大きな夢を叶えるコツは日々の小さな実現にある【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだ「大きな夢を叶えるコツは日々の小さな実現にある」というお話をしたいと思います。

ひとりさんの教えに、『夢は小さく、努力は大きく』という言葉があるように、大きな夢を叶えるためには、小さな夢、そして小さな行動に目を向けることが大切になってきます。

これは、当たり前のことのようにも感じますが、ほとんどの人は、小さな成功体験よりも、「現状の苦労」をどうやってクリアしようかと、そっちの意識にとらわれがち。

また、夢を描いて努力を始めると、当然、自分の思うようにいかないことも出てくるので、その都度、新たな課題が浮き彫りになってきます。

そこで、すぐに次の行動に移れる人は、また次の失敗を経験するにしろ、一歩つずつ成功に近づくことができるんですね

しかし、行動する度に落ち込み、悩み、挫折し、動揺してしまうなど、その都度、立ち止まってしまう人の場合、なかなか、「自分が理想とする状態」に近づくことができません。

もちろん、誰だって行動すれば失敗はしますが、その失敗に対する解釈次第で、夢が叶うか叶わないかの明暗が分かれる!といっても過言ではないんですね。

つまり、失敗した時に、自分を支えてくれる重要な要素は、結局のところ「自分自身の考え方」にあるということ。
.
.
例えば、下記3つの事例のように、『失敗に対する解釈(考え方)』を工夫すると、次の行動をとりやすくなるので、ぜひ、実践してみてください。

例1、このやり方ではうまくいかないことがわかった。だから、今日は一歩前進。次はこのやり方を試してみよう。

例2、どれだけ頑張っても解決できなかった。でも、自分の弱点に気付けてよかった。この分野はあの人に任せよう。

例3、焦りやイライラを感じるようになった。今は結果を追うよりも「習慣」や「環境」を見直そう。気付けてよかった。

このように、自分自身と対話(内観)する時間を作ると、今の自分に必要な『小さな気付き』が出てくるので、その一つ一つの解釈を大切にしてみてください。

一番大事なポイントとしては、物事がうまくいく時は「いい気分」になり、物事がうまくいかない時は「悪い気分」になる!というシンプルな考え方。

つまり、本当に夢が叶うルートを歩んでいるのであれば、失敗を繰り返しながらも、心がワクワクしていて楽しいと感じるものです

逆に、次から次へとトラブルが起きたり、努力するたびに体調を崩してしまうような時は、「何か自分の考え方に間違いがある可能性」があるので、一度、自分自身の本心・本音と向き合う時間を作るようにしましょう。
.
.
「神様」も「因果」も「運の良し悪し」も、人間の目には見えません。

でも、目には見えないからといって、存在していないわけではないんですね

仕事でもスポーツでも、何でもそうですが、「いい流れ」「いい雰囲気」「いい気分」など、そういった無形の感覚って、実はものすごく大切なものなんです。

斎藤一人さんも、銀座まるかんの商品開発をする際は、最高の気分でワクワクしている時に、『一瞬のひらめきによって生み出される♪』とおっしゃっていましたが、これはどの分野にも応用することが可能

例えば、悩み苦しみながら開発した商品には、その悩みや苦しみが、商品の中に「波動」という無形のエネルギーが入ってしまうので、なぜか、他社と同じようなものでもなかなか売れません。

そして、結果が出ないと、「どこが悪かったんだろう・・」と、ノウハウやテクニックに目を向け、改善策を打ち出すわけですが、それでも思うような結果が出ない

こういった状態に陥りやすい人は、目に見える形だけが全てである!という固定概念を持っているケースが多いです。

要は、「人に喜んでもらいたい」「世の中の役に立ちたい」といった、無形の存在を軽視してしまうと、現実に右往左往し、目先の理論に振り回されることになるんですね

なので、今、自分が本当に実現したい「夢」や「目標」を持っているのであれば、そこに向かう過程で、自分自身がしっくりきているのか、それともモヤモヤしているのか、その感覚を大切にするようにしましょう。

もちろん、現実期には「行動」と「失敗」を繰り返しながら成功に近づくというのが、理論的には正しい答えですし、世間一般的には正論だと思います。

ただ、不快な気分を我慢した努力をするくらいなら、『いい気分』で心を落ち着かせる時間を増やした方が、「その波動でいい現象を引き寄せやすくなる!」というのが宇宙の原理なので、ぜひ、その辺を心がけてみてください。

優しさでうまくいかない時は強気に出てみる【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだ「優しさでうまくいかない時は強気に出てみる」というお話をしたいと思います。

