新型コロナウイルスの件で一人さんの見解【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、『新型コロナウイルス』に関する斎藤一人さんの見解をお伝えしたいと思います。

このお話は、ひとりさんの「お弟子さん」や「特約店」の方の情報を参考にしたものです。どう解釈するかは個々の判断となります。

というのも、この世の中に絶対的な答えがあるわけではありません

なので、「ひとりさんは何とおっしゃっていますか?」と、聞き回りたくなる気持ちもわかりますが、これからは、ひとりさんから学んできたことの一つ一つを、大切に育んでいくことが大事ですからね。

まず、今回のコロナの件を一言でいうと、『今はわからなくても、後からわかる』とのこと。

この言葉の意味としては、神様は人間に天罰を与えているわけではなく、魂の時代において、「新たな時代」へ移行するために、起こるべくして起きている問題!ととらえることができます。

なぜ、私がそう解釈したのか。その理由は、ここ数年前から、ひとりさんの「一日一語」や宮本真由美さんの『斎藤一人 AI時代が来ても「絶対必要な人」になる方法』という本にも書かれていたように、ベーシックインカムの未来を示唆するような内容が記されているんですね。
.
.
ベーシックインカムとは、「国民が無条件に国や会社から一定のお金を分配してもらう」制度で、これによって働きたい人だけが働く環境になるというもの。

これによって、極論、昔の貴族のように遊んで暮らせる時代が到来し、個人の魅力に焦点が当たるようになる!!といわれているんですね。これが「魂の時代」。

だから、これまでのような、学歴の時代でもなければ、競争の時代でもない。さらに、性格が悪くても立場が強ければ勝てる!といったような時代でもない。21世紀は魂の時代なんです。

その魂の時代に移り変わるきっかけとなっているのが、今回のコロナ騒動なのでは?と、個人的にはそうとらえています。

なぜなら、斎藤一人さんのお話の中で「夜明け前が一番暗い」という言葉があるように、大きな転換期を迎える時期が、一番大変な時なんですね

実際に、過去の歴史を振り返るとわかるように、長期的に見ると、大正→昭和→平成と、「戦争」「災害」を経験しながらも、時代はよくなってきました。

だから、この令和時代も、みんなが想像している以上にすばらしい時代がやってくるはず。これは信じたい人だけが信じてみてください。
.
.
最後に、新型コロナウイルスについて、斎藤一人さんがおっしゃっているポイントを5つほどお伝えいたします。

1、「必要な恐れ」は持ち、必要のない恐れは持たないこと。

2、心の抗体を作るため、私たちはいろんな試練を乗り越えることで、「心」も「免疫力」もつき、強くなっていく。

3、これからは、魂の成長をする人としない人が二極化していく。

4、コロナを通じて、私たちは真剣に、自分の体、健康と向き合い、経済(お金)のことも学ぶべき時。

5、今、しっかり自分作りをして、天命を信じて人事を尽くしている人は、神に守られ、あなたのところに日が当たる。
.
.
今回のお話は、斎藤一人さんのお弟子さんや特約店の方のお話を参考にしたものです。

もしかしたら「何も参考にならなかった」と感じる人もいるかもしれませんが、あなたが幸せに生きるか不幸に生きるかは、あなた自身で選択することができます

あなたの現状は、今、とても苦しい状況にあるのかもしれません。

世の中がこんなに暗い状況で、どうやったら幸せになれるんだよ!!」と、叫びたい気持ちで、毎日を生き抜くことに精一杯かもしれない。

でも、今は、「こうなったら幸せになれるのに・・・」と、幸せに条件をつけるのではなく、『何があっても笑顔で幸せな人生にするぞ!』と、覚悟を決める時です。

例え、政治家や会社が、自分の思うように支援をしてくれないとしても、仮に生活が困窮してしまうとしても、この現状の中で打てる一手を見つけること。

私は、斎藤一人さんを師匠として生きているので、「今はわからなくても、後からわかる」という、ひとりさんの言葉を前向きに解釈しています

今日も一日、明るく、人に親切にしながら生きていきましょう。

お金持ちになる前から幸せな人生だった【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、「お金持ちになる前から幸せな人生だった」というお話をしたいと思います。

