アメノミナカヌシ様は人間に「魂の望む体験」を与えている【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。

本日は、「アメノミナカヌシ様」に関するお話です。アメノミナカヌシとはこの宇宙の主(ぬし)であり、創造主と呼ばれる神様です。この神様のおかげで、私たちの魂や肉体が創られたといわれています。

ちょっと不思議なお話ですので、深く考えず「おとぎ話」だと思って解釈してみてください。

ひとりさんが言いたいことは、神様を信じなさい!とか宗教を信じなさい!とか、そういうことではありません。大事なポイントは、神の創造物が人間である以上、「人生のシナリオは決まっている」ので、この世で起きるいいことも悪いことも、全ては「魂が望んでいる体験をしているだけ」ということなんです。

例えば、いずれこの地球が無くなっても、仮に大きな地震が来て命が終わっても、ずーっと「魂」は生き続けることができます。もちろん、肉体は無くなってしまいますが、魂は死ねないんです。

この話を聞くと、「結局、輪廻転生や生まれ変わりを信じろってことですか?」と疑問を持たれるかもしれませんが、そうではなくて、「不安や恐怖をやめて安心して大丈夫だよ!」というのが、ひとりさんの一番言いたいところだと思います。

要は、世の中って普段からニュースを見ててもわかるように、不安・恐怖・心配事を煽るようなことばかりに焦点をあてていますよね。

これを続けていると、多くの人間が悪い波動を出すことになるので、良くない出来事が起きやすくなってしまうんです。

この『波動』というワードを見て、「やっぱり宗教じゃないですか!」と感じる方もいると思いますが、例えば「人の心」って見えなくても存在していますよね。人間には目には見えない心がある。

これと同じように、人が発する言葉や思いにも無形の「波動」というものがあります。信じられる方が少ないのは承知の上です。

「良い波動」というのは、ひとりさんの天国言葉、上機嫌、人の心を明るくする、人に親切にする等。

「悪い波動」が出る時は、愚痴、不平不満、悪口、不安、恐怖、心配事など。

ひとりさんが厳しく指摘していたのは、「また大きな地震が来るぞ!」と不安や恐怖を煽っている人、そして、その煽りを真に受けて、ビクビクオドオドしている人に対してです。

それはなぜかというと、良い波動で生活していた方が、例え地震が来たとしても震度7が震度6になったりするからです。要は起こる現象が変わるということ。

もちろん寿命が来れば誰でも亡くなるわけですが、予め寿命というのは決めた上で生まれてきているので、それまでは何があっても死ぬことはありません。

だから、必要以上に恐れていると地球全体に悪影響ですし、自分にとっても他人にとっても不利な状況しか生まないので、絶対にそういう悪い波動は出さないように注意しましょう。

<スポンサーリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です