人間は神様(万物の創造主)によって創られた【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの学びを参考に、『人間は神様(万物の創造主)によって創られた』というお話をしたいと思います。

人生とは、「自分の努力次第で何とでもなるもの」という教えは、人間の観点からすると正しい考え方です。

ただ、それはあくまで人間が絞り出した答えであって、「幸せに生きるための答え」として合っているとは限りません。

なぜなら、人間の人工物として、人間が誕生したわけではないからです

人間の魂、肉体、心、こういったものを人間が自由自在に創造することはできませんよね。

ということは、人間ではない「創造主(神様)」と呼ばれる存在によって、私たちは創られたことになります。

その時に、私が斎藤一人さんから教わったことの一つが、『人生のシナリオはすでに決まっている』という教え。

これは、この世に誕生する前の段階で、自分がどの国の、どの両親の下で、どんな顔や性格で生まれ、どんな仕事に就き、どういった人生を経験し、何を学び、いつどんな形で死ぬのか、そういった「定め」を決めて出てきているというもの。

つまり、この定め(宿命)に関しては、人間の意思や努力だけでは、どうすることもできないシナリオとして固定されているわけです。
.
.
この考え方に対して、中には、「苦しい努力を避けるなんて考えが甘い!!」という人もいます。

しかし、シナリオとは違うルートを歩もうとすると、なぜか努力に反して苦しい展開になり、結局は、本来学ぶべき道に戻ることになる。

例えば、現世では結婚しないと決めてきた人は、孤独を好む傾向があるといった特徴があるので、いくら周りが応援して動いたとしても、結婚しない人生を送ることになります

ただ、それが不幸というわけではなく、結婚しない人生の中で、その人なりの幸せを見出せるようになっているんですね。

なので、結婚する意思がないけど「親孝行のために」と言って、無理に結婚をして、毎日我慢の生活を送ってしまうと、何かかしらの不調やトラブルに見舞われるなどで、間違いに気付かされることになります。

このように、幸せとは真逆の道を歩んでしまう人は、自我を解放させなければなりません。

自我の解放とは、「こうしなきゃいけない」「こうあるべきだ」といった苦労を乗り越える努力ではなく、自分自身の心に素直になり、「本心・本音ではどうしたいのか」に耳を傾けることです

これを日々行っていると、「今はとてもいい気分で過ごせているから、きっとこの道で合っているんだろうな」と、感覚的に、自身の幸せルートに気付けるようになってきます。

自己犠牲で他人が喜んでくれれば!とか、今の苦しみさえ乗り越えれば!など、そういった幸せの道に反した選択肢を選ばないように、日頃から自我の解放を心がけるようにしましょう。

子どもの気力を奪う毒親モンスターが増加【斎藤一人】

斎藤一人まとめサイト(名言集)

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだことを参考に、「子どもの気力を奪う毒親モンスター」というお話をしたいと思います。

基本的に、ひとりさんの教えでは、子どもを自由にしてあげること、そして、信じてあげることが一番の教育である!とおっしゃっています。

というのも、「子どものためを思ってこれだけのことをしてきた」とか、「子どもなんだから親の言うことを聞くのは当たり前」というのは、子どものためではなく、親自身のエゴなんですね。

また、人間一人一人には、生まれる前に決めた『シナリオ(定め)』があるので、例えば、不良になる子というのは、どんなに厳しくしつけたとしても、不良になるという定めの中で、人生経験を積むようになっています。

なので、親や先生、周囲の大人にできることは、何があっても信じてるよ!と、子どもを信じてあげること。

そして、なるべく、自由にさせてあげることしかありません。

例えば、落ち着きのない子であっても、説教をしたり、怒鳴ったりして、萎縮させるのではなく、興味のあることを、好きにやらせてあげる。

それが、どんな遊びであっても、その子どもが大人になる頃には、仕事として役に立ったり、思考力につながったりするものです。
.
.
一番よくないのは、運動嫌いな子に、無理やり何かスポーツをやらせて、劣等感を与えたり、勉強嫌いな子に、無理やり勉強をさせて、覇気のない状態にしてしまうことです。

子どもは、本当に好きなことや、やりたいことがあっても、親に心配をかけたくない、喜んでもらいたい、褒められたい、怒られたくない、言ってもわかってもらえないなど。

こういった思いから、嫌なことや苦手なことを我慢して努力するようになります。

しかし、ひとりさんいわく、苦労の先に待っているのは苦労!

