白光の誓いって何ですか?【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は、斎藤一人さんの「白光の誓い」を一番弟子の柴村恵美子社長が音読したものです。

白光の誓いとは、

ーーーーーーーーーーーーー
自分を愛して他人を愛します

優しさと笑顔を絶やさず

人の悪口は決して言いません

長所を褒めるように努めます
ーーーーーーーーーーーーー

この白光の誓いの意味は、「愛と光と忍耐」を示している言葉です。

愛とは「優しさ」、光とは「上機嫌(笑顔)」、忍耐とは「愛と光を続ける」という意味。

ちなみに、人があの世に戻った時に神様から聞かれることは、たったの2つだけと言われています。

1つ目:あなたはこの人生を楽しみましたか?
2つ目:あなたは人に親切にしましたか?

ひとりさんのおっしゃる通り、神様が魂の成長のために、必然的に地球を作り人間を作ったのであれば、人が幸せになる方法は「愛と光と忍耐」で生きることです。

私はこの話を信じているので、「私は愛と光と忍耐です」という言葉を1日100回言うようにしています。

たまに継続が止まることもありますが、無理なく楽しく実践することがひとりさん流です。

また、白光の誓いに関しては、必ず毎朝10回ずつ唱えています。

特に毎日何回という決まりがあるわけでないので、これもやりたい人だけが楽しくやるのが一番。

他にも、天国言葉や単語法など、ひとりさんがおススメする言霊はいろいろあるので、私はその日の心身の状態に応じて、選択して、無理のない回数を言うようにしています。

例えば、「朝の祈り」というのも毎朝10回唱えているのですが、これは人の幸せを祈る言霊です。

ーーーーーーーーーーーーー
私と私に関わる全てが

豊かで、健康で、美しくなります。

なんとかなる

なんとかなる

なんとかなる
ーーーーーーーーーーーーー

これと似た言霊で、「この人に全ての良きことが雪崩のごとく起きます」というものがあります。

これも、どれを選択するのは自由なので、言える時に言うようにしましょう。

千手観音でも何でも「千」という数字には特別な意味があり、一日10回ずつでもいいので続けて、計1,000回口にすると、少しずつ起こる現象が変わってくるという教えがあります。

何度もいいますが、本当にこういうのが好きな方、信じたい方だけが実践したらいいと思います。

ひとりさんやお弟子さんは、「はじめに言葉ありき」の考え方で成功された方々ですから、私はその教えは素晴らしいものだと感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*