こんばんは、ツイてる坊主です。

今日の音声は「男の女の性質」についてのお話。

このお話は、あくまでひとりさんの観点でお伝えしているものです。

なので、どの意見が正しいか、「正しさ」を基準に生きている方からすると納得のいかない内容かもしれません。

ただ、世の中には様々な固定概念があり、その中の一つが男女関係ということ。

ドラマでも映画でも「男とは女を愛すべき存在」「女とは男に愛されるべき存在」と、そういう前提で展開するようになっていますよね。

だから、現実世界でも男が女を追いかけ、女は男に守ってもらうのが当たり前!という概念が染み付いています。

中には、ストーカーをするような人もいますが、とにかくそういった固定概念があるんですね。

しかし、ひとりさんは、そういった概念が、実は真逆であるということをおっしゃっています

「男は女に愛されたい生き物」であり、「女は男を愛したい生き物」であるということです。

これを信じるかどうかは自由ですが、言われてみればそうかもしれない!と心当たりのある人も多いのではないでしょうか。

例えば、男性であれば、「女性からモテたい」という感情があると思います。

また、女性であれば、「男性のために尽くしたい」とか、そういう母性本能のような感情が生まれることもあるでしょう。

このように、これまで当然だと思っていた男女の性質が、実は誤解で、本当は真逆の性質を持っていたのかもしれませんよね。

確かに、結婚した後も、女性は子供が生まれれば子供に愛情を注ぐわけですが、男性は、子供を愛しつつも、どこか女性から「愛されたい」という心が残っているような印象があります。

もちろん、一概に全てのケースで当てはまるわけではないでしょう。

しかし、浮気や不倫なども男性側に多いとなると、やはり男女の性質に対する大衆の考え方には、大きな誤解があるということになります

つまり、「男は女を愛するもの」「女は男に愛されるもの」、こういった固定概念を一度見直して、もしかしたら真逆の性質を持っているのではないか?という視点で見方を変えると、男女関係の改善につながる可能性があるということですね。