天国言葉「許します」を口癖にし不完璧な自分を許します【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。

本日は、「許します」という天国言葉の意味についてお話したいと思います。

天国言葉とは、人の心に灯をともす言葉として、主に8つあり、その中の一つが「許します」という言葉になります。

では、なぜひとりさんは、この言葉を天国言葉に含めているのでしょうか。

もちろん世の中には、「法律違反」などの許されないことはありますよ。だから、絶対にやっていはいけないことまで全てを許しなさい!と言っているわけではありません。

その上での話ですが、実は、あなたに許せない人がいるとして、その人を許せない時というのは、心も体も硬直してしまうんですね。

なので、人を許せずにいると、健康面において様々な問題を引き起こすことになります。だから、まずは人を許す理由の一つが、「自分自身が心身共に健康であるため」という点になるかと思います。

ただ、人の脳は、どうしたら「その人を許さないか」を考えた方が楽なので、そう簡単に人を許せるものではないそうです。

また、自分の身近に許せない人が表れなくても、例えば、世の中で起きた「事件」がニュースで流れているのを見ると、それに対しても「許せない!」という気持ちを、ずーっと抱えてしまうケースもあります。

そうなると、さらに心も体も硬直してしまい、いつまで経っても幸せになれない状況が続いてしまうんですね。

その解決策としては、まずは言霊の力を使って「許します」と口にすることが第一。心が伴っていなくてもいいので、毎日「許します」という言葉を口癖にしてみてください。

それでも、どうしても許せない!と感じる時は、「許せない自分を許します」と、自分を許す言葉を使うのがいいそうです。

あとは時間の経過を味方にして、時間が経つに連れて許せない気持ちが1%でも薄くなっていくのを待つということ。

人は10年単位でちょっとずつ考え方が成長するものなので、そのくらいの長いスパンで考えてみましょう。

一番いけないのは完璧を求めてしまうこと。人間は完璧にはいかないものです。完璧を追求しすぎると苦しくなってしまうので、何事もほどほどに、「不完璧主義者」で大丈夫!

さらに、もう一つの考え方としては、許せない!許せない!というけど、もっと早くに生まれた人は、戦争の時代で、あなたよりも、もっともっと許せないような人生を送っていたかもしれない。

そう考えた時、自分は上ばかり見ていたから苦しかったんだ。足元を見れば、一つ二つと、感謝できることがあるはず。そう解釈できるようになると思います。

<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です