優しさでうまくいかない時は強気に出てみる【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだ「優しさでうまくいかない時は強気に出てみる」というお話をしたいと思います。

ひとりさんがおっしゃっているように、人間一人一人には魂の段階があるので、これをやったら幸せになれる!という絶対的な正えがあるわけではありません。

なので、あなたにとっての幸せは、実際に行動していく中で、失敗に対して「改良」を繰り返しながらわかってくるもの

例えば、いつも人に優しくしているのに、なぜか人間関係がスムーズにいかないケースでは、その優しさを貫くだけでは「不正解」ということになりますよね。

そういった場合は、人になめられないようにハキハキとしゃべるとか、堂々とした態度をとるなど、これまでとは違う形での行動が必要になってきます

また、いつも強気でリーダーシップを発揮する人にとっては、自分の主張が強いが故に、時としてケンカやトラブルに発展してしまうこともあるでしょう。

おそらく、その人の課題は、人の心を思いやる優しさを持って、仲間と協力しながら物事を進めていくことなのかもしれません。

このように、「押してダメなら引く」というイメージで、あなたにとっての幸せの方程式は、あなた自身で一つ一つ気付き、クリアしていかなければらないのです
.
.
では、現時点で人生に不満を抱いている人が、自分自身の課題に気付き、幸せな人生に向かっていくためにはどうしたらいいのか。

まずは、どんな状態が「幸せ」で、どんな状態が「不幸」なのか、そこを改めて認識するところからスタートします。

今の自分が『幸せの道』を歩んでいるのであれば、ワクワク・ウキウキ・情熱・愛・感謝・自信・希望・満足など、こういったポジティブな感覚を持った状態になっているはずです。

一方、今の自分が『不幸の道』を歩んでいるのであれば、無気力・苦悩・憂ゆつ・絶望・自己卑下・嫉妬・自信喪失など、理想とは程遠いネガティブな感覚になってしまいます。

ちなみに、斎藤一人さんいわく、成功する時は、その方向に意識を向けただけで「心がいい気分になる」とのこと。

このことを再認識した時に、現状に不平不満を抱きながら生活している人は、間違いなく不幸の道を歩んでいるわけですが、これをどうやって改善していけばいいのか。

一番大事なポイントとしては、ネガティブな感覚を持っている時点で、今、自分が最も力を入れて頑張っている物事を無理に推し進めないこと

要は、『そのやり方、または、その考え方は間違っているよ!軌道修正しないともっと苦しくなるよ!』というサインが、現状のあなた自身の状態を示しているんですね。

だから、中には、そのサインに気付いていながらも、「負けたくない」「自分にはできる」「あの人のために」など、自分の中の正義を貫く人もいますが、劣等感やハングリー精神での努力というのは、なかなか実らないものです
.
.
なぜなら、人間としての正しさだけで見れば「我の強さ」は正解かもしれませんが、神的な視点で見ると、「明るい」「優しい」「親切」「楽しい」「ワクワク」など、そういった生き方が正解だからです。

もし、人間という存在を人間が創ったのであれば、我の強さで幸せになれるのかもしれません。

しかし、人間という存在は神様が創ったものである以上は、神が好む生き方をしない限り、傲慢な人ほど苦しい人生になってしまうんですね

神が好む生き方といっても、すごくシンプルなもので、「笑顔で明るく挨拶する」とか「いつも上機嫌で人に親切にする」とか、そういったことだけ。

『明るく生きて人に親切にする』。これをやっている人に、神様は「奇跡」を起こしげあげよう!って思うんです。

だから、例えば、どれだけ高学歴で頭がよくても、人を見下してバカにしているような人は、なぜか、何度も人に裏切られたり、挫折が続くなど、途中で物事がうまくいかなくなってしまいます

逆に、学歴がなくて仕事の能力が低くても、普段から徳を積んでいるような人は、なぜか、常に助けてくれる人が近くにいたり、同じ波動を持った「魅力的な人」との縁を与えてもらえたりする

このように、今の生活感覚がしっくりこないな・・と感じる時は、果たして神的な視点で見た時に、「自分は幸せの道を歩んでいるだろうか」と、現在の状態を内観してみてください。

そこで、幸せの道に進んでいるはずなのに、なかなか願いが叶わない!という場合は、一つのやり方・考え方に固執している可能性があるので、そこを一つ一つ改善していくようにしましょう。

優しさでダメなら「強気」、強気でダメなら「服装」、服装でダメなら「話し方」、話し方でダメなら「顔のつや」といった形で、次々と手を出し続けることが大事

ひとりさんも『この地球は行動の星だよ♪』とおっしゃっているように、あの世は想念の世界ですが、それを実際に行動して経験するのがこの世。

なので、一つ行動する度に、「失敗してしまった・・」と落ち込む人もいますが、本当の失敗者は何も行動しないことですから、「失敗=行動の証」ですし、成功に一歩ずつ近づいていることにもなります。

魅力的な人はトイレ掃除の人にも感謝する【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

斎藤一人さんの一日一語を要約した、一日一伝をお送りいたします。

本日の一日一は、『魅力的な人はトイレ掃除の人にも感謝する』
.
.
魅力的な人って、また会いたいって思える人だよね。

魅力的な人って、愛があるんだよ。

どんな人にも優しくできる。

ドライブインのトイレ掃除をする人にも、コンビニでアルバイトする人にも、きちんと、ありがとうございます!と、挨拶をして、感謝できるんです。

それから、魅力的な人は、またがあるんだよね。

「この人にまた会いたい」「この人からまた買いたい」 と思わせる人。

そんな人は、何をやっても成功する。

だから、魅力って大事なんだ。

さいとうひとり
.
.
ここからは、斎藤一人さんの、「魅力」に関する名言集をお届けいたします
.
.
昔は、家柄の時代だったんだ。実力がなくても、殿様の家に生まれれば殿様に、家老の家に生まれれば家老になった。そして、学歴の時代が来て、今は魅力の時代なんです。

