親の言うことを聞かない子供に見せる行動【小林正観】

こんばんは、ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんが尊敬している、小林正観さんの「子供は親の言うことよりも行動を見ている」というお話をしていきたいと思います。

親は子供を一人前に育て上げ、社会人として自立するまでちゃんと教育しなければならない。そう考えるのは当然のことですよね。

子育ての中には「しつけ」があり、時に、怒ってあげたり褒めてあげたり、そういった形で親や親戚、先生、周囲の人の力によって、子供は成長するといわれています。

ところが、正しいことを一生懸命がんばっているのに、子育てがうまくいかない、日々ストレスが溜まってしまう、夫との関係も悪化している。そういったケースも多いのではないでしょうか。

斎藤一人さんや小林正観さんは、あまり子供に対してガミガミ言うよりも、親自身が「楽しんでいる姿」を見せた方がうまくいくよ!と、そうおっしゃっています。

また、母親の役目というのは、あくまでも「子供を肯定して褒めてあげること」なんだそうです。

だから、まずは子供に、「あなたはそのままでいいよ♪」と、言ってあげること

そして、あなた自身は、「もっとしっかりしなくちゃ!」と肩に力を入れるのではなく、「子供の芽を摘(つ)まないこと」だけを意識するようにしましょう。

ただ、これまで、必死に子育てに奮闘してきた方にとっては、こういった話を受け入れることがなかなか難しいと思います。

もしかしたら、『子供は親の背中を見て勝手に育つもの』という言葉を耳にするたび、そんなきれいごとが通じるなら、こんなに苦労してないわ!と、怒りがこみあげてくる方もいるかもしれません。

では、そもそもの話として、なぜ子供は親の言うことを聞いてくれないのでしょうか。

小林正観さんいわく、その理由は主に2つあります。

ちょっと変わった内容なので、信じたくなければ信じなくても構いません。

①神的な視点でいうと、人は誰でも生まれる前に、『人生のシナリオ』を決めてから出てきています。

だから、極端な話、どんなにベストな方法で子育てをしたとしても、不良になる子は不良になるんですね

このことをわかっているだけで、自分を責めたり、子供にイライラしたりする気持ちが、少しでも軽くなるのではないでしょうか。

②大人と同じように、子供も『嫌いな人の言うこと』は聞きたくありません。

自分が子供に嫌われているなんて、そんな辛いことは考えたくないかもしれませんが、実は、子供は親の言うことよりも「親の行動」に目を向けているんですね

なので、例えば、「あんたは何度言ったらわかるの!」「言うこと聞かないならご飯なしだよ!」と、いくら怒って口でわからせようとしても、子供は素直に言うことを聞かないはずです。

なぜなら、子供は「感情的な大人」を嫌うからです。つまり、自分の感情をコントロールできない大人のことを、大人と認めることができないんですね。

この2つが、子供が親の言うことを聞いてくれない主な要因となります。

『生まれる前から人生のシナリオが決まっていて、嫌いな人の言うことは聞きたくない。』

このことを知った上で、今後は、どのような方法で現状の子育てを改善したらいいのでしょうか。

一言でいうと、あなた自身が毎日、「幸せそうな顔と楽しそうな行動」を子供に見せることです

要は、「口で伝える」という考え方から、「行動を見せる」という考え方にシフトしていくことが重要なポイントとなります。

例えば、楽しそうに歌を口ずさんでみたり、笑顔で美味しそうにご飯を食べたり、おもちゃやゲームに夢中になってみたり、夫とたわいもない思い出話をして微笑んだり、そういった「親の幸せそうな行動」を見せること。

これによって、親のことが嫌いで言うことを聞かなかった子供も、少しずつ親に好意を寄せるようになり、心も穏やかになっていきます

もちろん、これまでずっと、子供を怒鳴り続けてきた人や、愚痴・不平不満・泣き言・文句・悪口を子供に聞かせてきた人の場合、1年2年かかるかもしれませんが、今からでも始めるようにしましょう。

というのも、親が子供に「怒り」「イライラ」の表現を見せると、子供自身も何かあった時に、同じ表現で解決しようとしてしまうんですね。

だから、例えば、親がお腹をかかえて笑っている姿を見た子供は、自分もそういう「楽しい状態」を作りたくなりますし、親がバタバタして忙しくしていると、子供も「落ち着きのない状態」に意識が向いてしまうのです。

このように、口で伝えることよりも、行動を見せることが大事

ちなみに、私自身も、自分の親が子供の頃の私に、何を言っていたのか、口で言われたことはほとんど覚えていません。

その代わり、父が母に手をあげていた光景、毎日機嫌がコロコロ変わる父の姿、私が言うことを聞かないとイライラしている母の顔、そういった「親の行動」だけが記憶に残っています

もしかしたら、「子供なんか何もわかってないだろ!」と思っていたのかもしれませんが、こうやって大人になった今でも思い出せるわけですから。子供はちゃんと親の行動を見ているものです。

子供の一番の望みは親が幸せに生きる姿♪【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「障害者」に関するお話。

