あなたが人を許せない本当の理由とは・・【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「不倫の典型」というお話。

ひとりさんいわく、愛には2種類の考え方があって、自分の幸せだけを考える愛と、相手の幸せを考える愛の2パターンに分けられるとのこと。

まず、自分のことだけを考えるのは「自我(エゴ)」です。これは例えば、付き合っている彼氏に奥さんがいてトラブルになるとか、不倫相手がなかなか離婚してくれないとか、そういったことは全部自分のことですよね。

そもそも、自分の判断でその人を彼氏に選んだわけですし、不倫相手が別れるかどうかも、向こうが夫婦で話し合って決めることで、そこに被害者として口を出すのは自分中心の考え方です。

本来であれば、もっと相手の都合を考えて、客観的に現実を見る必要があります。

また、本当に愛情がある人であれば、「相手が幸せになってくれればそれでいい」という見方ができます

だから、「無理に離婚しなくてもいいよ」とか「奥さんがいるならもう会わない方がいいね」とか、そういった形で相手が困るようなことは言わないんですね。

それを「私の愛は奥さんよりも強い!」といって、トラブルに発展しようがとにかく戦って、彼氏を自分のものにしよう!というのは、愛ではありません。

あなたが愛しているのは自分自身で、それを愛と勘違いしているのは自我(エゴ)。

ひとりさんは、「正しい答えを出した時は苦しくも辛くもなく、さわやかな気持ちになるよ♪」とおっしゃっています。

中には、「お互いの幸せを思って付き合ってきたけど、ケンカが絶えなくて別れてしまった」というケースもあります。そういう時は「縁」がなかったとシンプルに割り切ること。

縁がある人の場合、すれ違いや問題があっても結婚しますし、結婚してから毎日ケンカをしていても別れない夫婦もいます。

また、「運命の人と出会うことができれば幸せになれますか?」という人もいますが、運命の人でも嫌になることはあります。

この世の中には「運命の糸」という言葉がありますが、ワイヤーではなく「糸」である理由は「切れやすいから」なんだそうです。

では、なぜ運命の糸は切れてしまうのか。その一番の要因は「相手を許せない」という感情です

つまり、お互いに糸を引っ張り合うと糸は切れてしまうので、それを緩め合うためには、お互いに相手のことを思いやって「許し合う」必要があるということ。これは、斎藤一人さんらしい素晴らしい回答ですよね。

あなたも、最近、何をやってもうまくいかないな!と感じる時は、今の自分の考え方や行動が、「自我(エゴ)」なのか、それとも相手のためを思った「愛」なのか、その見極めを大切にしてみてください。

子供の一番の望みは親が幸せに生きる姿♪【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「障害者」に関するお話。

世の中には障害を持って生まれてくる人もいます。

その時に、どのようにその現実を受け止めていいのか、わからなくなることもありますよね。

ただ、神的な視点でいうと、人間は何度も何度も生まれ変わるので、その中で現世では、障害を持って生まれることで、学ばなければならないことがある!という解釈をする必要があるのです。

だから、決して不幸な人という見方をしてはいけません。むしろ、魂の段階としてはだいぶ進んでいる人なので、そういったハンデを乗り越える力を持って生まれてきています。

また、そういう障害のある子どもをちゃんと育てることができる親のところに、生まれるようになっているので、心配しなくても大丈夫。

日々の子育てをしながら、あなた自身も子供から学べること、人生の大切な気付きがたくさんあるはずです。そういったものを一つ一つ大切にするようにしましょう。

他にも、ひとりさんに寄せられた相談の中で、自閉症の子供が人の嫌がることをして困っているというものがありました。親としてはこの子を何とかしたい!と思いますよね。

ひとりさんいわく、親が子供にいい影響を与えたい時は、子供を何とかしよう!と思うのではなく、まずは、「親自身が幸せに生きている姿を見せる」ことが先決!とおっしゃっています。

例えば、何か習い事を始めたり、趣味に目を向けたり、そうやって楽しそうにしてニコニコした姿を見せるということ。

ただ、この話を聞いても、「現実的にそんな余裕はないし、時間も暇もない!」と、すぐには受け入れられない方も多いと思います。

しかし、厳しいことをいうと、子供はそのお母さんのことが好きではないんです。好きじゃないから嫌がることをやるんです。

その理由は、家事でも何でも苦しそうにやっているのが、子供に伝わっているからなんですね

これは職場でも同じで、一生懸命仕事はしているんだけど、どこか苦しそうで、つまらなそうで、無理をしている人がいたら、あなたはどう感じるでしょうか。あまり好意的には思わないはずです

だから、「子供を何とかしたい!」という親はたくさんいますが、子供を何とかする前に、あなた自身が、一日の中で楽しい時間帯を増やしていかなければ、なかなか問題は解決はできません。

もちろん、子供がかわいいからこそ、これまで全力で子育てをし、時に厳しく注意もしてきたことでしょう。

でも、その結果として、日々状況が悪い方向に進んでいる!と感じているのであれば、そろそろ考え方を改良する時期にさしかかっているのかもしれません。

縁があって出会う人は自分を映す鏡である【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「人との縁」に関するお話。

この世の中は、自分が出したものが自分に返ってきます。

人と接する時に憎しみの心があると、その波動はなぜか相手に伝わり、いずれ自分自身も人から憎まれるようになる。

逆に、人に会ったらいつも笑顔で、優しさの心を持っていると、相手はその優しさを感じ取り喜んでもらえますし、必ず、自分も人から笑顔で接してもらえるようになります

だから、「自分はいつもいい縁に恵まれない」と感じるのであれば、もしかしたら、普段から人間関係が面倒と思っていたり、形だけの付き合いしかしていないのかもしれません。

また、中には「ようやく素敵な人との出会いがあった!」と喜んだのもつかの間、「自分を守ってくれてありがとう!」と、受け身の姿勢でいるうちに、相手の気持ちがどんどん離れていくことがあります。

なぜ、このような現象が起きるかというと、この世は『バランスの法則』といって、一方的に守ってもらうだけでは、目には見えずとも、徐々にバランスが崩れてしまうからです

つまり、「いつも私のことを守ってくれてありがとう」で終わらず、「私もあなたのことを守るからね」という意識がなければ、必ずといっていいほど長続きしないんですね。

これは恋愛や結婚生活に限った話ではなく、何事も片方にだけいい話というのは存在しません。

斎藤一人さんの場合、神社に行く時は「感謝の気持ち」を伝え、講演では「人に役立つ話」を全力でしています。

でも、ほとんどの人は、神社に行けば「願い事」をし、「人から役に立つ話を聞きたい」と思うのではないでしょうか

もちろん、それがいけないと言うわけではありませんが、バランスの法則を考えた時に、あなたは毎日の生活の中で、「人に何かを与える」という奉仕の気持ちを持つ時間帯が、どのくらいあるでしょうか?

もっと給料が欲しい、もっと貯金が欲しい、もっとあの人にこう動いてもらいたい、もっと美味しいものを食べたい、もっと引き締まった体になりたい。。。これらは全て「得る」ことですよね。

確かに、得たい気持ちが先行してしまう気持ちもわかりますが、「得る前に与える」ことを考えなければ、理想を現実にすることは難しくなります

このバランスの話は、宇宙の法則の一つになりますが、信じる信じないは個人の自由。

ただ、世の中を見渡し、物事がうまくいっている人を見ればわかるように、「何かを得てやろう!」という人よりも「何かを与えてあげたい!」という人の方が、なぜかうまくいっているのは間違いありません。