こんばんは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「喝!(かつ)」のお話。

人生がうまくいく人は、一点集中で下から上に、焦らずじっくりと努力を続けるという特徴を持っています。

逆に、うまくいかない人の行動パターンは、手数は多いけど的を絞れていないか、上ばかりを目指して下を大切にしていないかです。

昔のお坊さんは、よく「喝!(かつ)」と言って、相手の動きを止めていました。

そうすると、相手はしばらく動けなくなるんです。

だから、昔の町人やなんかがすぐに切られてしまうのは、キャーッとがギャーッとか言ってわめくからなんですね。

それを、相手の目と目の間を見て、一瞬で一点に集中して大きな声で「喝!」と叫ぶと、相手は何もできなくなります

これはどういうことかというと、人生は何事も、一点に集中して取り組まなければダメということ。

どんな小さな目的に対してでも、一点集中で向かっていくから奇跡が起きるんです。

例えば、ピストルの弾だってそうですよね。一ヶ所に集中して圧縮して一瞬でドンッとやります。

つまり、何か目的や目標を持ったら、焦って次々と手を出すのではなく、まずはジワーっとゆっくりやる

そうすると、物事はうまくいくようになってると、ひとりさんはおっしゃっています。

これはとてもいい話だと思います。確かに、たんぽぽや草だって一気に地面から押し上げようとすれば、ぐちゃっと潰れてしまいますからね。

それを一点に力を集めて、時間をかけて押し上げることで、あの硬いアスファルトの隙間からでもジワジワと成長する。

もちろん、できない理由を並べればいくらだって出てくるでしょう。

「僕は体が弱いんです」という人もいる。それでも大丈夫です。ひとりさんだって子供の頃から体が弱かったけど、納税日本一になるという奇跡のような現象が起きました。

当時、斎藤一人さんは、死ぬまでに納税日本一になれればいいやと、お弟子さん達に言っていたんだそうです。

そこを目指してやっていたら、翌年にはもう長者番付で一番になることができた。つまり、あっという間に目的が実現したのです。

本来であれば、時間がかかるものですが、なぜ、ひとりさんの場合は早く目的が実現したのでしょうか。

実は、上に上がるためには、下を大切にしなければならないんですね。

最初の目標や目的は遠すぎたらダメ。まずは一番近くをあてる。その次に、多くの人は上を目指そうとしますが、実は逆なんです。

理想的なイメージとしては「ピラミッド」のような三角形。これを作るためには、下の人に自分が持っている知識を出し惜しみなく教えること。

そうすると着実に上に上がることができます。これはひとりさんが神様から教わったこと。

これを、上に上にと、上ばかりみているとピラミッドではなく「棒」のような形になります。

こうなると後ろにひっくり返ってしまうので、注意が必要。世の中を見ていても、今までずーっとうまくいっていた人が急にダメになることってありますよね

だから、焦らず急がず、一つの目的に向かってジワーッと力をゆっくり与えていくイメージで、自分の人生と向き合っていくことが大切です。