言霊の力を使うなら単語法を活用すべき。

「言霊の力」って何かすごく難しそうな感じがしますが、実は誰でも常に意識しているものなんです☆

例えば、「あなたはダメな人、何もできないね」と毎日1,000回、これを1年中、耳元で言われ続ける自分を想像してみてください。

嫌ですよね?(笑)嫌というだけでなく、影響を受けたくないと思っていても、その後の人生で「自分はダメ!」という意識が強くなってしまうと思います。

これを逆の考え方で、プラスの意識を持とうというのが天国言葉です。天国言葉というのは、「ありがとうございます」「感謝してます」「愛してます」「幸せ」「うれしい」「楽しい」「許します」「ついてる」の8つ。

単語法はこれを連呼する方法。これは天国言葉でもいいですし、今の自分に不足している要素。例えば、気持ちが弱い時は、「強気、強気、強気。。」と、強気という言葉を連呼します。

こんな簡単なことで本当に効果あるんですか?って思われるかもしれませんが、効果は抜群です。

自転車だって逆上がりだって、確信があったわけじゃないですよね?できるようになりたいからチャレンジしたはず!!

であれば、「こうなりたい!」と思うことに、明確な根拠なんて必要ないんです。今すぐ行動するだけ。

人間って、できる理由よりもできない理由を探したり、安心材料よりも不安要素に目を向けたり、どうしてもマイナスに比重がかかってしまいがちです。

でも、意外とやってみたら「何だ簡単なことじゃん!何をあんなに悩んでたんだろ。。」ってこともよくありますよね(笑)

1円もお金はかかりません。ご飯を食べる時だって「何これ、まずい」と言って食べるより、「美味しい♪」と言って食べた方が幸せです。お米もお肉もお魚も自分一人の力では手に入らないのですから。言葉を大切にしましょう!

最初は心が伴わなくても大丈夫です。昔から「言葉ありき!」という教えがあって、まずは言葉から変えてみることが大事。ぜひ実践してみてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*