斎藤一人さんの教えを人に伝える時に注意すべきこと

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、「斎藤一人さんの教えを人に伝える時に注意すべきこと」というお話をしたいと思います。

私がひとりさんの教えを学ぶ中で、常に意識してきたことは、ひとりさんに恩を感じているからこそ、まずは、「自分自身が幸せに生きなければならない」ということ

次に、幸せになった自分が、ひとりさんへ恩返しをするために、「ひとりさんのお話を一人でも多くの人に聞いてもらうこと」が一番だと思い、微力ではありますが、自分なりにできることをやってきました。

ただ、自分の言葉で人に伝える時は、本当にその伝え方が相手のためになるのか、どんな言い方をしたら行動してくれるのか、「愛」を持って接しなければなりません。

だから、例えば、「長者番付で納税日本一になった斎藤一人さんっていう人がいるんだけど。。」という切り口で、人に伝えることも一つの工夫ですよね。

要は、入り口となる部分は「名前」「実績」などの形でもいいので、それから徐々に、天国言葉、顔につや、明るい服装、徳を積むなど、具体的な話をしていくという順番
.
.
というのも、いきなり「脳の潜在意識」や「前世の因果」を語ってしまったら、「あれ、この人ちょっとおかしい人なのかな。。」って、思われてしまいますからね。

それに、「信じなくてもいいですよ」「私はちょっと変わった人なんで」と、冒頭で伝えておかないと、宗教と勘違いしてしまう人が多いのも事実。

せっかく、納税日本一になるほどの事業家の方が、無料で講演をしてくれているわけですから、本物の情報は、湾曲せず、ちゃんと真っすぐに届いてほしいものです。

ちなみに、私がひとりさんの教えを学んできた中で、最も大切にしている教えは、目には見えない「宇宙の法則」です

宇宙の法則というのは、因果や引き寄せ、波動、潜在意識、生まれ変わりなど、日常生活の現実からは程遠いものと、誤解されやすいんですね。

実際は、幸せに生きる上で、必要不可欠な要素となっているわけですが、世間一般的な観点からすると、「怪しい」「宗教」「詐欺」「変な人」という目で見られることもあります。

ただ、それは多くの人が学んでいないだけ。本当に、目には見えないものは存在しない!というのであれば、なぜ、人間には『心』があるのでしょうか。

「人を愛する気持ち」や「人を思いやる心」というのは、人間の目には見えませんよね。でも、存在しているという認識は皆が持っているわけです。
.
.
また、「神様」という言葉に抵抗を持つ方も多いようですが、ひとりさんのお話で出てくる神様というのは、人間一人一人の中に入っている分け御霊のこと、つまり「内神様」のことを言っています。

多くの人は、「大霊」という外神様を意識して手を合わせていると思いますが、実は、すでに神様が、あなたの中に入っているんですね

なので、ひとりさんは、「宗教」とは違って、会費を集めて会館を建てるようなことはしませんし、あなたの中に神がいると言っているわけですから、「私を信じてください」ということも言いません。

それどころか、これまで無料で講演会を開いたり、赤字でもいいから本にCDをつけたり、そうやって、一人でも多くの方の役に立つために、精一杯活動されてきた方なんです

一般的には、講演料を取って、さらに、その場で自社商品を販売するなど、そういったマーケティングを考えるものですよね。

でも、斎藤一人さんの場合は、本業の事業収益が十分にあるので、「講演」や「出版」の収入で食べているわけではなく、本当にボランティアで『本当の成功法則』をお話されているんです。

こういったことから、基本的に、ひとりさんの悪口を言う人や不機嫌な人、聞く耳を持たない人、信用できない人に対しては、決して相手にしないこと

人を助けるためには、あなたの「助けたい」という思いと、相手の「助けてもらいたい」という思いがあって、はじめて成立するものなので、そこは普段から、注意するようにしましょう。

何があっても絶対に幸せになる愛の覚悟☆【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの「人の心と体を健康にするひとりさんの愛」というお話について、解説いたします。

一人さんの趣味はドライブですが、いつもドライブをしている時に、誰も知らないような野の花や、誰もが見落とすような小さな風景に目を向けているんだそうです。

だから、「有名な観光地だけが楽しい」というわけではなく、どんな物やどんな風景、どんな人にもそれだけが持つ魅力というものがあって、そういった魅力をひとりさんはいつも愛しています。

また、ひとりさんの夢は日本中の人の「心」「体」を健康にすること!!

幼少期の頃からずっと体が弱かったひとりさんは、毎日たくさんの本を読んで、心と体の勉強をしてきました。

体には『栄養』が必須ということで、銀座まるかんという会社で青汁酢などのサプリメントを開発。

そして、心には『考え方』が必要ということで、本を出版したり、講演会を開いたり、ついてる神社を作ったりするなど、こうした活動を続けてきました。

多くの人にとって「考え方」とは、「脳に知識」が入っている状態のことをいいますが、ひとりさんがおっしゃっている考え方とは、「心(ハート)に徳」といって、人の役に立つことや人が喜ぶことをする上での思考を指しています

だから、数多く出回っているビジネスや人生哲学のノウハウやテクニック論だけを学んでも、人に何かを与えようという気持ちのない人が、幸せをつかみ成功を手にすることは難しいのです。

徳を積むとは、人に何かを与えること。「人に何かを与える」の考え方としては、例えば、お世話になった人に恩返しをしよう、仕事では結果を出すより先に人を笑顔にしよう、周りの人といつも上機嫌で接するようにしよう。こういった思考のこと。

よく、ひとりさんがおっしゃっているのは、この世の中で一番のボランティアは「自分自身が明るく上機嫌で生きる」ということ。これって簡単なようで難しいことですよね。

例えば、あなたは、身近な人がみんな地獄言葉を言っている中、自分だけでも笑顔で明るい天国言葉を使うことができますか?地獄言葉を口にする集団から離れることができますか?

