『地獄の話』無関心の罪って何?【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「地獄の話」についてのお話。

ひとりさんは基本的に明るい話しかしませんし、人の心が明るくなる、人の心に灯を灯すことしかしません。

でも、この「地獄」の存在を理解しておかないと、知識に偏りが出てしまいます。

一応、知っておくことで、自分がこれからどんなことに気を付けて生きていけばいいのか、一つの目安になると思うので、ぜひ、参考にしてみてください。

そもそも「地獄」とは、どんなところだと思いますか?

ひとりさんいわく地獄とは、寒くて暗くて臭いところ。周りには誰もいないそうです

じゃあ、なぜそういった地獄へ行かなければならないのか?どんな人が地獄へ行くのでしょうか?

その答えは「無関心の罪」を犯してしまった人。これがあの世では許されないんです。

主に地獄へ行く人とは、例えば、煽り運転や飲酒運転など、相手や相手の家族のことを全く考えない自分勝手な人。想像力の無い言動で法を犯す人。

実は、それ以外にも、日常の些細なことに無関心の罪が潜んでいることがあるんです

例えば、家の近所に障害者施設が建つとなった時に「反対」をする。これは、自分の家には障害者がいないから、他人には無関心ということですよね。

他にも、例えば、自分が癌の病気になったとする。そこで、人から勧められた本を参考にして、治療をしてみたら癌が治ったとします。

しかし、あなたは「癌が治ってよかった!ありがとう♪」と言って終わり。その本を他の癌患者に広めようとしなかったとする。これも無関心ということになるんです。

ただ、ひとりさんがおっしゃっているのは、「何にでも関心を持ちなさい!」ということではありませんよ。

せめて、自分の身近で起きた出来事や、自分が経験して感動したことに対して、もう少し関心を持って、無償の愛を注がないとダメだよ!ということ

上記のような事例に心当たりのある方は、今からでも少しずつ考え方を改良していきましょう。

また、「やってみたけどダメだった!」という方は、もうちょっとだけやり方を工夫してみませんか?

例えば、せっかく良かれと思って本をプレゼントしたのに、その人は読書が苦手で、あまり本を読む習慣がない人だったとしますよね。

普通だったらそこであきらめることでしょう。もちろん、本を進めただけでも素晴らしいことですよ

でも、だったら、「CDがあるから音声で聴いてみて♪」とか、「本の目次と最後だけでも読んでみて!」とか、「本の内容を私が簡単に説明するね」と、一工夫できることはあるはず。

もちろん、あまりしつこいのもよくないので、ほどほどにで構いません。

このように、どうやったらこの人が救われるだろう、どのようにこの人を助けられるだろう、これを一生懸命考えてあげることが「無償の愛」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*