「はい」と返事ができない人は伸び悩む【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだ『「はい」と返事ができない人は伸び悩む』というお話です。

社会人としての常識やマナーは、当たり前のように守れる人もいれば、当たり前のように守れない人もいますよね。

私は正直なところ、知識がありながらマナーを守らない人を助けたいとは思いません。

ただ、まだ何も知らなくて、マナーを守れていない人は、そのことに気付くだけで一歩前進することができます

例えば、人から仕事を教わった時に『はい』と返事ができない人。

こういった人は、いくら賢くても、技術があっても、なぜか伸び悩んでしまう。

なぜなら、どれだけ仕事に集中して一生懸命がんばっていても、「はい」の一言が言えなければ、周りの人に誤解を与えてしまうからです

「え?たったそれだけのことで?」と思うかもしれませんが、これは斎藤一人さんから教わった話の中でも、とても重要な部分になります。

世の中にはコミュニケーションの本がたくさん出版されていますが、実際は、複雑なノウハウやテクニックってそこまで必要ありません。

基本的な挨拶、服装、誠実さなど、そういった当たり前とも思えることを続けていくことが大事なんですね。

その中でも「返事」というのは、相手が投げたボールに対する反応なので、これをどう受け取るかによって、仕事の成功も人間関係の良し悪しも、全てが決まるといっても過言ではないんです

では、「返事」ができない人は、なぜ「はい」と言えないのか。
.
.
1、「はい」と返事をしなければならないことを知らない。習慣になっていない。

もしかしたら、まだ一度もアルバイトの経験もなく、これまでの学校生活で学ぶ機会がなかったのかもしれません。

こういった場合は、そこまで怒られなくても、普通に教わるだけで、淡々とできるようになってきます。

「はい」に限らず、「ありがとう」もそうですが、相手との会話で最も大切なことは、とにかく『反応』することです
.
.
2、返事をしないことで、どれだけ自分が「損」をしているのかを知らない。

社会人になると、知識や技術で差がつくというよりかは、長期的にみると、人としての魅力によって明暗が分かれることが多いです。

同僚も、上司も、取引先の人も、お客さんも、みんな人間ですから、必ず誰かを「ひいき」することはあります

その時に選ぶのは、返事をしない人ではなく、ちゃんと返事をして反応を示してくれる魅力的な人です。
.
.
3、自分では返事をしているつもりだけど、声が小さくてリアクションも薄い。

「自分はちゃんと返事をしているのに、なぜか嫌われてしまう」という人がいます。

そういう人は、いつもボソボソしゃべっていて聞き取りにくく、さらに、どんなボールを投げてもリアクションが薄い!という特徴があるんですね。

または、相手に「はい」という返事が聞こえていない可能性もあります

こういったケースでは、注意されたり怒られたりしても、改善が難しいので、独自に鏡を見ながら研究するようにしましょう。

例えば、自分がうれしい時って、どんな表情をしたら相手にその喜びが伝わるんだろう・・・とか、今より少しでも、ハキハキ話せるように発声練習をするとか、「はい」のトーンを少し上げてみるとか
.
.
このように、返事はできて当たり前!といわれることですが、社会生活を送る上での基本であり、欠かせない要素であるということ。

最初はあまり理解できないかもしれませんが、自分の目線ではなく、『相手の目線』になって考えると、すぐに理解ができると思います。

というのも、相手から返事がなければ、自分の言葉が届いているのかわかりませんよね

また、仮に相手が相槌を打っていたとしても、こちらがその相槌を見ていなかったら、「無視をされた!」と誤解してしまうこともあるでしょう。

さらには、話の内容が理解できるかどうかの前に、相手の声が小さくて「聞き取りにくい」ことで、何度も聞き直し、苛立ってしまうケースもある。

このように、周囲に嫌われてしまったり、自分だけ出世できなかったり、物事がうまくいかないと感じた時は、ちゃんと『返事』ができているかを再確認してみてください

会話のスキルを第一に考える人もいますが、会話のテクニックよりも「素早く反応できる人」の方が、なぜか仕事も人間関係もうまくいくものです。

大嫌いな人のことが気にならなくなる解釈【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだことを参考に、「大嫌いな人のことが気にならなくなる解釈」というお話をしたいと思います。

あなたは今、身の回りに大嫌い人がいますか?

