天国言葉「幸せだなぁ」を千回唱える【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は、『天国言葉「幸せだなぁ」×1,000回』です。これは、ただ聞くだけでなく、口癖にして毎日10回ずつでも言ってみましょう。

千回の法則といって、1,000回唱えた後から、少しずつ起こる現象が変わってきます。

なぜ、このアファメーションのような作業をする必要があるのか?気になりますよね。

これって宗教でも何でもなくて、理由はとても簡単なものです。

人間には「脳」があって、脳の中には子供の頃から親や先生、周囲の人から受けた言葉、そして自分自身がその当時に感じたことが、びっしりと入っているんですね。

「そんな過去のことなんて全く覚えていないよ!」と思うかもしれませんが、潜在意識といって脳内にはちゃんとインプットされているんです。

そこで問題なのは、例えば、脳の中に「自分はダメな人間だ!」という意識が入っていると、それが過去の記憶だとしても、今のあなたに大きな影響を与えてしまうわけです。

自信が持てない、人の目が気になる、失敗が怖い、勇気が出ない、恥をかきたくない、行動できない、コミュニケーションに不安を感じるなど、人間にはありとあらゆる潜在意識が染み付いているんですね。

つまり、『幸せだなぁ』という言霊は、その潜在意識を書き換える一つの手段ということになります。

これは心の中で「自分は幸せなんだ!」と思えなくても大丈夫です。心が伴わなくてもまず口にすること。

ひとりさんの教えは、心の中で思いなさいというものではなく、『はじめに言葉ありき』といって、言葉にすることが先という考え方です。

これを実践することで、自分の脳が「自分は幸せなんだな♪」と意識が書き換わって行動に変化が出るだけでなく、同時に、良い波動も出るので現実的に起こる現象も変わってきます。

「波動」というのは目には見えないので怪しいと思うかもしれませんが、人間の「心」というのも目には見えなくても存在していますよね?それと同じもの。

なので、愚痴や悪口ばかり言っている人からは「悪い波動」が出るため、例えば、その人と会うだけで、なぜか嫌な気分になるとか、疲れやすいとか、そういう現象が起こるんですね。

一日10回ずつでもいいので「幸せだなぁ」。これを毎日続けて、千回を目途にどんな変化が出てくるか、ぜひ行動に移してみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*