ひとりさんがおっしゃっているように、人間一人一人には魂の段階があるので、これをやったら幸せになれる!という絶対的な正えがあるわけではありません。

なので、あなたにとっての幸せは、実際に行動していく中で、失敗に対して「改良」を繰り返しながらわかってくるもの

例えば、いつも人に優しくしているのに、なぜか人間関係がスムーズにいかないケースでは、その優しさを貫くだけでは「不正解」ということになりますよね。

そういった場合は、人になめられないようにハキハキとしゃべるとか、堂々とした態度をとるなど、これまでとは違う形での行動が必要になってきます

また、いつも強気でリーダーシップを発揮する人にとっては、自分の主張が強いが故に、時としてケンカやトラブルに発展してしまうこともあるでしょう。

おそらく、その人の課題は、人の心を思いやる優しさを持って、仲間と協力しながら物事を進めていくことなのかもしれません。

このように、「押してダメなら引く」というイメージで、あなたにとっての幸せの方程式は、あなた自身で一つ一つ気付き、クリアしていかなければらないのです
.
.
では、現時点で人生に不満を抱いている人が、自分自身の課題に気付き、幸せな人生に向かっていくためにはどうしたらいいのか。

まずは、どんな状態が「幸せ」で、どんな状態が「不幸」なのか、そこを改めて認識するところからスタートします。

今の自分が『幸せの道』を歩んでいるのであれば、ワクワク・ウキウキ・情熱・愛・感謝・自信・希望・満足など、こういったポジティブな感覚を持った状態になっているはずです。

一方、今の自分が『不幸の道』を歩んでいるのであれば、無気力・苦悩・憂ゆつ・絶望・自己卑下・嫉妬・自信喪失など、理想とは程遠いネガティブな感覚になってしまいます。

ちなみに、斎藤一人さんいわく、成功する時は、その方向に意識を向けただけで「心がいい気分になる」とのこと。

このことを再認識した時に、現状に不平不満を抱きながら生活している人は、間違いなく不幸の道を歩んでいるわけですが、これをどうやって改善していけばいいのか。

一番大事なポイントとしては、ネガティブな感覚を持っている時点で、今、自分が最も力を入れて頑張っている物事を無理に推し進めないこと

要は、『そのやり方、または、その考え方は間違っているよ!軌道修正しないともっと苦しくなるよ!』というサインが、現状のあなた自身の状態を示しているんですね。

だから、中には、そのサインに気付いていながらも、「負けたくない」「自分にはできる」「あの人のために」など、自分の中の正義を貫く人もいますが、劣等感やハングリー精神での努力というのは、なかなか実らないものです
.
.
なぜなら、人間としての正しさだけで見れば「我の強さ」は正解かもしれませんが、神的な視点で見ると、「明るい」「優しい」「親切」「楽しい」「ワクワク」など、そういった生き方が正解だからです。

もし、人間という存在を人間が創ったのであれば、我の強さで幸せになれるのかもしれません。

しかし、人間という存在は神様が創ったものである以上は、神が好む生き方をしない限り、傲慢な人ほど苦しい人生になってしまうんですね

神が好む生き方といっても、すごくシンプルなもので、「笑顔で明るく挨拶する」とか「いつも上機嫌で人に親切にする」とか、そういったことだけ。

『明るく生きて人に親切にする』。これをやっている人に、神様は「奇跡」を起こしげあげよう!って思うんです。

だから、例えば、どれだけ高学歴で頭がよくても、人を見下してバカにしているような人は、なぜか、何度も人に裏切られたり、挫折が続くなど、途中で物事がうまくいかなくなってしまいます

逆に、学歴がなくて仕事の能力が低くても、普段から徳を積んでいるような人は、なぜか、常に助けてくれる人が近くにいたり、同じ波動を持った「魅力的な人」との縁を与えてもらえたりする

このように、今の生活感覚がしっくりこないな・・と感じる時は、果たして神的な視点で見た時に、「自分は幸せの道を歩んでいるだろうか」と、現在の状態を内観してみてください。

そこで、幸せの道に進んでいるはずなのに、なかなか願いが叶わない!という場合は、一つのやり方・考え方に固執している可能性があるので、そこを一つ一つ改善していくようにしましょう。

優しさでダメなら「強気」、強気でダメなら「服装」、服装でダメなら「話し方」、話し方でダメなら「顔のつや」といった形で、次々と手を出し続けることが大事

ひとりさんも『この地球は行動の星だよ♪』とおっしゃっているように、あの世は想念の世界ですが、それを実際に行動して経験するのがこの世。

なので、一つ行動する度に、「失敗してしまった・・」と落ち込む人もいますが、本当の失敗者は何も行動しないことですから、「失敗=行動の証」ですし、成功に一歩ずつ近づいていることにもなります。