さいとうひとり
.
.
.
この宇宙には、宇宙貯金っていうのがある。それは、魅力的なことをやっていると、プラスされるということ。逆に、マイナスなことをやっていると、その額が減っていくんです。

さいとうひとり
.
.
.
魅力的なことを言っていると、魅力の貯金ができる。いいことが起きる人は、魅力的な発言をしている。自分の言葉が、魅力的かどうか。不景気な世の中だから、それを不景気だと連発してみても、ちっとも魅力的な言葉ではないの。不景気だって繁盛している店もあるんだから、がんばらなくっちゃね!というほうが、魅力的なんです。

さいとうひとり
.
.
.
人に好きになってもらうために、今日一日、人に親切にしよう。奉仕のつもりで働こう。それだけで、ものすごい魅力的になるから。今日一日、人に親切にしよう。奉仕のつもりで働こう。これを40回ぐらい言って、自分に今日の目的をはっきりさせる。それだけで十分ですよ。それだけ。

さいとうひとり
.
.
.
いい人やまじめな人が、成功するわけではない。一生懸命やっていても、うまくいかないこともあるんです。仕事で成功するには、「人から応援される」、「人から愛される」、という要素がなければ難しい。そういう 魅力的な人にならないとダメなんです。

さいとうひとり
.
.
.
成功に向かって歩き出してる人は、成功者って言うんです。止まっちゃいけない。歩き続けるんです。千里先からでもいい。成功に向かって歩き出した人は、全部魅力的なんです。

さいとうひとり
.
.
.
魅力的になるためには、まずは見た目。きちんとした身なりで、肌につやがあって、明るい笑顔の人は嫌われないんだよ。そして、言う言葉が愛情にあふれていれば、間違いなく魅力的だよ。たとえば、運転をしているとき、助手席の人に、寝てていいよ。安全運転するからね、と言える人になる。こんなふうに、人に喜んでもらえる言葉が言えたら、かっこいいよね。

さいとうひとり
.
.
.
将来、勉強で英語が必要な人は、英語を聞くと心地よく聞こえる。音も魅力的に聞こえるの。方程式を使う人は、方程式を見ると、知恵の輪みたく楽しく見える。で、使わない人はそう感じないの。必要ならワクワクするようになってる。

さいとうひとり

どんな時でも感謝して親切な人になろうね【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの「どんな時でも感謝できる親切な人になろうね」というお話について、解説いたします。

誰でも生きていれば、人生の転機となるような、ショックな出来事が起こることもありますよね。

その時に、「なぜ自分だけこんなに不幸なんだろう」、「何でこんな辛い思いをしなければならないの?」と、現実を受け入れることができなくなる人もいます。

もしかしたら、何年も、何十年も、その一つのきっかけが原因で、苦しみもがき続けてしまうケースもあるでしょう。

ただ、一度そういう経験をしたのであれば、これからは、普段から「小さな感謝、小さな親切」を大切にしていかなければなりません

例えば、柔道の受け身と同じように、人間は、何かあってから受け身をとろうと思っても、すぐには対応することができません。

だから、常日頃から、愚痴や泣き言を言わない訓練、そして、人に愛のある言葉をかける習慣を、「鍛錬」として積み重ねていく必要があるのです。

この世の中には、幸せな人もいれば、不幸な人もいますよね。でも、ひとりさんは、「誰でも幸せになることはできるんだよ♪」とおっしゃっています。

これはどういうことかというと、今あるものに感謝をし出すと、いくらでも幸せになり、今ないものに不平不満を言い出せば、いくらでも不幸になることはできるということ。

つまり、幸せに焦点をあてて「幸せに舵を切る」のは自分ですが、不幸に焦点をあてて「不幸に舵を切る」のも自分なのです。

では、一体、日常生活の中で、どんなことに感謝をしたらいいのでしょうか。

例えば、日本に生まれたこと、お金があること、ご飯が食べられること、服が着れること、水やお湯が使えること、住む家があること、冷蔵庫があること、洗濯できること、友達がいること、家族がいること、話し相手がいること等。

このように、いつも当たり前だと思っていたことが、実は「奇跡」であり、とても運がいい環境に囲まれているんですね。こういったことに一つ一つ気付いてくことが大事

だから、生きているとお金に困る人もいますが、お金に困る経験をすることで、その人は身をもって「お金のありがたみ」を学び、感謝の言葉を口にできるようになるのです

一方、どんなに人から親切にされようが、優しくされようが、お金持ちになろうが、感謝を知らない人は、「もっともっともっと。。」と、今のこの幸せを、幸せと感じることができません。

仮に、自分の願望が全て叶って、「やっと夢が実現してこれで幸せになれる!」と思っていても、なぜか心がモヤモヤしたり、暗くて寂しい気持ちになったりするんですね

その理由は、この世は『バランスの法則』といって、片方だけに都合のいいことが続くことは絶対にありません。

「ありがとう」と言う出来事が起きたら、今度は、「人からありがとう」と言われる行動をとらなければ、再び「ありがとう」と言いたくなるような現象はやって来ないのです

「その話、本当なんですか?何の根拠があるんですか?」と、半信半疑の人は、半分どころか全く信じなくても大丈夫です。

でも、実際に、いつも人から食事をおごってもらう人よりも、人に食事をご馳走して、相手を笑顔にしたり喜ばせたりしている人の方が、なぜか幸せな人生になります

もちろん、お金のかからないことでも同じ。得るより先に与えること。これが徳を積むということです。ぜひ、小さなことから始めてみてください。

幸せ