悩み解決のヒントは「内神様」の存在に気づくこと【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの「悩みを解決するヒント」についてのお話になります。

普段、ひとりさんの教えを音声で聞いていると、いかにひとりさんが、皆が楽しくなるように面白くお話されているかが実感できますね。

焦らず一つ一つの教えを順序立てて学び、頭の中を整理しながら実践していくことが大事になってきます。

何度も同じことで悩んでしまう時は、ひとりさんがこれまでお話してきた「言霊の力」や「考え方」の部分を復習するようにしましょう。

私自身も、何度も何度もひとりさんの話を聞いていますが、これまで何十回、何百回と聞いたことがある話でも、久々に聞くと、「あ、そうだそうだ!」と、考え方を修正したり、改心したりすることがあります。

ただ、決して「自分はまだまだ未熟だなぁ。。」って落ち込むようなことはしません。

ひとりさんがおっしゃるように、「10年単位でちょっとずつ良くなってるから大丈夫!」という解釈をするようにしています。

その方が、気持ちが軽くなりますし、今後も楽しく生きていけますからね。どんな時でも楽しさ優先です(笑)

斎藤一人さんの教えを田宮陽子さんが朗読で、「私は神です、あなたも神です、みんな神です」というフレーズでお伝えしていましたが、これは一般的な解釈とは少し異なるので、誤解される方もいると思います。

おそらく、神様のイメージというのは、天から一人一人を眺めている手の届かないようなすごい存在ですよね。

もちろんそのような存在ではあるのですが、人間一人一人を常に見続ける!って難しいと思いませんか?

そこで、ひとりさんがおっしゃるには、分け御霊(わけみたま)といって、一人一人の人間には必ず、内神様(うちがみさま)が入っているんだそうです。

なので、自分を信じないとか、子供が信じられないとか、他人を批判したりいじめたりするとか、そういう行いは、「神」を軽視しているのと同じことになってしまうんですね。

そうなると、神様は頭にくるわけです。だから、「我は神なり愛と光なり」という言霊があるように、自分も他人も、愛(優しさ)と光(上機嫌)で、大切にしなければなりません。

本当にこの話を理解して、言霊を大切にできる人は、今は1万人に1人くらいかもしれませんが、今後、時代の経過と共に少しずつ増えてくるでしょう。

なぜなら、昔は人が人を食べていた時代もあったわけですし、当たり前のように人を切り殺していたような時代もありましたよね。

なので、本当に長期で考えると、「人間の魂」は順調に成長しているということになります。

<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です