優しさでうまくいかない時は強気に出てみる【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだ「優しさでうまくいかない時は強気に出てみる」というお話をしたいと思います。

ひとりさんがおっしゃっているように、人間一人一人には魂の段階があるので、これをやったら幸せになれる!という絶対的な正えがあるわけではありません。

なので、あなたにとっての幸せは、実際に行動していく中で、失敗に対して「改良」を繰り返しながらわかってくるもの

例えば、いつも人に優しくしているのに、なぜか人間関係がスムーズにいかないケースでは、その優しさを貫くだけでは「不正解」ということになりますよね。

そういった場合は、人になめられないようにハキハキとしゃべるとか、堂々とした態度をとるなど、これまでとは違う形での行動が必要になってきます

また、いつも強気でリーダーシップを発揮する人にとっては、自分の主張が強いが故に、時としてケンカやトラブルに発展してしまうこともあるでしょう。

おそらく、その人の課題は、人の心を思いやる優しさを持って、仲間と協力しながら物事を進めていくことなのかもしれません。

このように、「押してダメなら引く」というイメージで、あなたにとっての幸せの方程式は、あなた自身で一つ一つ気付き、クリアしていかなければらないのです
.
.
では、現時点で人生に不満を抱いている人が、自分自身の課題に気付き、幸せな人生に向かっていくためにはどうしたらいいのか。

まずは、どんな状態が「幸せ」で、どんな状態が「不幸」なのか、そこを改めて認識するところからスタートします。

今の自分が『幸せの道』を歩んでいるのであれば、ワクワク・ウキウキ・情熱・愛・感謝・自信・希望・満足など、こういったポジティブな感覚を持った状態になっているはずです。

一方、今の自分が『不幸の道』を歩んでいるのであれば、無気力・苦悩・憂ゆつ・絶望・自己卑下・嫉妬・自信喪失など、理想とは程遠いネガティブな感覚になってしまいます。

ちなみに、斎藤一人さんいわく、成功する時は、その方向に意識を向けただけで「心がいい気分になる」とのこと。

このことを再認識した時に、現状に不平不満を抱きながら生活している人は、間違いなく不幸の道を歩んでいるわけですが、これをどうやって改善していけばいいのか。

一番大事なポイントとしては、ネガティブな感覚を持っている時点で、今、自分が最も力を入れて頑張っている物事を無理に推し進めないこと

要は、『そのやり方、または、その考え方は間違っているよ!軌道修正しないともっと苦しくなるよ!』というサインが、現状のあなた自身の状態を示しているんですね。

だから、中には、そのサインに気付いていながらも、「負けたくない」「自分にはできる」「あの人のために」など、自分の中の正義を貫く人もいますが、劣等感やハングリー精神での努力というのは、なかなか実らないものです
.
.
なぜなら、人間としての正しさだけで見れば「我の強さ」は正解かもしれませんが、神的な視点で見ると、「明るい」「優しい」「親切」「楽しい」「ワクワク」など、そういった生き方が正解だからです。

もし、人間という存在を人間が創ったのであれば、我の強さで幸せになれるのかもしれません。

しかし、人間という存在は神様が創ったものである以上は、神が好む生き方をしない限り、傲慢な人ほど苦しい人生になってしまうんですね

神が好む生き方といっても、すごくシンプルなもので、「笑顔で明るく挨拶する」とか「いつも上機嫌で人に親切にする」とか、そういったことだけ。

『明るく生きて人に親切にする』。これをやっている人に、神様は「奇跡」を起こしげあげよう!って思うんです。

だから、例えば、どれだけ高学歴で頭がよくても、人を見下してバカにしているような人は、なぜか、何度も人に裏切られたり、挫折が続くなど、途中で物事がうまくいかなくなってしまいます

逆に、学歴がなくて仕事の能力が低くても、普段から徳を積んでいるような人は、なぜか、常に助けてくれる人が近くにいたり、同じ波動を持った「魅力的な人」との縁を与えてもらえたりする

このように、今の生活感覚がしっくりこないな・・と感じる時は、果たして神的な視点で見た時に、「自分は幸せの道を歩んでいるだろうか」と、現在の状態を内観してみてください。

そこで、幸せの道に進んでいるはずなのに、なかなか願いが叶わない!という場合は、一つのやり方・考え方に固執している可能性があるので、そこを一つ一つ改善していくようにしましょう。

優しさでダメなら「強気」、強気でダメなら「服装」、服装でダメなら「話し方」、話し方でダメなら「顔のつや」といった形で、次々と手を出し続けることが大事

ひとりさんも『この地球は行動の星だよ♪』とおっしゃっているように、あの世は想念の世界ですが、それを実際に行動して経験するのがこの世。

なので、一つ行動する度に、「失敗してしまった・・」と落ち込む人もいますが、本当の失敗者は何も行動しないことですから、「失敗=行動の証」ですし、成功に一歩ずつ近づいていることにもなります。