我慢の先に待っているのは、恨みだけ!!

人生が 思い通りにいかないと、その原因は親のせいであると、いつの間にか、これまで自分に我慢をさせた存在を強く恨むようになってしまうんです。

さらに、そのはけ口を学校や職場に持ち込み、弱い人間を いじめるようになることもあります。

ただ、世間的には、『親が正論で、子供はわがまま』という固定概念が染みついているので、ほとんどの大人は大人同士でフォローし合うようになりがち。

だから、基本的には、子どもと同じ目線に立って、子どもの価値観を認め、子どもの味方につく大人というのは、よほど魂が成熟した人でない限り難しいでしょう。
.
.
よく、親は自分が若い頃に果たせなかった夢を子どもに叶えさせようとしたり、自分が感じた劣等感を子どもに植え付けさせ、自分の過去と同じような苦労を乗り越えさせようとしますよね。

でも、これって明らかにおかしんです。なぜなら、血のつながりはあっても、魂は別々なので、生まれる前に決めてきた「人生のシナリオ」は一人一人異なるからです

その証拠に、どれだけ優秀なスポーツ選手の下で生まれた子どもであっても、その道に何の興味も示さないこともありますし、一生懸命やってもプロの世界にすら入れないケースもあります。

このことに気付かず、勉強ができないとダメ、運動ができないとダメ、結婚ができないとダメ・・・といった形で、次から次へと、親の目線でダメの壁を子どもに与えてしまう

それに対して、子どもにとって親は絶対的な存在なので、そうした親の期待に応える生き方こそが全て!と思い込んでしまうんですね。

でも、実際は、自分の魂だけが知っている本心・本音の道とは違う、親が提示した苦しい道を歩んでいるわけですから、感覚としては毎日苦しみを感じてしまいます。
.
.
そして、その苦しみを我慢すると、ひとりさんいわく「我慢からは憎しみしか生まれない」とのこと。

とはいえ、親には今まで食べさせてもらい、学校にも行かせてもらってきたわけですから、逆らうことは許されない。仮に、反発したところで、また大人同士の話し合いが始まるだけ。。。

そうやって、どんどんどんどん、子どもの心には大きな溝ができ、いつの間にか、「慢性的に気力が湧かない、他人に無関心、愚痴や悪口などの悪習慣」が身についてしまうのです。

それでも、真面目で優しい子どもほど、自分の心を常に犠牲にし、無理をしてでも親に元気な姿を見せ、親が喜ぶ選択肢を選び続けます

その子どもの窮屈な心に、親は気付くことがあるでしょうか?

中には、家族だから、親子だから、血のつながりがあるから、そういった依存・執着にとらわれ、子どもが巣立って自立した後も、子離れできずに「どれだけ尽くしてきたから、わかっているのか?」「いつになったら結婚するんだ?」と、最後の最後まで、子どもにしがみつく人もいるようです。

いい加減、自分自身の未熟さに気付くべきだと感じます。せめて、一人さんの教えを学んでいる人だけでも、『子どもを自由にし、信じてあげる』。この2つを大切にしていきましょう。
.
.
最後に、子ども自身が毒親に対して、どう考えたらいいのか。

どんなに口うるさい親であっても、雨風しのげる家に 住ませてくれた。ご飯を作ってくれた。温かい布団で寝させてくれた。

このように、一つ一つの小さな幸せに焦点を当て、認めるところは認める。そして、感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

また、親も一人の人間なので、まだ魂が未熟な人だったのかもしれない

でも、生まれてきた以上はこっちのもの。

いつまでも 親を不幸の原因とせず、自分自身が今、この瞬間から、幸せの道に向かっていけるように、できることから、無理せず、一歩ずつ、足を踏み出していきましょう。

宇宙の法則を学ばないと現実に振り回される【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、「宇宙の法則を学ばないと現実に振り回される」というお話をしたいと思います。

