どんな時でも感謝して親切な人になろうね【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの「どんな時でも感謝できる親切な人になろうね」というお話について、解説いたします。

誰でも生きていれば、人生の転機となるような、ショックな出来事が起こることもありますよね。

その時に、「なぜ自分だけこんなに不幸なんだろう」、「何でこんな辛い思いをしなければならないの?」と、現実を受け入れることができなくなる人もいます。

もしかしたら、何年も、何十年も、その一つのきっかけが原因で、苦しみもがき続けてしまうケースもあるでしょう。

ただ、一度そういう経験をしたのであれば、これからは、普段から「小さな感謝、小さな親切」を大切にしていかなければなりません

例えば、柔道の受け身と同じように、人間は、何かあってから受け身をとろうと思っても、すぐには対応することができません。

だから、常日頃から、愚痴や泣き言を言わない訓練、そして、人に愛のある言葉をかける習慣を、「鍛錬」として積み重ねていく必要があるのです。

この世の中には、幸せな人もいれば、不幸な人もいますよね。でも、ひとりさんは、「誰でも幸せになることはできるんだよ♪」とおっしゃっています。

これはどういうことかというと、今あるものに感謝をし出すと、いくらでも幸せになり、今ないものに不平不満を言い出せば、いくらでも不幸になることはできるということ。

つまり、幸せに焦点をあてて「幸せに舵を切る」のは自分ですが、不幸に焦点をあてて「不幸に舵を切る」のも自分なのです。

では、一体、日常生活の中で、どんなことに感謝をしたらいいのでしょうか。

例えば、日本に生まれたこと、お金があること、ご飯が食べられること、服が着れること、水やお湯が使えること、住む家があること、冷蔵庫があること、洗濯できること、友達がいること、家族がいること、話し相手がいること等。

このように、いつも当たり前だと思っていたことが、実は「奇跡」であり、とても運がいい環境に囲まれているんですね。こういったことに一つ一つ気付いてくことが大事

だから、生きているとお金に困る人もいますが、お金に困る経験をすることで、その人は身をもって「お金のありがたみ」を学び、感謝の言葉を口にできるようになるのです

一方、どんなに人から親切にされようが、優しくされようが、お金持ちになろうが、感謝を知らない人は、「もっともっともっと。。」と、今のこの幸せを、幸せと感じることができません。

仮に、自分の願望が全て叶って、「やっと夢が実現してこれで幸せになれる!」と思っていても、なぜか心がモヤモヤしたり、暗くて寂しい気持ちになったりするんですね

その理由は、この世は『バランスの法則』といって、片方だけに都合のいいことが続くことは絶対にありません。

「ありがとう」と言う出来事が起きたら、今度は、「人からありがとう」と言われる行動をとらなければ、再び「ありがとう」と言いたくなるような現象はやって来ないのです

「その話、本当なんですか?何の根拠があるんですか?」と、半信半疑の人は、半分どころか全く信じなくても大丈夫です。

でも、実際に、いつも人から食事をおごってもらう人よりも、人に食事をご馳走して、相手を笑顔にしたり喜ばせたりしている人の方が、なぜか幸せな人生になります

もちろん、お金のかからないことでも同じ。得るより先に与えること。これが徳を積むということです。ぜひ、小さなことから始めてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*