こんばんは、ツイてる坊主です。

今日の音声は「ひらめきと直感」についてのお話。

この話に関しては、正直、斎藤一人さんにしかできないことかもしれません。

というのも、ひとりさんは子供の頃に「光の玉(アメノミナカヌシという神様)」と出会い、それから何かある度に、神様と会話をしながら生きてきました。

だから、どれだけ普段から徳を積んでいる人でも、なかなか「直感」と「ひらめき」だけで、大ヒット商品が頭に浮かぶというのは難しいと思います。

それを前提とした上で、ひとりさんと似たような成功をすることは可能

例えば、「嫌な気分」でいる時のアイディアと、「いい気分」でいる時のアイディアでは、後者の方がうまくいく可能性が高いということだったり。

他にも、「正しい判断」と「楽しい判断」で迷った時は、必ず自分がワクワクする楽しい方を選んだ方が、幸せの道につながっているということもそうです。

結局、人間一人一人の中には内神様がいるので、直接会話はできなくても、自分自身がいい波動を出して毎日を過ごしていれば、そのメッセージを受け取ることはできるんですね。

だから、ふと立ち寄った本屋で、たまたま最初にパッと開いたページの一文に、「今の自分にとって必要な内容が書かれていた!」ということがあっても不思議ではありません。

そういったものは「引き寄せの法則」といって、世の中には偶然があれば「必然」もあるんですね

斎藤一人さんがおっしゃっていた言葉で、「苦労の後には苦労が待ってる」とか、「悩み苦しみ抜いたアイディアなんてたいしたものじゃない」というものがあります。

本当に物事がスムーズに成功する時というのは、ワクワクしていて楽しくて夢中になっている状態なんです

しかし、この世の中、特に日本人の場合、「運」も「奇跡」も「神」も「仏」も全く信じないような人がほとんどかもしれません。

むしろ、信じるどころか「宗教だ!!」と批判しますが、自分一人の「自我」で努力してもうまくいかない時、都合のいい時だけ、「神様!神様!」と、運や奇跡に頼ろうとする傾向がありますよね。

でも、本来であれば、太陽の光だって、花や草木の自然だって、自分では何もしなくても与えられてるわけですし、そういったものに日々感謝しなければなりません。

自分の体、住む家、着る服、使える水、今の仕事、持っているお金などに、普段から「ありがとう」を言うようにしましょう。

そういう「いい波動」を出し続けている人に、神様は最高のタイミングで、最高の「ひらめき」や「直感」を与えてくれます。