宇宙の法則を学ばないと現実に振り回される【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、「宇宙の法則を学ばないと現実に振り回される」というお話をしたいと思います。

この世の中には、魅力的な人がたくさんいますが、その人達が皆、宇宙の法則を知っているわけではありません。

引き寄せの知識が全くなくて、スピリチュアルの能力も一切ないにも関わらず、なぜか、物事がトントン拍子でうまくいく人もいます。

そういう人は、生まれ変わりの回数が多く、魂もかなり成長している人なのでしょう

例えば、子どもの頃から才能を開花するケースでは、前世でその道のプロとなり、極めていた可能性があります。

また、「笑顔」「言葉」に気を使える人というのも、人から教わっただけでなく、魂がそのことの大切さをすでに知っているわけです。
.
.
一方、未熟な人の場合、人の心が理解できなかったり、地獄言葉ばかり吐いたり、無気力だったり、その中で、そういう生き方をすると、どんな人生になるのかを学んでいます

だから、そういった人と出会った時は、「この人はダメ」とか「この人は悪い」という見方ではなく、「まだ魂が未熟な人だから、このままいくとどうなるかを学ぶんだな・・」と、そう解釈するようにしましょう。

もちろん、その人の未熟な部分をサポートしたり、知らなくてできていない部分を教えてあげるなど、その人の「魂の向上」に貢献することは素晴らしいことですよ。

ただ、何を言っても聞く耳を持たない人に関しては、我の強さを通す中で学ぶ人生を送っているわけですから、必要以上に手を差し伸べるのは控えた方がいいでしょう

人間は生きていると、「あの人はこうでああで・・」と、正しく人を裁こうとしがちですが、神様の創造物にいいも悪いもありません。

神が創ったものを否定すれば、自分も他人から否定されるという因果になるので、決して、人に地獄言葉を吐いたり、冷たく不親切にしたり、そういうことはしないこと。
.
.
ちなみに、私自身の人生を振り返ると、『宇宙の法則』を学んで本当によかったな♪と感じますし、むしろ、学ばなければならない人生だったと思っています。

以前は、自分の身に起きること、自分と縁のある人、毎日の人生感覚、そういったもの全てが、幸せとは真逆の状態だったので、毎日、本当に何とかしたい!!と強く思っていました

おそらく、それが一時的な期間限定の不幸なら、何とかその時期だけを我慢して、簡単に忘れることができたのかもしれませんが、何十年と続いたものですから、「これは明らかにおかしい!」と感じるようになったんですね。

でも、今思うと、そこまで追い詰められていたからこそ、斎藤一人さんのお話を全て、素直に聞き入れることができたのだと思います。

もちろん、「素直に」とはいえ、長い年月で積み上がった劣等感がすぐに緩和するわけではないので、最初のうちは何度も反発心が芽生えましたし、天国言葉の口癖をやめて、地獄言葉で紛らわす時もありました

そんな中で、徐々に、その斎藤一人さんの学びが基盤となってきた時に、「小林正観さん」や「引き寄せの法則」を本で学ぶようになり、『幸せに生きるコツ』が少しずつわかってきたという感じです。
.
.
もし、目には見えない宇宙原理を一切学ばずに、今日まで生きてきたとしたら、おそらく、世の中のニュースに一喜一憂したり、周囲の人や環境にすぐ影響を受けたり、そういう「現実に振り回される人生」を送っていたと思います。

自分の中で一番の学びは、「人生にはシナリオがあり、生まれる前にそのシナリオを自分で決めて出てきている」ということです。

だから、「宿命」「定め」というのは、私にとってはものすごくありがたいこと。

なぜなら、生まれてから寿命が来るまで、『人生のシナリオ』が決まっているのであれば、強い劣等感でジタバタともがき苦しむ必要がないからです。

また、強い自我で苦労と戦ったり、ビクビクオドオドしながら人目を気にして、不安や恐怖心に右往左往せずとも、自分の意思で幸せの道に舵を切ることができます

この考え方の根本にあるのは、自分はあくまで「神様の創造物」であり、人間は生かしてもらっている存在!という解釈。

これが以前は、「全ての物事を自分の力で何とかしなければ・・」という考え方でした。

正直、これは、世の中で苦しそうに生きている人の特徴でもあると感じています

ただ、自我の強さで生きている人も、神様を宗教と誤解している人も、宇宙の法則を一切学んでない人も、日々、魂は成長しているので、何も問題はありません。

何度も生まれ変わる中で、いずれは理解することになるでしょう。

願い事が叶う人と叶わない人の決定的な違い☆【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、「願い事が叶う人と叶わない人の決定的な違い」というお話をしたいと思います。

