みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、『「いつになったら願いが叶うんだろう」って思った時』というお話をしたいと思います。

あなたは、自分が思い描いた夢や目標に対して、「まだまだ遠い道のり・・・」と、肩を落とすことはありませんか?

日々、その距離感ばかりに目がいってしまうと、どうしても「焦り」の感情が強くなり、苦しくなってしまいますよね。

その気持ちはわかりますが、本当にその夢を叶えたいのであれば、頂上に辿り着く過程での「小さな願い」が叶っていることに、喜びを感じながら、歩んでいかなければなりません

過去に納税日本一となった斎藤一人さんも「今、目の前のものを大切にするんだよ!!」と、そうおっしゃっていますし、引き寄せの法則でも『今どんな波動を出すか』によって、日々ゴールに近づくか遠ざかるかが決まる!といわれています。

そのためには、一番叶えたい願いが、まだ現実になっていなくても、そこに一歩近づくたびに、「叶ってよかった♪」と喜ぶことが、非常に重要なポイントとなります。
.
.
だから、毎日、嫌な気分で過ごす時間帯が多かったのであれば、自ら「いい気分」を選択できる機会が増えただけでも一歩前進なので、「以前よりだいぶ成長した!」と、素直に喜ぶようにしましょう。

また、一人でも共感できる仲間ができたり、参考になるブログを発見したり、夢に近づく新たな情報を知ったり、こうした小さな前進を決して軽視しないこと。

なぜ、この作業が願いを実現させるために必要なのか。

その理由は、「自分が思い描いた大きな夢」「今いる自分の距離」が、遠ければ遠いほど、ネガティブな感情になりやすいからです。

例えば、自信がなくなってきたり、絶望感や挫折感、無気力、苦悩、恐れ、焦り、自己卑下など、こういった感情の発端となるのは、大きな夢に対して一足飛びに近づこうとする考え方

そういう考え方にハマってしまうと、淡々と向かっていけば叶う夢さえも、叶わなくなってしまいます。
.
.
斎藤一人さんの言葉に、「夢は小さく、努力は大きく」という名言があります。

これは、「そんな小さな夢に、そこまでの努力をするの?」というくらい、低いハードルを次々とクリアしていくことです。

例えば、「この会社の主任になったって仕方ない!」ではなく、主任になるために、誰よりも全力を尽くすとか。

そうやって一つずつ、段階を踏んでいくことが大事

それでも、時に、「あの人がうらやましい。。」「何であの人だけうまくいくの?」と、嫉妬心が芽生えてしまうこともありますよね。

そんな時は、少しでも、今の自分に近い存在の人に目を向けたり、力の差を感じる人からは「真似できそうな部分」だけに、意識を向けるようにしましょう。

そうしないと、「まだまだ及ばない。遠い。不安。」と感じてしまうので、そこまで踏み込まずに、ワクワクやウキウキを感じられる段階でとどめて、その状態を楽しむこと
.
.
また、どんなに魅力的で素敵だなと感じる人でも、過去の粗探しをすれば、誰だって一つや二つ、否定的な目で見たくなるような話は出てくるものです。

ただ、そこで、その人の悪口を言い始めてしまったら、あなたの人生は好転するどころか、自ら不幸な道へばく進するようなものなので、その辺は十分に注意しましょう

他人に対しては、「いいな!」と思う部分だけを収集すれば、それ以外のことを追求する必要はありません。

自分のことも、他人のことも、何をしている時も、「今、楽しい気分?」「今、嬉しい気分?」「今、ワクワクしてる?」「今、嫉妬してる?」「今、イライラしてる?」と、自分自身に問いかけてみてください。

もし、ポジティブな感情なら、そのままの状態をキープすることを意識し、もし、ネガティブな感情なら、『そうだよね、わかるよ、その気持ちわかる!』と肯定した上で、「でも、この部分はよかったよね、感謝しよう♪」と、ちょっとずつ時間をかけて、解釈を変えるようにします

人間は、何も意識していないと、気付けばネガティブな感情に偏ってしまうものなので、日々、何度も繰り返し『解釈の修正』をしながら、少しでも明るく幸せな心で過ごせるように、できることから一つ一つ、焦らず、行動に移していきましょう。