世の中には障害を持って生まれてくる人もいます。

その時に、どのようにその現実を受け止めていいのか、わからなくなることもありますよね。

ただ、神的な視点でいうと、人間は何度も何度も生まれ変わるので、その中で現世では、障害を持って生まれることで、学ばなければならないことがある!という解釈をする必要があるのです。

だから、決して不幸な人という見方をしてはいけません。むしろ、魂の段階としてはだいぶ進んでいる人なので、そういったハンデを乗り越える力を持って生まれてきています。

また、そういう障害のある子どもをちゃんと育てることができる親のところに、生まれるようになっているので、心配しなくても大丈夫。

日々の子育てをしながら、あなた自身も子供から学べること、人生の大切な気付きがたくさんあるはずです。そういったものを一つ一つ大切にするようにしましょう。

他にも、ひとりさんに寄せられた相談の中で、自閉症の子供が人の嫌がることをして困っているというものがありました。親としてはこの子を何とかしたい!と思いますよね。

ひとりさんいわく、親が子供にいい影響を与えたい時は、子供を何とかしよう!と思うのではなく、まずは、「親自身が幸せに生きている姿を見せる」ことが先決!とおっしゃっています。

例えば、何か習い事を始めたり、趣味に目を向けたり、そうやって楽しそうにしてニコニコした姿を見せるということ。

ただ、この話を聞いても、「現実的にそんな余裕はないし、時間も暇もない!」と、すぐには受け入れられない方も多いと思います。

しかし、厳しいことをいうと、子供はそのお母さんのことが好きではないんです。好きじゃないから嫌がることをやるんです。

その理由は、家事でも何でも苦しそうにやっているのが、子供に伝わっているからなんですね

これは職場でも同じで、一生懸命仕事はしているんだけど、どこか苦しそうで、つまらなそうで、無理をしている人がいたら、あなたはどう感じるでしょうか。あまり好意的には思わないはずです

だから、「子供を何とかしたい!」という親はたくさんいますが、子供を何とかする前に、あなた自身が、一日の中で楽しい時間帯を増やしていかなければ、なかなか問題は解決はできません。

もちろん、子供がかわいいからこそ、これまで全力で子育てをし、時に厳しく注意もしてきたことでしょう。

でも、その結果として、日々状況が悪い方向に進んでいる!と感じているのであれば、そろそろ考え方を改良する時期にさしかかっているのかもしれません。

お弟子さんがなぜひとりさんを師匠に選んだのか【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

今日のお話は「お師匠さん(マスター)」というお話。

これは自分が会社などで上の立場になった時、またはお店などを経営する時など、下の人間を教育する際に必要な考え方となります。

斎藤一人さんが教えるお師匠さん(マスター)とは、人に対して愛情で注意してくれる人のこと

ひとりさんが話す言葉には愛があります。だから、斎藤一人さんのお弟子さんは、「ひとりさんの言うことなら何でも聞こう!」と素直に思えたんですね。

例えば、「この人のこういう所はよくないよな」と思っ時に、「もう少し様子を見よう」という人もいれば、その場で「すぐに注意してあげよう!」という人もいますよね。

なぜ、「様子を見る」がダメなのかというと、ずっと様子を見ていて気付いたことなのだから、「様子を見よう」というのは自分自身の怠け心なんです

というのも、その人を放置して、時間の経過を待ったからといって、何十年間も当たり前と思っていた行動パターンが、急に変わることはありません。

だから、周りの人が親切に教えてあげる必要があるのです。それがお師匠さん(マスター)の役目。

ただ、世の中には「魂の修行をしている人」「凡人」の2パターンに分けられます。

魂の修行をしている人は、注意を受けると「ありがとうございます」と、気付きを得られたことに感謝します。

一方、凡人は、注意を受けると、不機嫌になったり怒ったりするんですね。

従って、お師匠さん(マスター)に求められる力というのは、「この人の言うことなら聞いてもいいかな」と思ってもらえるような存在になること。

そのためには、普段からコミュニケーションをとって信頼関係を築くことが大事ですし、注意する時も本当にその人のためを想って伝えなければなりません。

だから、例えば、学校の先生が一人の生徒を注意する時に、心の中で「おまえは不真面目だから邪魔なんだよ!!」と思いながら注意をすると、それは必ず相手に伝わるもの。

それが、生徒のことを本気で考えている先生であれば、「少しでも力になりたいな!」という気持ちで、例えば、冗談交じりで話を聞いてあげたり、心が軽くなるようなアドバイスをしたりすると、必ずそこから「愛情」が見えるものなんですね。

このように、指導する側には「愛情で注意してくれる人」、そして、指導される側には「素直に聞く耳を持てる人」が、これから一人でも多く、増えていかなければなりません。

斎藤一人さんいわく、指導する側の優秀な人を育てる本はたくさんあるけど、指導される側の力を持つ人があまり育っていないとのこと

つまり、人から注意を受けた時に、いつもブスっとしたり反発したりするのではなく、「私はちょっと忘れっぽいところがあるので、少し仕事を覚えるまで時間がかかるかもしれませんが、またいつでも注意してください!」と、そう言えば、教える側としても見方が変わってくるかもしれません

こういったことから、師匠と弟子の関係のように、指導者も指導される側も、互いに向上心を持って力をつけていきましょう。