この世の中には、魅力的な人がたくさんいますが、その人達が皆、宇宙の法則を知っているわけではありません。

引き寄せの知識が全くなくて、スピリチュアルの能力も一切ないにも関わらず、なぜか、物事がトントン拍子でうまくいく人もいます。

そういう人は、生まれ変わりの回数が多く、魂もかなり成長している人なのでしょう

例えば、子どもの頃から才能を開花するケースでは、前世でその道のプロとなり、極めていた可能性があります。

また、「笑顔」「言葉」に気を使える人というのも、人から教わっただけでなく、魂がそのことの大切さをすでに知っているわけです。
.
.
一方、未熟な人の場合、人の心が理解できなかったり、地獄言葉ばかり吐いたり、無気力だったり、その中で、そういう生き方をすると、どんな人生になるのかを学んでいます

だから、そういった人と出会った時は、「この人はダメ」とか「この人は悪い」という見方ではなく、「まだ魂が未熟な人だから、このままいくとどうなるかを学ぶんだな・・」と、そう解釈するようにしましょう。

もちろん、その人の未熟な部分をサポートしたり、知らなくてできていない部分を教えてあげるなど、その人の「魂の向上」に貢献することは素晴らしいことですよ。

ただ、何を言っても聞く耳を持たない人に関しては、我の強さを通す中で学ぶ人生を送っているわけですから、必要以上に手を差し伸べるのは控えた方がいいでしょう

人間は生きていると、「あの人はこうでああで・・」と、正しく人を裁こうとしがちですが、神様の創造物にいいも悪いもありません。

神が創ったものを否定すれば、自分も他人から否定されるという因果になるので、決して、人に地獄言葉を吐いたり、冷たく不親切にしたり、そういうことはしないこと。
.
.
ちなみに、私自身の人生を振り返ると、『宇宙の法則』を学んで本当によかったな♪と感じますし、むしろ、学ばなければならない人生だったと思っています。

以前は、自分の身に起きること、自分と縁のある人、毎日の人生感覚、そういったもの全てが、幸せとは真逆の状態だったので、毎日、本当に何とかしたい!!と強く思っていました

おそらく、それが一時的な期間限定の不幸なら、何とかその時期だけを我慢して、簡単に忘れることができたのかもしれませんが、何十年と続いたものですから、「これは明らかにおかしい!」と感じるようになったんですね。

でも、今思うと、そこまで追い詰められていたからこそ、斎藤一人さんのお話を全て、素直に聞き入れることができたのだと思います。

もちろん、「素直に」とはいえ、長い年月で積み上がった劣等感がすぐに緩和するわけではないので、最初のうちは何度も反発心が芽生えましたし、天国言葉の口癖をやめて、地獄言葉で紛らわす時もありました

そんな中で、徐々に、その斎藤一人さんの学びが基盤となってきた時に、「小林正観さん」や「引き寄せの法則」を本で学ぶようになり、『幸せに生きるコツ』が少しずつわかってきたという感じです。
.
.
もし、目には見えない宇宙原理を一切学ばずに、今日まで生きてきたとしたら、おそらく、世の中のニュースに一喜一憂したり、周囲の人や環境にすぐ影響を受けたり、そういう「現実に振り回される人生」を送っていたと思います。

自分の中で一番の学びは、「人生にはシナリオがあり、生まれる前にそのシナリオを自分で決めて出てきている」ということです。

だから、「宿命」「定め」というのは、私にとってはものすごくありがたいこと。

なぜなら、生まれてから寿命が来るまで、『人生のシナリオ』が決まっているのであれば、強い劣等感でジタバタともがき苦しむ必要がないからです。

また、強い自我で苦労と戦ったり、ビクビクオドオドしながら人目を気にして、不安や恐怖心に右往左往せずとも、自分の意思で幸せの道に舵を切ることができます

この考え方の根本にあるのは、自分はあくまで「神様の創造物」であり、人間は生かしてもらっている存在!という解釈。

これが以前は、「全ての物事を自分の力で何とかしなければ・・」という考え方でした。

正直、これは、世の中で苦しそうに生きている人の特徴でもあると感じています

ただ、自我の強さで生きている人も、神様を宗教と誤解している人も、宇宙の法則を一切学んでない人も、日々、魂は成長しているので、何も問題はありません。

何度も生まれ変わる中で、いずれは理解することになるでしょう。