病気ではなく「健康」に目を向ける考え方【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「健康に目を向ける考え方」についてのお話です。

とても簡単な内容になっていますが、これができている人はほとんどいません。

例えば、あなたが病気になった時、病気になったのだから「病気」のことを考えるのは当然でしょ?と思いますよね。

でも、引き寄せの法則を理解している方ならわかると思いますが、「私は病気です!」と毎日、口にしていると、より一層、病気との関係が近くなってしまいます。

なので、そうではなく、「私は健康です!」と一日10回でもいいから、健康に目を向けた言霊を口癖にすることが大事

要は、よく「病は気から」といいますが、元気も「気」から始まり、強気も「気」から始まります。

あなたが引き寄せたい「気」が、元気や強気であるならば、「元気!元気!元気!」、「強気!強気!強気」の言霊を大切にしなければなりません。

もちろん、こういった話を聞いても、「そんなの信じられるか!バカバカしい!」と言って、考え方も行動も全く変えようとしない人もいます。

そういう人は、今日も明日もずーっと、病気に目を向け、病気のことを考え、病気を治すことに頭を悩ませることになりますが、そうなると、また別の病気を引き寄せてしまう可能性も出てきます

結局、どんなアドバイスをしても、「考え方」や「言葉」を軽視する人は、その頑固さを正すために、行き着くところまで行って、体で覚えるしかありません

本来であれば、「昨日より体の調子が良いよ♪」と、周囲の人を安心させるような言葉を使ったり、「いつもありがとうね」と、自分の体に感謝したりする必要があります。

それができなければ、せめて口癖で、「元気!元気!元気!」、「健康!健康!健康!」、「強気!強気!強気!」、「私は健康です!元気です!」といった言葉を、何度も何度も唱えること。

やるかやらないかは個人の自由ですが、今までのやり方でうまくいってないのであれば、新しい行動にチャレンジすることが先決です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*