よく、成功者の方に対して、「これまでに、どんな苦労を乗り越えて、今に至ったんですか?」と、苦労してきたことを前提に、質問をする人っていますよね。

もちろん、誰だって大変な思いはしているわけですが、そこだけに焦点を当てる人がとても多いです。

成功者の方も、そういう聞かれ方をすると、「こんなことがあって、あんなことがあって。。」と、過去のことを事細かに語ってくれることがあります。

ただ、本当は、世の中が思っているような「不幸→努力→幸せ」という構図にはなっていないんですね

納税日本一に輝いた「斎藤一人さん」のお弟子さんもおっしゃっていますが、ひとりさんはお金持ちになる前から、明るく人に親切にしながら、幸せな人生を送っていました。

確かに学生時代は、あまり学校向きのタイプではなかったことで、「中卒」という学歴にはなりましたが、それを苦労ととらえて、苦しんできたわけではありません

それどころか、人よりも早く社会に出たことで、商人として先を走ることができた!と、そういう前向きな解釈をしていたんだそうです。
.
.
また、商人の道を歩む覚悟を決め、商売を始めてからも、仕事の「量」を増やして苦労するのではなく、仕事の「質」を高めることで売り上げを伸ばしてきました

ひとりさんいわく、『売り上げを3倍にしたかったら、3倍簡単な方法を見つけるべき!』とのこと。

要は、一日24時間の中で、仕事量を増やしてしまうと、人間の体力には限りがあるので、体を壊したり売り上げにも限度が来てしまう。

でも、効率を改善すると、同じ仕事量で売り上げを伸ばすことができるわけです

例えば、1個の商品を単品で売るだけでなく、3個セットでまとめ売りするなど、そういった工夫をすることで、売り上げを3倍に増やすことが可能。

さらに、ひとりさんは、日常生活においても、大きな成功を収める前から、明るく人に親切にする生き方をずーっと貫いてきました。

普段ドライブをしている時も、ドライブインでトイレ掃除をしている人に、「ありがとうございます^^」と明るく挨拶をしたり、会社から悪い報告が来ても「幸せだなぁ♪ツイてる!」を口癖にしていたのです。

このように、細かいところを見ていくと、実は、成功者というのは、お金持ちになったから幸せやチャンスをつかんだ!のではなく、そうなる前から、『成功者としての考え方』が身についていたことになります
.
.
世間の目からすると、どうしても「苦労話」を聞きたくなってしまいますし、成功者自身も、苦労話をしないと周りの人が納得しないから、何かと話題を提供してしまう面もあるのでしょう。

ところが、本当は、もともと幸せな人生を送っていたことで、その波動が天に届き、結果として、さらに幸せで豊かな人生につながっている。

決して、お金持ちになったから人生が逆転した!とか、一攫千金で億万長者になったから「善人」になり、「自由」になり、「明るく」なり、「親切」になった!というわけではありません。

もし、あなたが今、心の底から、お金持ちになる努力をしているなら、このことを知っておかないと、多くの人が誤解しているように、『苦労や我慢を乗り越えれば、お金持ちになれるはずだ!!』と、間違った考え方を持ってしまうことになります

ただ、宇宙の法則では、そういう仕組みにはなっていないので、苦労している人ほど、一つ問題をクリアするたびに、また苦しい状況に追い込まれていくことになるでしょう。

だから、今、「幸せに向かっている」のであれば、目の前の問題をクリアするたび、今月は1万、翌月は3万と、売り上げが伸びることはもちろんのこと、日々の生活感覚も、心が愛と光で満ち溢れているはずです
.
.
それが、何だかいつもイライラしてしまい、気分がモヤモヤするとか、売り上げが全く伸びず、出費ばかりが増えていつまで経っても生活が苦しい!ということであれば、それは、「不幸の道に向かっているサイン」ととらえる必要があります

その間違いを修正するためには、現在の生活環境がどんな状態であれ、未来の幸せに執着をしたり、新たなお金を追いかけないこと。

まずは、『今をいい気分』で過ごすことを常に意識し、今あるお金に感謝し、今いる仲間に幸せを感じ、今の環境のメリットを「紙に書き出す」ところからスタートしてみてください

もちろん、成功者の中には「行動量が勝っているから私は成功できました!!」と、自信満々に語っている人もいますが、行動量だけで成功するなら、日本人は勤勉な方が多いですから、すでに皆が成功しているはずです。

それが、他の国と比較しても「幸福度」が低く、わずか1割程度の人しか「巨万の富」をつかめていない現状を見るとわかるように、行動量ではないんです。

考え方の順番としては、『いい気分→ワクワク(ひらめき)→行動』です。決して、「嫌な気分→忍耐・苦労→行動」ではありません

だから、「あなたは、何を動機にお金持ちになりたいと思いましたか?」と、質問を投げかけられた時に、「今の生活に不満があって、何とかしたいからです!」と答える時点で、その動機で成功できる確率は極めて低いということになります