社会人になると、「苦手な人」「不得意な人」とも、コミュニケーションをとらざるを得ない場面ってありますよね。

ただ、本当にその人の存在自体が大嫌いで、この感情を抑えることが難しい!と感じるケースでは、どのように対応したらいいのか。

例えば、下記3パターンの考え方があるとします。

1、なるべく距離をとることで、何とか最低限の関係を維持する。
意識的に気にしないように心がける

2、あえて接触頻度を増やし、コミュニケーションの機会を作る。
妥協点を見つけて、限定的な関わり方を保つ

3、まだ生まれ変わりの回数が少ない「未熟な人」と認識する。
その人に何を言われても、気にならなくなる
.
.
おそらく、1と2の対処法が、現実的な考え方ですよね。

基本的には、合わない人とは会わないようにするのがベスト

ただ、聞く耳を持つ人であれば、何度も顔を合わせて、お互いに理解を深めていくことで関係性がよくなっていくこともあります。

それで、大嫌いな人には3の対応が必要になってきますが、この場合は、「気にしない」ではなく、『気にならなくなる解釈をする!』のがコツ。

例えば、下記3つに当てはまる相手に対しては、3の解釈をしないと精神的に苦しくなってしまうかもしれません。

●何を教えても、何を指摘しても、人の話を全く聞かない。聞く耳を持たない。

●自分で自分の機嫌をとれない。それでいて、不機嫌になると周囲に迷惑をかける。

●暗い表情、暗い服装、暗い話などによって、笑顔で元気な人のエネルギーを奪う。

もちろん、仕事上の人間関係であれば、苦手でも不得意な相手でも、会話をしなければならないわけですが、「この人は未熟な人だから・・」ということがわかっているだけでも、その人への『要求レベル』を落とすことが可能。

例え、あなたの大嫌いな人が上司だとしても、「未熟な人だから仕方ないな・・・」と、要求レベルを下げることによって、自分自身の不平不満の心を落ち着かせることができます

というのも、人間が他人に「イライラ」を感じる時って、「相手を変えることができるはず!!」という、傲慢さから来ているものなんですね。

要は、期待の裏返しによって「期待外れな人」を生み出し、愛の裏切りから「恨み」を生み出してしまう。

このことを知ると、相手も未熟だけど、自分も未熟。一歩でも前に進むには、未熟な自分を成長させるしかない!ということに気付くことができます。
.
.
この学びを応用すると、例えば、政治家に対する不平不満も、軽減させることができるんですね。

世界中で、新型コロナウイルスの感染が広がる中、日本の政府は、「対応の遅さ」「誠実さに欠ける対応」をとったことで、世間から大きな批判を受けることとなりました

しかし、強く非難している人の中には、これまでずっと、政治に興味・関心すら持たず、一度も選挙に行ったことのない人もいます。

また、仮に、政府が本当にどうしようもない人達だとしても、あなたに政治家が勤まるわけではありません

その代わり、SNSで自由に自己主張できる時代なので、その声がどこまで届くのかはわかりませんが、政府に何らかの「代案」を出すことは可能ですよね

非難ではなく代案を出すことが大事。中には、ただただ大嫌いな人を叩き続けている人もいますが、それだけでは何の意味もありません。

ちなみに、日本人は『大衆の意見が必ず正しい!』と誤解する側面を持っていますが、今後は、国民一人一人が、個人の魅力を高めていくことが重要なポイント

影響力を持つインフルエンサーが、右を向けばみんなで右を向く!という考え方では、結局、期待の対象が政治家から他の人に移っただけで、同じことを繰り返すだけです。

それよりも、例えば、これからは「自宅でできる仕事のスキル」を身につけるとか、SNSを始めて「人の役に立つような情報発信」をするなど、そういった個人力が鍵を握る時代になっていきます

つまり、魅力のない未熟な人に焦点を当てるか、それとも、自分自身が魅力的な人になって人を喜ばせる人間になるか、それを『自分の意思』で選んで決めるということです。

ワクワクする「遊び」が仕事になる時代【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、『ワクワクする「遊び」が仕事になる時代』というお話をしたいと思います。

