こんばんは、ツイてる坊主です。

今日の音声は「なぜ商人は頭を下げるのか」というお話。

起業家でも何でもそうですが、たくさんお金を儲けて有名になった人の中には、偉そうな態度をとったり威張り散らしたりするような人もいますよね。

でも、ひとりさんの教えとしては、偉い立場になればなるほど、頭を下げる機会は増えるものなんだ!という考えが根底にあるんです。

それはなぜかというと、トヨタの社長さんの事例もありましたが、プライベートで外出している時でさえ、どこで自分の会社のお客さんと出会うかわかりませんよね?

それが例え、一期一会で、最初で最後の出会いだとしても、その時に挨拶しないのは商人として筋が通らないということになってしまいます。

また、よくひとりさんは、「我々、商人の頭は使うためにあるんじゃない。下げるためにあるんだ」とおっしゃっているんですね。

そのことを「打ち出の小槌」と言っていて、頭を下げるほどお金が入り、頭を下げるほどいいアイディアが思いつくようになっています。

なので、仕事を通じてそういった人格形成を養っていくことが大切になってくるということ。

仮に、他社のお店で商品を購入したお客さんが、自分の所へ来店してきたとしても、「自分のお店のお客じゃないから」といって、冷たい対応をする人には愛がありませんよね。

北海道から沖縄まで、一人の人間の後ろには何十人何百人と、必ず「つながり」が出てきます。

中には、「あの人は自分より年下だから」とか、「昔の先輩だけど今は自分の方が立場的に上だ」とか、そうやって人の足元ばかり見るような人もいますが、一刻も早く、その考え方を改めましょう

商人として長く成功している人は、そんな偏見の目を持つことなく、「いつもありがとうございます!」という言葉を大切にしています。

人生、うまくいっている時こそ、謙虚さが求められる場面が多くなってくるものです。