この話を信じる信じないは、あなたの自由で構いません。

その代わり、人を見返したり劣等感を持ったりしながら、それをエネルギーとして、本当の幸せ、そして、長期的な成功をつかむことができないことは、ご理解頂ければと思います。

斎藤一人さんの講演には数々の魅力を感じる点がある

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、「斎藤一人さんの講演で魅力を感じる点」についてお話したいと思います。

皆さんもご存知の通り、ひとりさんの講演には、数々の魅力がありますよね。

実際に、直接講演会に参加したことのない方でも、音声を通じて様々なお話を聞き、「救われた」「助かった」「心が軽くなった」と感じている方がたくさんいます。

では、ひとりさんのお話には、一体、どのような魅力が隠されているのか。

もしかしたら、身近なお弟子さん達は、すでにそういった部分を研究し尽くしているのかもしれませんが、一般的な視点では、なかなか気付くことができません。

なので、ここからは、あくまで個人的な見解になりますが、私自身が感じている「ひとりさんのお話の魅力」をお伝えしていきたいと思います。
.
.
まず、ひとりさんのすごいところは、聞く側の人間が「ワクワクするような話し方」をしてくれる点です。

毎回、一つのテーマに絞っていて、その内容を深掘りしていくような流れになっているのですが、いつも「絶対に最後まで聞きたい!!」と思わせてくれる展開になっています。

というのも、所々で「冗談」を言って、皆の「心」がフッと明るくなったところで、『今日一番伝えたいこと』をズバッと切り込むパターンが、けっこう多いんですね。

あえて、そういう緩急をつけた「伝え方」をしているとしか思えないほど、本当に、話を聞いている時間が楽しくて仕方ありません。

さらに、ちょっと会場が鎮まるような『真剣な話』をする時も、必ず、その直後に、フッと気が軽くなるように、場が和む「笑い話」を挟んでくれるんです

これはおそらく、真似をしようと思って真似できるものではなく、本当に相手のためだけを考えて、「愛」があればこそできる技なのでしょう。

もちろん、ひとりさん自身も楽しみながら話しているわけですが、「どの順番で、どのくらいのペースで、どんな言い回しをしたら、ちゃんと真意が伝わるだろうか」というのを、本当に一生懸命考えられてる方なのだと感じます。
.
.
しかも、そういった真面目な部分は一切見せないので、そこもすごいなと思います。

人間というのは、どうしても、「自分のことをよく見せたい」とか、「理論・理屈をわかってもらいたい」、「テンポよくマイペースで話したい」という気持ちが、勝ってしまうものですからね。

ひとりさんの場合は、そういった概念が本当に全くなく、いつも「この話、信じなくていいよ!」「いいかい?」「わかるかな?」と、相手を気遣いながら話してくれるので、聞き手としても気楽に受け入れることができます。

さらに、その時の雰囲気を見ながら、「俺、これ全部タダでやってんだよ~♪」とか、「やるとなったら覚悟するしかないの」と、素直な気持ちをさらけ出してくれます(笑)

このように、「愛」に満ち溢れた、愛の塊のような方だからこそ、それが魅力となり、たくさんのファンの方に囲まれ、愛され続けているのだと思います。
.
.
あとは、講演をしている時の「間(ま)の取り方」も上手ですよね

ひとりさんのお話を聞いていると、所々で「間(ま)」を作ってくれるので、その時間に聞き手は、それまでの話を頭の中で整理することができます。

基本的に、他の事業家の方の講演会では、一分一秒でも無駄な時間を作らないようにと、複数のテーマで、次々と話が進み、淡々とお話されるケースがほとんど。

もちろん、「それが悪い!」というわけではないのですが、日常生活に戻った時に、ずーっと記憶に残り続けるのは、ひとりさんのお話です

緊張なく気軽に話を聞いているにも関わらず、『心に響いた瞬間の記憶』が、ずーっと自分自身の中で残り続けているんですね。

ひとりさんのお話、そして、「斎藤一人」という人間には、想像を上回るくらいの、ものすごい魅力がたくさんつまっています。

ぜひ、あなたもそういった視点で、ひとりさんのお話を、改めて、何度も何度も、繰り返し聞いて頂けたらと思います。