神様はどんな人を幸せにしたいと思うのか【柴村恵美子】

こんばんは、ツイてる坊主です。

本日は、柴村恵美子さんの「斎藤一人さんの教えを実践したい方へ」というお話について、解説いたします。

まず、お弟子さん達がひとりさんから学んだことは、「今すぐ幸せになりなさい」、そして今すぐ「幸せの道を歩きなさい」というものでした。

一般的には、幸せを感じるための方法として、最初に「心」を何とかしようと思うのではないでしょうか。

例えば、「あなたらしさを取り戻して素直な心で生きてみよう」とか「ありのままのあなたでいいんだよ」とか、身近な人から、そういったアドバイスを受けたことがある人もいるかもしれません。

もちろん、そういった考え方で気が軽くなることもあるでしょう。決して、絶対的な答えが存在しているわけではありませんので、いろんな手法を試すことは大事なことです。

ただ、斎藤一人さんを師匠(メンター)とする場合、柴村恵美子さんもおっしゃっているように、ひとりさんの教えは、主に「形から入りましょう!」というものです

形から入るとはどういうことですか?というと、心では思えなくてもいいから『言霊の力』を使い、「愛してます・ツイてる・うれしい・楽しい・幸せ・感謝・ありがとう・ゆるします」といった天国言葉を毎日の口癖とすること。

また、心が暗くてもいいから、毎日常に『顔につや』を出して「笑顔」でいること。そして、『明るい服装』をして、なるべく光り物を身に着けるようにするという教えです。

では、なぜこういった「形から入る努力」が必要なのでしょうか。

その理由は、いきなり心を幸せにしたい!と思っても、人生の根本部分を固めない限り、すぐに意識や思考が崩れてしまうからです。なので、「言葉→意識→思考→心」といった順番で、まずは『はじめに言葉ありき』という段階がスタート地点になります

例えば、子供の頃に親や先生に怒られた記憶、人に言われて気分を悪くした記憶、失敗をして自信を失った記憶などは、顕在意識では覚えていなくとも、脳の潜在意識にはちゃんと記憶に残っているものなんですね。

だから、無意識のうちに根拠のない恐怖心を抱えていたり、チャレンジしたいのに人目が気になったりするわけです。こうした『潜在意識』を書き換える効果を発揮するのが「言霊の力」

毎日、天国言葉を口にしていると、意識が前向きな状態となり、思考(考え方や解釈)が明るくなり、そして、次々と行動+改良を積み重ねていけるようになるのです。

その結果として、少しずつ「心」が元気で健康になるという流れになります。つまり、天国言葉を唱える段階では、まだ心が伴っていなくても構わないというのが一つのポイント

ほとんどの人は、心が伴っていない状態で「ありがとう」や「感謝してます」を言うことができません。家の中にいて一人で口癖にするだけなのに、なかなかそういった言葉を言うことができないものなんですね。

でも、この宇宙を神様が作ったものとしてイメージしてみてください。神様はどんな人を幸せにしたいと思うでしょうか?そして、どんな人に奇跡を起こしてあげたいと感じるでしょうか?

これまであなたは、人間の視点でしか世の中を見てきませんでしたよね。しかし、人間の人工物でこの「地球」ができたわけではありませんし、人間の力によって「魂」や「肉体」が作られたわけでもありません

また、「言葉を変えることに何の意味があるの?」と言う人もいますが、例えば、「ゆるします」という言葉を何度も唱えていると、体の硬直が緩んで血流がよくなり、本当に病気が治ることもあります。実際に、そういった事例がいくつもあるのです。

このように、この地球や人間を神様が作ったものとして考えると、『神様が好む生き方をすることが幸せになる一番の近道である!』ということが理解できるようになります。その生き方こそが、主に「天国言葉・顔につや・明るい服装」の3つなのです。

もちろん、神様の存在を否定する人もいるでしょうし、信じたくても信じられない人もいるでしょう。

ただ、斎藤一人さんが納税日本一の実績を作ったこと、そして、その教えを実践した9人のお弟子さんが皆、億万長者となり豊かで幸せな生活を送っている事実に変わりはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*