私にとってこの気付きは、これまでの人生のありとあらゆる学びの中で、最も価値が高く、今後の人生を大きく左右するものだと感じています。

人間というのは、「知っている」けど「できていない」ことがたくさんあって、その中の一つが、『自分の望み(願い事)に対する考え方』であると、改めて再認識しました。

まず、何か願い事を叶えたいと思った時に、下記の3つの状態(思考パターン)に分類するとします。

1、私はこの夢を絶対に叶える!何が何でも叶えたい。今を我慢してでも苦労を乗り越えて、一生懸命努力するぞ。

2、私の夢は叶った。今すでに実現している。今、とてもいい気分で、幸せと豊かさを感じることができている。

3、私のこの夢が本当に叶ったらどうしよう。あれもこれも実現したらどうしよう。心がワクワク。鮮明なイメージ。
.
.
私はこれまで、斎藤一人さんの学びはもちろんのこと、引き寄せの法則を自分なりに理解してきたつもりでした。

ところが、実は1から2のステップを踏むだけでは、なかなか思うような引き寄せができなかったんですね

どの本を読んでも、たいていは「今」をいい気分で過ごしましょう!と書かれているので、私としては、もうその学びは十分だろう!と決めつけていたんです。

ただ、もし、本当にその学びが身になっているのであれば、こんなにモヤモヤとした気分になるわけがない・・。

そんなことを考えながら、ふと、youtubeで吉岡純子さんの音声を聞いていた時に、「あ、そういうことか、これだ!!」と、明確に気付きました。

それは、2から3のステップを踏まなければ、自分が本当に叶えたい願いは実現しないということ

もちろん、人によって異なるのかもしれませんが、私の場合は3の考え方がしっくりきました。

「こうなったらどうしよう・・」という言葉は、基本的に、ネガティブな感情が芽生えた時に出てくるフレーズですよね。

不安や心配事、恐怖心、焦り、イライラ、劣等感など、何か困った時に使う言葉ですし、そういった波動で生きていると、嫌な現象を次々と引き寄せてしまうことになります。

一方、吉岡さんの考え方では、これを逆転の発想で「この夢が叶ったらどうしよう・・」と、そういうプラスの意味合いでの『どうしよう!』を口にするというもの
.
.
もしかしたら、ほとんどの人は、「え?それが大きな気付き?別に何とも思わないけど。。」と感じるのかもしれません。

でも、私にとっては、「どうしよう」という言葉が、もはや『魔法の言霊』としか思えないくらい愛おしいと感じたんです。

だって、これまで何十年も生きてきて、「どうしよう」の言葉で心が明るくなったことってありませんからね(笑)

しかも、2の段階で「今すでに自分は幸せなんだ!!」って、無理に気持ちを高めていた時には感じなかった「ワクワク感」「躍動感」のような心が湧き出てきて、頭の中のイメージも鮮明

あれもこれも「叶ったらどうしよう」「うまくいったらどうしよう」と考えるだけで、顔がニヤけてしまいます(笑)

本当、不思議ですけどね。困った時に使っていた言葉が、今になってこれだけ味方してくれるわけですから。
.
.
おそらく、「私はすでにこの夢が叶ったんだ」という考え方の時は、「でも実際はこういう現実だし・・」という否定が入りやすかったんだと思います。

それが、自分の場合、「この夢が叶ったらどうしよう・・」と考える時には、脳の潜在意識が素直に肯定できるのでしょう。

ただ、一つ注意点としては、「万人に共通する正解」が存在するわけではないので、あなたにとってしっくりくる言葉を見つける必要があるということ。

例えば、人によっては、「どうせうまくいく」「どうせお金は入ってくる」など、基本的にはネガティブ用語として使われる『どうせ・・』をプラスの言霊として活用することで、心の状態が上向きになる人もいます。

どちらにしろ、この人生は「幸せ」になることが一番の目的なので、どのルートを選ぶにしろ、明るく楽しく生きられるのであれば正解ですし、どうもしっくりこないな・・と感じるのであれば不正解。

中には、どの考え方もしっくりこなくて、それで悩んでしまう方もいますが、私たちは「引き寄せのプロ」を目指しているわけではありませんからね

願い事が叶わない時期は、「一安心」や「一息つける時間帯」に小さな幸せを見出すことができれば、それだけでも、その安心の波動がいい現象を引き寄せるはずです。