天国言葉「ツイてる」の効果を実感できない人の特徴【斎藤一人】

斎藤一人さんの天国言葉「ツイてる」を唱え続けているのに、全く効果を感じないという人にはある一つの特徴があります。

それは、「自分はツキのある人間なんだ」と心で思うことができていない点。

これに対してあなたは、「え?だって一人さんは心が伴わなくてもいいって言ってたよ?」と、腑に落ちない気持ちになるかもしれません。

しかし、ツイてるを口癖にしていれば心は関係ない!という教えは、初めて天国言葉を知った人に当てはまることなので、ずーっとそのままでいいというわけではないんですね。
.
.
では、なぜ、あなたは心から「自分にはツキがある」と思うことができていないのか。

その理由は、過去の経験から、「どうせ努力をしても結局ダメになるんだ・・」というブロックを無意識に持っているからです。

だから、ツイてる!ツイてる!ツイてる!と、毎日100回唱え続けていても、なかなかその効果を実感することができないのです。

もちろん、口にしないよりは口にした方がいいと思います。ただ、『波動』といって、あなたの心の状態が現実を引き寄せることになるので、やはり心で思うことができないと、苦しい現実を変えることは難しい。

このことを知った上で、今日からは「ツイてる!」と口にするだけでなく、今日一日の中でどんなツキに恵まれていたかな・・と、思い当たる幸運を書き記してみてください。
.
.
例えば、今日もご飯が食べれてツイてる、話し相手がいてツイてる、日本に生まれてツイてる、お風呂に入れてツイてる、ぐっすり眠れてツイてる、こんな気づきがあってツイてる、笑顔になれる時間があってツイてるなど。

このように、毎日、ただただ言霊を唱えるだけでなく、具体的な内容を書き記しながら「心で思う」こともセットで習慣にしていくんです。

この作業によって、少しずつ『あなたから出る波動』が上昇し、その明るい気持ちが次々とうれしい現象を引き寄せるようになっていきます。

今度こそ、斎藤一人さんの天国言葉「ツイてる」の効果を実感できるようになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です