また、いつも不安や恐怖を抱えて悩んでいる人の機嫌をとってしまい、自分のエネルギーが奪われていると感じたり、心が暗くなったりしてしまうことはありませんか?また、人に自分の機嫌をとってもらっていませんか?

心に徳とは、まずは自分で自分の機嫌をとること。そして、いつでも自分の心に灯をともし、他人の心にも灯をともすことです

これを実践するためには、「何があっても絶対に幸せでいるんだ!」というブレない強い覚悟がなければ続けることはできません。

私が斎藤一人さんの話の中で、最も厳しい口調で、最も難しい内容だと感じたのが「覚悟の話」

決して、弱い覚悟ではダメです。強い覚悟を持った人だけが、その後の人生を優しく愛を持って生きることができます。

覚悟とは「自我の強さ」のことではなく、明るく生きて人に親切に生きること。そして、周りに嫌な人が現れたり、トラブルや悪い出来事があったりしても、地獄言葉を言わず「幸せに焦点をあて続ける」ということです

なぜなら、人の『言葉』と『思考』は本当に現実になるからです。これは、宇宙の原理を学び続けている人にしか理解してもらえないかもしれませんが、目には見えなくとも「因果の法則」や「正負の法則」は存在しています。

実際に、天国言葉を言い顔につやを出し明るい服装をし、心の針が上を向いた状態を保って仕事をしてきたひとりさんのお弟子さん達は、皆、億万長者となり幸せで豊かな人生を送っています。

その根底部分の土台となっているのが、「何があっても絶対に幸せになるんだ!」という強い覚悟なのです。

体が弱かったから自分で青汁酢を作った【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの「銀座まるかんを創業した経緯」というお話について、解説いたします。

ひとりさんは、子供の頃から体が弱く、本当に起きられないくらい体が重くてだるかったんだそうです。それで、しょっちゅうお医者さんが来て注射を打たれていました。

他の子ども達は元気に走っているのに、自分は立ち上がる動作だけでも精一杯の状態

当然、親御さんがひとりさんのことを心配して、西洋医や漢方などいろんなことを試しましたが、それでも治りませんでした。

そんな中で、本を読むのが好きだったひとりさんは、毎日1~2冊の本を読んでいたんだそうです。お風呂でもトイレでも本を読み、寝て起きたらまた本を読むという生活。

こういった生活だけを見ると、世の中には同じような人がいるかもしれませんが、ひとりさんの場合は、ちょっと変わった側面を持っていたのです。

なんと、本屋さんに行くと「自分に必要な本」が、なぜか出っ張って見えるんです。そして、本を読んでいると必要な言葉が浮き出て見えるんだそうです

しかも、そこで見た言葉は何年でも忘れないだけでなく、後々に、必ず使うことになるんだとか。

これは、普通に考えたらあり得ない話ですが、ひとりさんの場合はちょっと変わった人ですから、不思議な体験をすることが多くありました。

また、いろんな本を読みながら、自分の体がどうやったら健康になるのかを勉強しているうちに、ひとりさんは、人間の体が簡単な仕組みでできていることに気付きます

その簡単な仕組みとは、人間の体は「肉体」「魂」の2つでできているということ。

肉体は食事でできているので『食事のバランス』をとればいい。食事のバランスが摂れてくるときれいな血液ができてきれいな細胞ができます。また、魂というものは、『考え方』でどうにでもなることがわかりました。

つまり、不健康の原因は、食べ物が悪いか考え方が悪いという結論に達したのです

ただ、当時は健康食品が無かったので、自分で作った「青汁酢」を飲んでいたんだそうです。

そんな時、具合いの悪いお姉さんに飲ませてあげたら、そのお姉さんが元気になり、隣のおばあさんも元気になり、そのうちに、いろんな人がタッパを持って訪ねてくるようになりました。

そして、ものすごい数の人が「原料代を渡しますから」と言って来るようになり、仕入れにいかなければ量が揃わなくなってしまったんです。

そういった経緯で、斎藤一人さんは営業や仕事を全くしないまま、「日本漢方研究所(銀座まるかん)」の会社を創業することになったのです。

さらに、精神的な話を聞きたい人も増えて、ブラジルから来る人もいればテープレコーダーを持って聞きに来る人もいました。

しかし、当時、国自体が健康食品を認めてなかったため、その青汁酢は「食前の方が吸収がいいよ!」とか、「何粒飲むといいよ!」と言っただけで逮捕される時代。

しかも、そのことが「薬事法第何条に違反しました」という形で、犯罪者のように新聞に載る時代だったので、その活動を続けること自体がリスクでした

ただ、ひとりさんに助けられた人達は、強い恩を感じているので、大学病院に行ってひとりさんの話をして人を連れてくるなど、「先生のことは命がけで守るからこの運動を続けてください」と、そう言っていたんだそうです。

ひとりさんは、「自分の周りについてきた人が逮捕されるようなことはできない!」ということで、しばらくの間は、あまり規制が厳しくなかったダイエットの商品を取り扱うことにしました。

その時みんなに、「いつか必ず、この青汁という元の原点に戻るから!」と約束。この約束は、銀座まるかんによって見事に果たすことができました。

そして今でも、昔のように10人20人で膝をつき合わせて、仲間と語り合うのがひとりさんの楽しみとなっています。