願い事をうまく引き寄せられない時の対処法【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだ「願い事をうまく引き寄せられない時の対処法」について、お話したいと思います。

私自身、物事がスムーズにいかない時は、「答えは一つではない」ということを意識するようにしています。

というのも、一日中悩んで答えを一つに決めたところで、その答えが合っているかどうかは、一度、行動してみなければわかりませんよね

だから、考えてから行動するのではなく、明確な答えが定まっていないとしても、まずは行動してみる。

人間って、行動しながらでもちゃんと考えているもので、他のことをやっているうちに頭の中が整理されたり、時間の経過と共に違うアイディアが出てきたりします。

斎藤一人さんも、「グレーゾーンがあってもいいんだよ」とおっしゃっていて、出てきた問題の全てに対して、白黒はっきりさせる必要はないんです。

一旦、保留にしておくものがあってもいいし、現時点で一つ結論を出して、また後から考え直してもいい。

これは仕事においても、白黒はっきりさせるクセが染みついている人ほどイライラしがちで、何かとストレスを抱えるケースが多いんだとか。
.
.
こうしたことから、「願い事を叶える方法」に関しても、最終地点に辿り着くためのルートは複数あっていいんだ!という考え方を持つことが大事。

例えば、私だったら、下記の5つのように『複数の考え方』を入口としてゴールへ向かいます

1、引き寄せの法則を働かせるためには「今」をいい気分で過ごすことが大事。ワクワクを最優先で行動する。

2、人間は生まれる前に「人生のシナリオ」を決めているので、ジタバタしなくていい。どうせうまくいく。

3、あの世は想念の世界だけど、この世は「行動の星」。だから、悩みがあっても、とにかく行動と改良を繰り返す。

4、夢が叶ったらうれしいけど、叶っても叶わなくても幸せな人生を送る。執着しない。「どちらにしても幸せ」

5、過去に失敗してきたやり方とは、「違うやり方」でもう一度チャレンジする。一つの方法に依存しない。柔軟に。

もちろん、この5つの思考パターンだけが正解!!というわけではありませんよ。

その時々に応じて変わってきます。ただ、ひとりさんもおっしゃっているように、この世の中は、ノウハウやテクニック論だけで成功するようにはできていません

自分自身の知恵や行動が、自他共に「心を明るくする考え方」かどうか、また、その考え方に「愛があるかどうか」、そういったところに視点を置く必要があります。
.
.
大半の人は、徹底的にその分野のノウハウを勉強し、戦略的な集客、マーケティング、販売の手法を学ぶことになるでしょう。

それによって基礎を構築することはできると思います。

ただ、一つ一つのハードルを乗り越え、行動を継続していくためには、人間としての「魅力的な考え方」がどうしても欠かせないんですね。

そこを軽視してしまうと、下記のような状態になってしまうこともあります。

●悩むだけ悩んであきらめる。または、行動してもすぐにあきらめてしまい、作業を続けることができない。

●お客さんが求める商品ではなく、理論的に売れるであろう商品ばかりを作る。結果として全く売れない。

●夢が叶わなければ、自分は不幸な人間だ!不幸な人生だ!と、夢に依存・執着し、苦しみもがいてしまう。
.
.
このように、仕事でも何でも願い事を叶えるためには、具体的な方法論よりも「魅力的な考え方」に重きを置かなければ、うまくいくものもうまくいかなくなってしまいます。

また、この宇宙には、目には見えない波動というものもあるので、例えば、イライラしながら作った商品には、そのイライラの波動が入るため、なぜか他社と同じようなものでも売れない!!といった現象が起きてしまうんですね。

だから、斎藤一人さんも、ワクワクしている最高の気分の時に、一瞬でひらめいたアイディアで、健康食品などを開発しているんだそうです。

決して、「迷い」や「悩み」、「苦しみ」「我慢」「焦り」など、そういったネガィテブな波動を入れてはいけません。

こうした宇宙の原理は、信じたい人だけが信じてみてください。

おそらく、あなた自身も、自分の過去を振り返った時に、「あの頃は奇跡的にうまくいったな♪」と感じる時代では、必ずといっていいほど、一心不乱だったり無償の愛だったり、そういった『いい波動』の状態で過ごしていたはずです。

不幸の後に待っているのは不幸、幸せの後に待っているのが幸せ

「今」を無条件で幸せに生きることができれば、「未来」も無条件で幸せに生きることができます。