世の中の風潮としては、「遊び」「仕事」は正反対のものとして、別々に考える人が多いです。

また、仕事は仕事として割りきって真面目に従事し、「苦労」や「我慢」を強いられたとしても、生活のために働くのが当然である!と考えられていました。

しかし、過去の歴史を振り返ればわかるように、いつまでもずーっと同じ時代が続くことはありません。

これまでは、子どもの頃から、親に「勉強しなさい!」と教育され、少しでもいい学校に入り、順調に大学を出て、「大手企業に勤めれば安泰」と言われていましたよね。

もちろん、好きなことを貫いて、独自の道で成功するケースもありますが、たいていの人は、世間一般の流れに従わざるを得ない環境だったと思います。
.
.
ところが、終身雇用や年功序列など、国や企業の保障をあてにしているだけでは、安心どころか、何かとリスクが伴う時代へと突入。

例えば、『少子高齢化の問題やAIの発展、さらに、新型コロナウイルスの猛威』などもあって、企業としても多くの人材を必要とせず、その中で「生産性」を高める努力をしなければなりません。

なので、最終的には、斎藤一人さんもおっしゃっているように、『ベーシックインカム』のような形で、国や企業が、国民にお金を分配し続ける展開になっていくといわれています。

要は、年金制度を撤廃し、国民一人一人に対して、無条件にお金を分配。そして、仕事に関しては、「仕事」「遊び」が、同じような概念に近づいていくわけです

そうなると、働きたい人は「好きなこと」を仕事にできるので、仕事をする時は、本当にやりたいことだけに焦点をあて、『何をやろうかな♪』と、自由に選択することができる。

それで、働きたくない人は、最低限の生活がお金の分配によって保障されているので、働かなくてもいいということになります。

もちろん、これは、だいぶ先の話になるでしょうから、最初のうちは、週休2日制が週休3日制になり、週休4日制、週休5日制と、徐々に休みが多くなっていくのでしょう

というのも、「少子高齢化」や「AIの発展」、さらに「新型コロナウイルスの猛威」などを考慮すると、個人が生き残っていくためには、在宅ワークをメインとした形態で「ベーシックインカム」を導入する以外に、打てる手がなくなってしまうのです。
.
.
「でも、働かないとお金はもらえないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、お金自体がなくなるわけではないので、生産と消費によって経済が循環している以上、回りまわってお金は入ってくる流れになります。

つまり、人間が会社に出社をしなくても「生産性を上げられる企業」が次々と出てきて、世の中の経済は成り立ってしまうということ。

これが、一昔前までは、「それでも生き残れるように、専門的な資格を取得し、スキルアップします!」という考え方がほとんどでしたが、ロボットや人工知能の進化によって、それさえも通用しなくなってきているんですね

こうしたことから、ひとりさんも、「いずれは、昔の貴族のように、遊んで暮らせる時代になるよ♪」とおっしゃっているわけです。

だから、よく親が子どもに、「ゲームばかりしてないで勉強しなさい!」と、教育するのが当たり前でしたが、いずれは、「真面目なことばかり考えてないで、もっと楽しく夢中になれる遊びを見つけなさい!!」と、教育する時代になるのかもしれませんね(笑)

実際、ゲーム好きの子どもに、好きなだけゲームをやらせてあげると、その子どもが大人になる頃には、「そのスキルと経験が仕事になる」ものですからね。

これを「そんなわけないでしょ!勉強しないとダメな大人になるわよ!!」と、そう考える人は、「時代の変化」「世代の移り変わり」に、全く対応できていないのだと思います

また、「子どもなんだから親や先生の言う通りにしなさい」とか、「とにかく何があっても苦労や我慢を乗り越えなさい」と、そういった教育をするのは論外です。

そもそも、子どもとはいえ、一人の人間として人生のシナリオがあるので、周囲の大人ができることは、信じて見守るだけ

世の中は諸行無常で、同じ時代がずーっと続くことはないので、古い固定概念にとらわれることなく、世の中の流れを冷静に読み取っていくようにしましょう。