こんばんは、ツイてる坊主です。

今日の音声は、舛岡はなえ社長による「天からのひらめき」というお話。

このお話は、銀座まるかんの商品「パニウツ元気」が誕生した時の秘話で、非常に興味深い内容になっています。

ひとりさんの教えの中に「振動数」や「波動」という、目には見えない真理を解説したものがありますが、実はそれが『天からのひらめき』と関係しているんです。

例えば、サッカーの試合でも何でもそうですが、「流れが相手に傾いてきた」とか、「雰囲気がよくなった」、「直感で魅力を感じる」など、こういったものは曖昧で目には見えませんよね。

まるでオーラのように、はっきりと目には見えないけど、間違いなく何かが存在しています

それを左右するものが、実は、普段使っている「言葉」だったり、人に「親切」にし、「笑顔」を大事にしているかどうか、そういったものの積み重ねで生まれるものなんです。

それでも、信じられない人はたくさんいると思いますが、この世の中、同じように頑張って努力していても、成功する人と失敗する人がいる、この結果が全てを物語っているのではないでしょうか

例え、それが、単に「運がよかったから」だとしても、その運を引き寄せた人には、あなたにはない何かかしらの魅力を持っていることに間違いありません。

ところで、斎藤一人さんがパニウツ元気をひらめいた時、どんな状態だったと思いますか?

大ヒット商品を開発したわけですから、たくさん悩み、大変な苦労をして思いついたアイディアだったはず!と思いますよね。

実は、こういう「天からのひらめき」を受ける時というのは、気軽でいい気分の時で、決して、悩んだり考え込んだりというのは一切ありません

たいてい、どこの会社でも、何度も会議を開き、真剣に悩みに悩んで出てきた商品を販売しますよね。

でも、そうすると、その悩み、要は目には見えない悪い波動が商品に入ってしまうため、なぜか結果が出ないんです。

斎藤一人さんの天国言葉の中には「楽しい」とか「嬉しい」という言葉があって、とにかく仕事でも何でもそうですが、「穏やかで気軽に楽しむ♪」というのが大前提にあります。

なので、苦痛に顔を歪めて嫌々仕事をしている人と、仕事が大好きで夢中になり時間を忘れて夢中になっている人とでは、出ている波動が異なるので、当然、同じような努力をしていても結果に差が出てきます

これを信じられる人は本当にごく僅かだと思いますが、どうしても突破できない大きな壁にぶち当たった時、このことを思い出して、考え方を修正して頂けたら幸いです。