらい耕せるくらいの体力がある人は、周りの人が50坪しか耕していないと、自分もちょっと手を抜いて200坪くらいでいいかなと、そう思ってしまうんですね。

これが「出し切っていない」という状態。でも、それでも200坪耕している人の方が、社会的に高い評価を受けるはずですよね。

しかし、実際のところ、50坪でも全力を出し切ってる人に、なぜか次々といいことが起こるようになるのです。そして、手を抜いている人には、次々と悪いことが起こります。

これに対して、多少手を抜いているとはいえ、200坪でも「たくさん仕事量をこなしている人が報われないのはおかしい!」と、そう思う人がほとんどなのではないでしょうか。

もしかしたら、すでにあなたはこの現象を経験していて、「世の中は不公平で神も仏もいない」と口にしたことがあるかもしれません。

でも、神的な視点でいうと、神も仏もいるから、あなたが仕事で300坪耕せるのを200坪しか耕していないことがわかるんですね。

これは「体力」だけに限った話ではなく、知恵に関しても同じことがいえます。

例えば、本を読んで学んだこと、人から聞いて得た役に立ったこと、こういった知恵は出し惜しみなく人に与えることが大事

もし、そこで聞く耳を持ってもらえなかったのであれば、次は、どんな言い方・伝え方をしたら聞いてもらえるだろうかと、可能な限り力を出し切る必要があるのです。

なぜなら、この世の中は「バランスの法則」といって、片方にだけいい話というのはないんですね。

これを知ったら周りの人が助かるだろうなと思ったら、迷わず親切に教えてあげること。

お金だって得ることばかり考えて、与えることをしなければ、そのお金はあぶく銭となり、必ずといっていいほど悪因を残して消えていくことになります。

一方で、力を出し切っている人は、知恵でもお金でも、次から次へと新しく入ってくるようになり、いいことが続くようになります。

だから、今の自分についているものをいかに活用できるかがポイント。

頭を使う、手を使う、足を使う、口を使う、耳を使う、使えるものは全部使って、全力を出すことで、いずれは、自分自身に得になる形で返ってきます

例えその時は、「全く得にならないな。。」と思うことであっても、後々、必ず得になる。このことを忘れずに、日ごろから出し切ることを大切にしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*