こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「方便の話」になります。

ひとりさんの話を聞いていると、いつも周囲で笑い声が聞こえてきて、ひとりさんのことが大好きで楽しく聞いているのが伝わってきますよね。

でも、たまに変なところで笑いが出ると、正直、「今の話、皆ちゃんと理解できたのかな。。」って思うこともあります(笑)。まぁ、楽しく聞くのが一番ですけどね。

ひとりさんとしては、大勢の中の本当に1,000人に1人でもわかってくれたら!という想いで、一生懸命話されているのだと思います。

今回のお話は、「方便」というテーマですが、一般的に使われる「嘘をついてもいい」という意味での方便とは異なる内容。

例えば、自分が難病を抱えて生まれてきたとします。その時に、「難病になる」ということは、生まれる前にあの世で決めてきたことなんですね。

また、それだけでなく、このくらいの期間は難病で苦しむのが学び!ということで、学びの期間も決められているとのこと。

さらに、難病克服のためにあらゆる手を尽くしても、必然的に治らない方法を選んでしまうので、結局はその学びからは避けて通れないという。。

この話を一度聞いて、すぐに納得できる方はほとんどいないかもしれませんね。

他の事例として話されていたのは「結婚相手」です。これも、生まれる前に脳にプログラムされているそうです。

だから、今世では結婚しない!と決めてきている人は、親や周りからどれだけ結婚を勧められても、なかなか結婚しようという気にはなれません。

また、結婚を通じて修行すると決めてきている人は、結婚するまでは相手が理想的な人に見えるので、恋愛の段階では順調に進みます。

そして、結婚した後から、いろんな側面が見えてきて、予定通りの学びが始まるということです。

例えば、相手を変えようとしても、なかなか自分の思い通りにはならない。そこで「許す」ことを学んだり、その中でどうやったら幸せになれるかという修行が始まるんですね

これは職場の人間関係にも同じことがいえます。上司や部下との出会いは必然。ただし、その関係性をどう構築するかは自分次第。

つまり、「宿命」を変えることはできないけど、「運命」を変えることはできるということ

なので、なぜこの家族の下で生まれたのか、なぜこの職場に勤めることになったのか、なぜこの人と結婚したのか、そこに疑問を持つよりも、まずは今の環境でどう幸せになるか、そこが先ですね。